模様を発見する

今週末は、ハイデルブルグのもうすぐ一歳9ヶ月になる甥に会いに行くので、帽子を編むことにする。
手編みの帽子はちくちくすると泣くので、なるべく柔らかい糸を使うべく、Le Bon Marche のセールで最近購入したローワンKid Classic の赤を使う。

しかし何をしたって泣くのであろうから、デザインはあまり深く考えない。
数日前、久しぶりに輪針を出したので、輪針で編むことにし、適当に二目ゴム編みからはじめる。
そのあと、昨日報告した2011年春パリFashion Week セリーヌのコレクションで見た手織りのトップのデザインを思い出し、実験的に糸と編み目を変えてみることにする。

a0161826_20501490.jpgそうしたら、なんだか模様を発見する。
青の糸で表目二段、赤の糸で裏目一段、青の糸で表目二段、としたら、こういう、赤と青のぷくぷくした点線のようなものが入った。

小さい男の子には、なかなかかわいいかも。








a0161826_8161130.jpg青の糸は、これまたローワンのLima シリーズの紺色。
もう糸は買わない、と決意したのだが、Lima の糸があまりに編みやすいし、ソフトな肌触りなので、またLe Bon Marche に行って買ってしまった。。。











a0161826_8193027.jpgさらにベビーブルーも買ってしまった。。。
[PR]