ハム、編み図つき、クロックマダムできた!

クロックマダム(croque madame)にはハムがつきもの。
という訳で、ハムに挑戦。

手持ちの糸にハムらしいものが無いので、まず近所のデパートLe Bon Marche に糸を買いにでかけることにする。
しかし、ハムの色というのは、一体どういうものであろうか。
途中、近所のスーパーに寄って、ハムの研究。
ハムって、こういうかんじ。
a0161826_3244642.jpg

だいたい三色から成っているようである。
薄いピンク
濃いピンク
白(脂肪の部分。。。)

iPhone で撮った写真を片手に、手芸店の広い店内をめぐる。
なかなかハムに適当なピンクがみつからない。
結局この2種のピンクのコットン糸を購入。

a0161826_3265111.jpgフランスの毛糸メーカーPhildarPhil Coton 3シリーズから、色番1のピンク。
コットン100%、マセドニア製。












a0161826_3271226.jpgフランスの毛糸メーカーPlassardTahiti シリーズから、色番369のピンク。
コットン100%で、「Made in EEC」と書いてある。ヨーロッパ製ということだが、こういう印は、毛糸でははじめて。











a0161826_3285149.jpg脂肪の白は、手持ちのKatia Linenを使うことにする。
リネン47%、コットン53%。
スペイン製。












ハム製作にとりかかる。
形は難しくないのであるが、色合いが非常に難しい。薄いピンクの部分と濃いピンクの部分がごにょごにょと混ざり合っている。
ハムらしくするにはどうしたらいいのだろう、と、写真を目の前に置いて、試行錯誤を繰り返す。

a0161826_3293183.jpgその結果できたのがこれ。形は楕円形。
色は、ピンク二種を二本どりにして持ち、二本を一緒に編んだり、一方をはずして、もう一方だけで目を編んだり、としていく。
途中、脂肪の白をちょっと入れたりしてみる。

Plassard の糸がちょっとピンクすぎる。
もっと適当な糸をいつかみつけるしかない。

楕円を編むのは、バッグの楕円形の底を編むようにすればよい。
例えば、ピエロさんのこのかごバッグ無料編み図をご参考下さい。

a0161826_5583363.jpg
この不器用者のハムの場合、まず鎖編みで作り目を14目し、その周りをぐるぐると細編みで編んである。
細編みだけでそれを8段目までしたあと、9段目と10段目は、上下を丸っこい形にするために、細編み、中長編み、中長編み、長編み、長編み。。。長編み、中長編み、中長編み、細編み。。。としてある。

編み図はこんなかんじ。
紙のスペースが足りなくて、途中はしょることになってしまった。申し訳ない。

a0161826_3354722.jpg両サイドの半円の部分は、そこだけアップにするとこんなかんじ。














a0161826_3314229.jpgさて、クロックマダムには、チーズもつきもの。
もう面倒なので、黄色い糸でただの四角を二枚編む。
糸は、毛糸Zakkaストアーズのわくわくコットン
鎖編みで作り目22目して、細編みで往復編みをしてあるだけ。







a0161826_3322220.jpgこれでクロックマダムの材料が全部そろった。
昨日できあがった田舎パンをとりだす。












a0161826_3325229.jpgパンにまずハムをのせ、その上にチーズ、その上に目玉焼き













これでクロックマダム(Croque Madame)のできあがり!
おいしそーーー。
a0161826_3332066.jpg

[PR]
by iknit | 2011-02-28 03:40 | 雑貨