Le Bon Marché で毛糸セール中!で買ってしまった茶系毛糸三種

大きな手芸店のある近所のデパートLe Bon Marché (24, rue de Sévres 75007 Paris)では、今日水曜日から4日間、土曜日まで、セールをやっている。
セール期間中は、毎日夜9時まで開いている。
毎回書いているが、手芸店に行くには、rue de Sèvres とrue du Bac の角の入り口から入り、入ってすぐ目の前にあるエスカレーターで最上階まで上るように。
店内中央のエスカレーターに乗ると、手芸店には着かない。

セールと聞いて、すわ仕事のあと行ってみる。
毛糸はあまり大々的なセールをやってはいないが、それでも各メーカーとも30%引きのセールワゴンを出している。
フランスのデザイナー毛糸ブランドのAnny Blattが特に沢山出している。

日本で毛糸を山のように買ったばかりであるが、しかし、セールワゴンに並ぶ毛糸を見ていると、色や質感が日本のものとは全く違うので、つい買ってしまう。。。
今回は茶系ばかり3種。
それも全部Anny Blatt

a0161826_5475043.jpgまず、アンゴラ。アンゴラを買ったのははじめて。
毛足が長くて、フワフワなんですね。。。
Royal Angor というシリーズで、アンゴラ100%、フランス製。
一玉25グラムで、通常11ユーロのところが7.50ユーロ。









a0161826_5481527.jpgSublime というシリーズ。30%シルク、70%ウール。柔らかくて軽い。フランス製。
これのTerre(土、地面)という色で、茶色。
一玉50グラムで、通常7.50ユーロのところが、5ユーロ。










a0161826_5483326.jpg同じくSublimeシリーズで、若干緑とグレーがかかった茶色。Marmotte という名前がついているが、Marmotteというのは、りすとモグラのあいのこみたいな、米国ではWoodchuck と呼ばれる小さい動物のこと。写真はウィキペディアのMarmotte のページをご覧下さい。

Anny Blattのサイトでも、セールをやっていて、このSublimeシリーズはなんと一玉4.20ユーロで売っている!があああん、と思うが、よく見るとこの茶色とMarmotte色は無いので、ほっと胸をなでおろす。



また糸を買ってしまった。。。
もう、糸だらけで、どうしよう。。。と考えているうちに突然思いついたのは、今度日本に行った時(今のところ次は4月の予定)にフランスやドイツで買ったけれども使わない糸を持って行って、日本の皆様に格安でお分けしたらどうだろう、というアイデア。
そのような場合、皆さん、お買いになると思われますか?
[PR]
by iknit | 2011-01-13 05:50 | お店