わび・さび平ら真珠のネックレスその一

ラミーガーデンの糸を通すことに成功した極小穴の平らなビーズ
この、できそこないみたいだけど、わび・さびの魅力のある素材でネックレスをつくってみた。
a0161826_4555942.jpg


まず、シンプルなピコット付きレースっぽい紐を編む。
わび・さびビーズ三つと、極小金色ビーズをピコット部分ところどころに入れている。
a0161826_4562663.jpg

穴の部分に異素材の紐を通す。スエードもどきの紐。ボンマルシェで以前購入したもの。
今回、これで使い果たしたということが発覚したので、また買い足さないと。
濃いこげ茶と、マットで細いけど平らな表面が、様々な場面でデザイン的にとても有効。引き締まる感じがする。
a0161826_4564940.jpg


今回の新開発テクは、後ろの留めの方法。
これまでは、編み紐を紐と使っていたのであるが、今回は、ラミーガーデンのレース編み部分を紐と使わず「飾り」とし、スエードもどき紐のみを紐と使っている。レース部分の両端は、スエードもどき紐に縫い付けてある。動かないようにするため。
で、スエードもどき紐を後ろでリボン結びにして留める。
a0161826_457127.jpg

大した開発ではないですね。。。誰でも思いつくことですね。
でも、金属アレルギーの身の上、後ろに留め金を使わない方法をいろいろと考える必要があるので、こんな小さい発見でも、うれしいのです。

さて、どうかな、と着けてみたら、シンプルだけど、わび・さびビーズと極小金ビーズのコンビが実はなかなかいい。次回はもっと極小ビーズを入れるといいかな、と思う。
a0161826_4575154.jpg


着ているのは、ローマのトラステヴェレ界隈で見つけたアウトレット店で手に入れたワンピース。
なんと、シルク100%。試着してみたらAラインがすばらしいし、色の大胆な切り替えしが美しい。
うーむ、さすがイタリア、とうなる。
本当はこれと違う色の組み合わせが欲しかったのだが、サイズが無かった。アウトレット店の弱点。
お店は、先日アップしたトラステヴェレの町並み動画の出だし部分に出てくる。
a0161826_458441.jpg


レース部分の編み方は、超簡単。
鎖編みの作り目から、一段目細編み、二段目鎖編みで半円を作って行って、三段目細編みで半円をかがりながらピコットを足す。
そのうち編み図描いて説明する予定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]