できた!おフランス流花モチーフのスカーフ(ラリエットかな?)

初のおフランスもの、La droguerie のレシピ本からつくってみた花モチーフのスカーフができた。
スカーフというより、ラリエットのようになった。で薦められているウールの並太の糸と違って、細めのリネン系の糸を使用したので、花が小さめになったからであろう。
a0161826_20364197.jpg


同じ花ばかり沢山編むのが、最後はちょっと飽きてきたが、色が変わるということで少しばかり目先が変わり、どうにか終らせることができる。

では5色使いだが、私は4色。これは単に、リネン系の、太さの違いもさほど大きくないものを5色も持っていなかったから、というだけである。Flax K に渋茶色などあったら最適だったのであるが。。。

a0161826_20372351.jpg最後は両端に糸束を下げる。

この糸束の作り方は本には出ていなかったが、以下のようにしてみた。












a0161826_20375365.jpg

糸を適当な長さの薄い本に5回か6回巻きつける。
見ていたLa droguerieのレシピ本がちょうどよさそうだったので、それを使用。









a0161826_20381946.jpg

巻いた糸をそのまま本からはずす。
糸束の端の輪を、花びらの表から裏へ引き入れる。










a0161826_20385388.jpg

花びらに通した糸束の輪に、残りの糸束を引き入れる。











a0161826_20392792.jpg

糸の輪を切る。












a0161826_20395314.jpg

切った糸を切りそろえ、終わり。













花がそのまま連なっているだけなのであるが、着けた時に、レイのような平凡な仕上がりにならないところが、La droguerieデザイン様々である。
花が二重になったところが、ちょうど首もとの片側に落ちて、襟のようになるところがとても素敵。
a0161826_2040273.jpg

[PR]