クリスマスの靴下、できた!

a0161826_675684.jpg昨日から編み始めたクリスマス用の巨大靴下の本体ができあがる。
足首に入ってからは、単にまっすぐ丸く編んで行くだけ。
それまで靴下を編むことだけに集中していたが、突然飾りをつけだす。

まず、名前を入れ、さらにモヘアの糸でフリフリをつける。
ビーズも各所に入れながら。
最後に靴下がぶらさげられるように、紐をつける。












a0161826_69123.jpg名前に使っている糸は、これ。
Debbie Bliss というイギリスのデザイナーの毛糸ブランドで、Donegal Luxury Tweed Aran という長い名前のシリーズ。85% ウール, 15% アンゴラで、アイルランド製。

モヘアの糸は、以前、この日の不器用者ブログで紹介したAnny Blatt のもの。シルク入りのゴージャス糸である。






a0161826_693286.jpg名前は、Bullion stitch (コイル編み)を利用してみた。
Bullion stitch の編み方動画は、この日の不器用者ブログをご覧下さい。

長い線のところは30回も糸を巻いてある。










a0161826_6121315.jpgBullion stitch は面倒なので、もう一方の側面は、鎖編みと細編みでやってみる。
単なるフォントの違いで、好き好きであろうが、Bullion stitch の方がモコモコでかわいいし、圧倒的に迫力がある、というのが私の感想。









飾りをいろいろとつけたら、クリスマスらしい仕上がりになった。
赤の糸(ピノソフトメリノ極太)が重く仕上がるのが難点だが、これなら少しはサンタクロースも注目してくれるかもしれない。。。

さらにサンタさんの関心をひこうと、明日はこれにヒイラギの葉のモチーフをつける予定。

a0161826_6123548.jpg

[PR]
by iknit | 2010-11-15 06:18 | 雑貨