モチーフでバッグをつくる

初バッグに挑戦。

モチーフで帽子スカーフをつくったあと、糸が半端に残っているので、同じモチーフで小さいバッグをつくることにする。

また花びらを玉編みでするモチーフをひたすらつくる。
帽子の時に使った、7センチ角のものをつくる。

今回は色の配分の仕方を二通りにする。
すなわち、花がカーキ色で背景が黒のものと、花が黒で背景がカーキ色のもの。

それぞれを6枚づつ、12枚つくる。
12枚つくったのは特にデザイン的な意図がある訳ではなくて、12枚つくったら、ちょうどだいたい黒の糸が終わりになったから。

a0161826_6513327.jpg12枚をはいで、バッグの本体になる長方形をつくる。
底をはぐ際には細編みと引き抜き編みでする。
さらに、サイドとトップを同様に細編みと引き抜き編みで縁編みする。













a0161826_652122.jpg長方形がどうも冴えない感じがするので、サイドを折って、バッグの口をつぼめてみる。
適当にやったので、左右がびっこになってしまったが、もうこの時点では大層疲れているので、やり直しもしなかった。













a0161826_6523742.jpgバッグの内側に入れる袋をつくる。

Le Bon Marche では素敵なハギレが沢山売っている。
興奮していろいろ買ってしまった。。。
今回使ったのは一番左のモスグリーンのもの。












a0161826_6531356.jpg両面表になるように、布を二重にして四角い袋をつくる。

ミシンは持っていないので、手縫い。
裁縫道具は、以前とれてしまったボタンをつける際にスーパーで買った小さな簡易のセットしか現在持っていない。そこに入っていた針と貧相な緑色の糸を使う。

面倒なので、裏地だということで、ざっくざっくと、あたかも仮縫いをするように縫う。






とはいえ、編み物だけでなく、裁縫の天才でもある母に子供の頃言われた、縫い代を折って、そこにアイロンをかけながら縫う、という教えにはきちんと従った。
そうすると、縫い代の線ができて、印をつけたり、マチ針を沢山しなくても、両面を合わせてまっすぐに縫えるのです。
いくつになっても、お母さんの言うことはよく聞きましょうね。

この袋をバッグ本体の中に入れて、適当に数箇所とめる。

バッグの持ちひもは編もうと思っていたのだが、これも面倒なので、Le Bon Marche でひもを買ってくる。
光沢のあるモスグリーンのひも。

これを鎖編みにしてつける。

口のところに、ボタンとボタンループをつけようと企画していたのだが、これも面倒なので、これで終わり。

大した作品ではないが、帽子に合うということで、無いよりは、あった方がいい、くらいのものか。
a0161826_17134242.jpg

[PR]