ゴージャスよだれかけ その二

ゴージャスよだれかけの第二弾。

今回は、ボンネットに合わせて本体をメリヤス編みで編む。

a0161826_3562158.jpg「一般的な作り目」で26目つくり、12センチ四方の四辺をメリヤス編みでつくる。

棒針は3.5ミリを使用。

最後は伏せ目をして終わり。












a0161826_3573199.jpgかぎ針3.5ミリに持ち替える。

ここで突然ブレードの登場。
以前帽子のリボンに利用したものと同じものである。

まず鎖編みを60目する。そのまま、四辺の上辺を細編みで拾いながら続ける。
上辺を拾ったあと、さらにもう一方の側も鎖編みで続ける。
この時、次に続く段の模様編みが6目一模様なので、鎖編み目と細編み目が合わせて6の倍数になるようにするとよい。
私の場合、拾い目の細編みが27目だったので、続く鎖編みを63目して、全部が150目になるようにした。

引き返して、以前のブレードと同じ模様を編む。
すなわち、長編み+鎖編み4本を同じ目に入れていくもの。
これでブレードのひもと、上辺の飾りができる。



a0161826_3582357.jpg残りの辺に模様をつける。

残りの辺の目を細編みで拾う。
ひっくり返して、上記ブレードと同じ、長編み+鎖編み4本を同じ目に入れていく模様をしていく。
その次の段は、ボンネットの模様の最後の段と同じように、鎖編み三目と細編み一目を前段の長編みと長編みの間に入れていく。








できた。
a0161826_3585317.jpg

[PR]