さやえんどう編み方、編み図つき

目玉焼きのつけあわせに編んださやえんどう
今日は編み方を記録。

a0161826_20455964.jpgまず、さやを編む。
使用したのは2.5ミリのかぎ針。

鎖編み22目の作り目から、細編み、中長編み、長編み、長々編み、長長々編みをする。

最後に、鎖編みを5目から6目して、へたというか茎というかをつける。






a0161826_20463042.jpgさやの編み図はこんなかんじ。














a0161826_20522898.jpg次に糸を変え、豆をつける。
かぎ針も細いものに変える。

さやの編み図の「豆の糸をつける」という印のついたところから、はじめる。
そこから、さやの作り目の鎖目の向こう側一本を拾いながら、引き抜き編みを数目する。







a0161826_20534144.jpg次に、豆を編む。
引き抜き編みから鎖編みを宙に三目し、引き抜き編みをしたのと同じ目に長編みを一目する。











a0161826_2054535.jpg続けてさやの部分の適当なところで、緑色の糸を一本拾い、引き抜き編みをする。
これで、長編みの頭がさやに編みつく。













a0161826_20555111.jpg続けて、鎖編みを宙に二目して、元の目(長編みをいれた目)に引き抜き編みをする。
これで豆が一つできた。












a0161826_20564674.jpg続けてさやの作り目の鎖目を一本拾いながら、また引き抜き編み数目する。
続けて次の豆を編む。
次の豆は最初の豆より若干大きくするために、長編み二目の玉編みにする。











a0161826_21464252.jpg豆の編み図はこんなかんじ。














これをさやの作り目の最後まで続けていくと、さやえんどうのできあがり。
a0161826_21284286.jpg

[PR]
by iknit | 2011-02-12 21:16 | 雑貨