パリオートクチュール2011年秋冬

サンマリノにいた間に、パリでは2011年秋冬のオートクチュールショーがはじまっていた、ということが、帰りの飛行機で読んでいた新聞により発覚。

アマチュアクラフターの身、ファッションショーの中では、オートクチュールが一番勉強になる。
何しろ、お仕立て、つまりハンドメイド。

で、どれどれ、早速どんなものだったのか見てみる。
ざっとしたまとめは、ニューヨークタイムズマガジンのここをご覧下さい。

やはりオートクチュールはディテールがすごい、とうなる。
ふんだんな異素材使いだが、ビーズとか、全部一つ一つ手で入れているらしい。
刺繍やレースも手でやっているらしい。
こつこつとした作業を重ねた結果が、こういう形に顕れるのである。
その作業の積み重ねの迫力が、圧倒的にプレタポルテと違う。
繊細な立体性と動きが感じられる。

シャネルは、次から次へ、ディエールの多様性と量に感嘆。ビーズ、ボタン、スティッチ等々。
この大量のビーズ入れた人たちがいるのですよね。すごいわあ。
パート1はここ
パート2はここ

個人的に気に入ったのは、ヴァレンティノ
微妙で繊細な素材使いが、流れるようなラインをつくっている。
モデルさんたちが皆つけているティアラが、これまた気に入った。
インタヴューによると、20世紀初頭に革命を逃れてパリに来たロシアの貴族をイメージしているらしい。

ところで、アルマーニは日本へのオマージュだったらしい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-07-08 05:45