モンパルナスの Marché de la Création

a0161826_0472373.jpgMarché de la Création を訪れる。
毎週日曜日午前10時から夕方7時まで、モンパルナスタワーのふもとの並木道 boulevard Edgar Quinet で催される、手工芸アート(Arts and Crafts) のマルシェ。14区である。
インディペンデントのアーティストたちが店を出している。
絵が多いが、アクセサリーアーティストの方々も数人いる。






歩いて15分もしない近所なのであるが、あまり行かないことにしている。
行くと、何か買ってしまうからである。
アーティストの方々がつくるものというのは、オリジナルで大変面白いので、衝動買いをしてしまいがち。
今日も、見るだけだぞ、何も買わないぞ、と自分に言い聞かせながら行く。

a0161826_0475484.jpgでも、やはり買ってしまった。。。
こういうネックレス。
ちょうどアーティストの方が、黒いトルソの首につけているところを通りがかり、その黒地の上に微妙に輝く銅色にすいつけられてしまった。
花と玉はmodelling clay という種類の粘土(クレイ)でつくられた焼き物。
紐は、皮をエナメルでくるんであるそう。







a0161826_0482342.jpgアーティストの方は銀髪のきれいな女性で、Martine Texier というお名前らしいが、店もウェブサイトもないということである。












さて、マルシェに展示されている様々な作品の写真をとって、是非紹介したいところなのであるが、写真は皆「駄目!」。
最近は、アートだけでなく、ファッション関係のお店、特にインディペンデント系のデザイナーさんのお店では皆、写真撮影禁止である。アイデアが盗られるのが困るそうで、すぐ似たようなデザインのものが超安価に中国で大量生産され、商売あがったりだそうである。

写真は残念ながらないが、出展していたアクセサリーアーティストの方々幾人かのウェブサイトを紹介する。作品がいくつか見られます。

a0161826_0485734.jpgChristiane Boulay という方のRococo Branchouilleというブランド。
シャネルのオートクチュールのショーに多用されていたブレスレットというか腕飾りに似たかんじのものが、細いワイヤーを編んでつくられていた。 とても気に入ったのだが、ワイヤーが金属製なので、金属アレルギーの私はあきらめる。
http://www.rococobranchouille.com/ 





a0161826_0492672.jpgAline Devos という方のDeco Vitroというブランド。この方は、ステンドグラスのアーティストで、ステンドグラスを使ったペンダントをいろいろと作っている。
モンマルトルにブティックがあるらしい。
http://www.decovitro.com/deco_vitro/accueil.html 








a0161826_0495590.jpgAnia という帽子のアーティスト。
http://www.aniacreation.com/chapeaux-casquettes-berets.php












写真は皆「駄目!」なのに、「撮って、撮って、僕の写真撮って!」とさかんに声をかけてくる画家さんがいた。。。

a0161826_14110.jpg

[PR]
by iknit | 2010-08-02 00:51 | お店