丸モチーフのブレスレット、作り方

La Ciotat の話はもういいとして、修行に戻る。
今回は、La Ciotatに行く道すがら、TGVの車内で開発した丸モチーフのブレスレットの詳細について。

a0161826_63124.jpgネックレスの時 と同様に、丸モチーフ大、中、小をビーズを入れながらつなげていく。
今回は、大サイズ一枚、中サイズ二枚、小サイズ二枚。
全ての丸の中心に使う色の糸に、全部で21粒のビーズを入れることになる。









a0161826_633051.jpg大、中、小の丸モチーフの編み図は左の通り。
相変わらずヘタクソでごめんなさい。












a0161826_632549.jpgこれに、ネックレスでフリンジとして利用したものを、紐として今回は利用する。
その際に、長さを調節することを目的とした大きいビーズを入れることになる。
そのために、ネックレスの場合と異なる編み方をする。
すなわち、下から編んで行き、最後にモチーフに編みつけるのである。

まず、鎖目を4目する。






a0161826_634357.jpg上の写真の矢印の鎖目に長編み三目の変わり玉編みを入れる。














a0161826_6343351.jpg続いて鎖目を三目し、玉編みを入れたのと同じ鎖目に引き抜き編みをする。













a0161826_635893.jpg続いて鎖目を適当に、15、6目編む。














a0161826_6354623.jpgこれを二本編み、二本両方を一緒に上からビーズに通す。














a0161826_6361132.jpg二本の紐をそれぞれ、小モチーフに編みつける。













できあがり。
a0161826_6364774.jpg

TGVの車内では、向かいに5歳くらいの女の子が座っていて、相変わらずピンクの服装をしていたのだが、黄色のヴァージョンを開発している間彼女が興味津々で見ていた。しかし、できあがりにはあまり感動を見せてくれなかった。一方でそれまで寝ていたお父さんの方ができあがりを腕に回したその瞬間に、深いため息をついて「なんてきれいなんだ」と感嘆して下さった。
こちらとしては、お父さんの感想にはあまり興味はなく、やはり、他の女性が褒めてくれないと、ちょっと気になる。
ピンクだったら女の子も感動してくれたかな。

紺色とこげ茶のヴァージョンもつくってみた。
a0161826_6372854.jpg

Creative Commons License
Round motif bracelet/ 丸モチーフブレスレット by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]