双葉のモチーフと編み図

師走というのは、師でもないただの不器用者でも忙しくなるのが、不思議。
皆、休みの前に仕事を閉めようとするからであろうか、職場でもなんだかんだと締め切りに追い立てられ、残業の日々。
という訳で、修行をする時間がなかなかとれないし、だいたい家に帰るとぐったり。
そんな日が続いた今週、金曜日の今夜は、もう、本当にぐったり。テレビを見る気にもなれない。

もう寝ようか、と思っていたのだが、頭の中はわさわさ、何だか落ち着かない。

ふと見ると、ここ数日編んでいた父の帽子に使った緑色の糸がころがっている。
そこで、ひょい針と糸を手にとって、葉っぱのモチーフを編みはじめる。
すると、なんと、すうーっと落ち着いて、安らかな気分になってきた。
こういう時に、簡単な小さいものを編んでみると、気持ちが切り替わって、癒されるのかあ、と大発見。

編んだ葉っぱはこういうもの。
双葉みたいになった。
二枚の葉の間にブルーのビーズも入れてみた。しずくがちょっと乗っているかんじ。
a0161826_8164229.jpg


ついでに一枚の葉の編み図も描いてみた。
この「おわり」の目から、そのまま続けて鎖編みをして、もう一枚同様に葉を編めば、双葉になる。
a0161826_817836.jpg

[PR]