パリのニット小物、それから甥の玉編み模様帽子

久しぶりにパリの話。
パリではセールがはじまって、2週目。
以前も報告したように、パリのセールでは、時がたつにつれ、下げ幅が大きくなる。
例えば、第一週目は30%引き、第二週目は50%引き、第三週目は70%引き、という具合。

もともと私はパリでセールの買い物に行くのは好きではない。
どういう訳か、どこもあまり面白くないものばかりが突然山のようにでてくる。
セール用に別のストックがあるのでは、と憶測するくらい。

しかし、ひょんなことから、今日はセールを回るのが好きな友人のセールショッピングにつきあうことになった。
近所のサンジェルマン・デ・プレと、お気に入りのMontorgueil界隈に行ったが、思った通り、何もセール品を買わなかった。。。

とは言え、冬のセールとあって、ニットものが多く、いろいろと勉強になる。

a0161826_820152.jpgこれはサンジェルマン・デ・プレにあるアクセサリー小物デザイナーNadine Delepine のお店でみかけたネックレス。
紐の部分は、おそらくリリアンではないかと思うが、専門家の方々の見識はどうでしょう。
リリアンで編んだのではないかと思われる紐の先に花をつけ、それを幾重にも重ねている。













a0161826_8204222.jpgさらに、細い糸で編んだとても小さい花モチーフをつなげたショール。
その仕事量を考えると、見ているだけで気が遠くなる。

















a0161826_821423.jpgお店はの住所は
14 rue Princesse
75006 Paris
最寄の地下鉄駅は、10番線のMabillon。

ネット販売もしているので、ご興味のあるお方はお店のサイトをご覧下さい。






a0161826_8212655.jpgこれはMontorgueil界隈にあるヴィンテージ古着屋さんKiliwatch (64 rue tiquetonne 75002 Paris)でみかけた帽子。
なんというか、ソフトクリームみたいというか、変わったデザインなので、写真をとってみた。

この店はいつも混んでいて、さらにoverpriced。でも、古着が大好きな私としては、時がたつのを忘れる楽しいところ。
今日はあちこちのセール行ったにもかかわらずセール品は何一つ買わなかったが、ここで古着のトップを買ってしまいましたよ。。。とほほ。

古着にご興味が無い方でも、ここはお客さんたちが皆すごくおしゃれなので、そこにいる人々を見ているだけでもおもしろい。

さてはて、修行の方はどうなっているかというと。。。

a0161826_822714.jpgまたまた甥の帽子。
保育園に「叱られて」編んだ帽子を、なんとなんと失くしてしまったということ。。。
気合い入れて編んだのにい。
仕方ないので、また一つ編む。

今回は、二目ゴム編みで裾の部分を編んで、そこからかぎ針で目を拾って、上に向かって編んでみた。






a0161826_8224426.jpg模様は玉編みの模様。
またまた「かぎ針編みパターンブック300」(日本ヴォーグ社)から、263番の模様を参考にし、それを糸三種類使って、若干変更しながら編んでみた。
編み図は、明日、気力があったらやります。。。

何度も書いているが、この本はグーグルブックスで、部分的に編み図が無料で見られる。グーグルブックスに行って、検索部分の四角に本のタイトルを入れてください。



使った糸は、先日Le Bon Marche のセールで買ったAnny Blatt のシルク混糸のSublime Terreとアンゴラ100%の糸
それからRowan のLimaシリーズから、色番880。

最後に巨大なポンポンをつけてみた。
アンゴラ100%の糸を使っているので、うさぎの尻尾をイメージしたつもり。

a0161826_82379.jpg

[PR]