ドイツで手に入れたビーズ

ハイデルブルグでは穴の大きいビーズを手に入れる。
フランスのビーズは綺麗だが、いかんせん、穴が小さく、毛糸や編んだ糸が通らない。
フランスと違って、編み物が普遍的なドイツでは、ビーズが毛糸編み用に大きくつくってある。

アート材料品店Deine Idee (Märzgasse 12
69117 Heidelberg)
で買ったのは、それぞれ一ケース1.95ユーロのビーズ。全てRayher というメーカーのもの。

a0161826_4182151.jpgこれは透明のプラスチックの中に金箔が入っている。
papillon という印がついていて、フランス語であるが、「蝶」の意味。
丸いビーズが二つくっついたような形をしている。










a0161826_41935.jpgブルーとピンクの普通の小さい筒型のもの。
これもプラスチック。
小さいけれど、穴は大きい。











a0161826_419239.jpg少し変わったところで、マットなmauve 色。
これも穴が大きい。












a0161826_4194617.jpgすぐ側の、商店街表通りの毛糸店Wolle Rödel(Hauptstraße 99, Heidelberg)では、これまたケース入りの安価ビーズを手に入れる。一ケースたった1.29ユーロ。
Rico Design というメーカーのもの。
透明なJade 色というか、青緑のプラスチックのものと、マットなメタル風な金色のもの。
[PR]
by iknit | 2010-10-18 04:21 | お店