クロシュ帽子におそろいのマフラー、それと縁模様の編み方

昨日編んだ真冬のクロシュ帽子におそろいのマフラーを編む。

a0161826_551166.jpg帽子と同じ4種の糸で、単に適当に長編みと細編みを横に長く編む。
長さは長くつくると時間がかかるので、70センチ。
鎖編みの作り目を130目した。
一巻きで、余裕を持って前で結べる長さ。

丈の縁はもこもこのファー風の糸。
左右の短い縁には、帽子の縁と同じ模様編み。





a0161826_5515446.jpg模様編みは。。。
まず、細編みを一段して、縁を整える。

帽子の縁の場合、細編み、あるいは長編みのブリムから続けるので、これは必要なし。









a0161826_5531442.jpgそこから、立ち上がりの鎖目を一目し、隣の目に細編み。
宙に鎖編みを三目。
前段の細編み目を三目とばして、4つ目の細編みの頭に細編みを一目。
宙に鎖編みを一目。
前段の細編み目を一目とばして、二つ目の細編みの頭に細編みを一目。
宙に鎖編みを三目。
前段の細編み目をとばして、4つめの細編みの頭に細編みを一目。

上記を繰り返す。


a0161826_5533734.jpg一段目が終ったら、
平編みの場合はひっくり返して、
輪に編んでいる場合はそのまま、
次の段にうつる。

立ち上がりの鎖目を一目、
前段の宙に浮いている鎖目三目を束に拾って、長編みを5目入れる。
続けて、前段の宙に浮いている鎖目一目を束に拾って、細編みを一目する。
続けて前段の宙に浮いている鎖目三目を束に拾って、長編みを5目入れる。

上記を続ける。
段の終わりまできたら、終わり。


a0161826_554293.jpg平編みの場合の編み図はこんなかんじ。

















帽子とマフラー、一緒の図。
a0161826_5545750.jpg

[PR]