あいまいなブルーの花ネックレスとブレスレット

今週は行事が多い。
月曜日はFête de la musiqueだったが、今日土曜日は、パリのGay Pride
フランス語ではla Marche des Fiertés。 ゲイの人々とそのサポーターの方々がモンパルナスからバスティーユまでパレードをする。
これも毎年恒例行事で、私が必ず見に行くもの。
人出がものすごいのであるが、皆奇妙な格好をして踊って、とても楽しいパリの夏の夕方である。

様々なグループがだしを出す。例えば、各種政党のだし(フランス共産党とか、フランス社会党とか、今回は米国民主党のだしもあった)、各種国籍、民族系だし(ブラジル人グループ、アジア太平洋系グループ、アフリカ系カリブ海グループ、等)。
この中で、私が毎回特に関心をもっているのが、公共サービスに従事する人たちのグループのだし。
パリ市役所の職員のだし、消防団員のだし、電話会社のだし、SNCF(フランスのJR)のだし、等。

a0161826_5554482.jpg今回特によかったのは、パリ市警察官のだし。
水色の制服を着て、プラスティックの水鉄砲を皆で持ち、観客に水をあてていた。
だしの後ろには、泡が出る機械があって、そこから泡が沢山出てくる。










a0161826_5481856.jpgこれはパリ市バスの職員のだし。
市バスをかざりたてている。














さて、パレード観覧のあとは、夜8時半から米国ーガーナ戦である。
ワールドカップだし、行事は多いし、忙しいのであるが、修行をおこたる訳にはいかない。
今日は時間がないであろうということを見越して、昨夜、あいまいなブルーの組み合わせで、花三連のネックレスと、おそろいのブレスレットをつくる。

a0161826_5484824.jpgKatia Linen のツイード調ブルーと、Mille Fili の濃いブルーグレー。
Katia Linen を花びらにすると、大きくしっかり開くので、これを花びらに使用。

ビーズは多面カットのブルー系のもの。










a0161826_5491451.jpgうしろには、ビーズなしで花を両端につける。













この糸の組み合わせは、いいですね。
色がシックであいまいなので、応用が効くし、花がしっかりと仕上がる。
a0161826_5494649.jpg


おそろいのブレスレット。
a0161826_550294.jpg



Creative Commons License
Three flowers/ 花三連 by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 3.0 Unported License.
[PR]