新デザイン! 波のネックレス

シャネル風ブレスレットをさらに探求しようと、さらなる格子模様を求めて一日中実験をしていたのだが、試行錯誤しているうちに、全く違うが、魅力あるものにたどりつく。

題して、「Wave / 波」ネックレス。

インスピレーションは米国のアーティストから得た。

以前フランスアマゾンから手に入れた米国の編み物教則本Knitting New Scarves: 27 Distinctly Modern DesignsのLynn Barr さんの作品。
この方の作品数々には大変感銘を受けたのだが、以来、こういった立体的で動きのある波のようなデザインのものをつくってみたいといつも思っていた。

しかし、この本の作品は全て棒針編み。
かぎ針編みで波のようなものを編むにはどうしたらいいのであろう。

インターネット上をいろいろと探しているうちに目をひかれたのが、MYpicot という無料編み図サイトに出ていたこのパターン
波風のうねりと多色使いがきれい。

この編み図を参考にし、これよりももっと立体感と動きのあるものをつくるべく、試みを重ねる。

その結果できたものがこれ。

a0161826_23194655.jpg波のように編んだ紐に、同系色の糸で鎖編みした紐を三本からめてある。

波の紐に使った糸は、Mille Fili の紺色。
鎖編みの紐に使ったのは、同じくMille Fili の紺色が一本、ラヴェンダー色が一本、そしてピエロのラミー100の水色が一本。









a0161826_23201132.jpg波の紐には、多面カットのブルー系のビーズをいくつか編みこんである。

後ろにはいつものように両端に陶製の紺色のビーズを一つづつ入れる。












シンプルなのにゴージャスなかんじが素敵。
秘訣は三本の鎖編みの紐をゆったりとからめること。
そうすると、つけたときにまさに波のようなゆったりとした動きのある雰囲気がでる。

a0161826_23203722.jpg


a0161826_347628.jpgさて、今回は波の紐の編み方が多少複雑なので、自分で覚えておくために、編み図を記録しておくことにする。
編み図を描くのは、生まれてはじめて。
生来大変不器用で、絵がものすごおおおく下手。
日本の小学校では図工と家庭科がいつも5段階評価で3だった。ハハハ。
という訳で、この手描きの編み図も、ものすごおおおくへたくそ。
鎖目の楕円さえいびつである。

誰か、編み図を描くパソコンソフトを開発して下さい。簡単にできると思います。どうぞよろしくお願いします。

Creative Commons License
Wave / 波 by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]