苦労の割に感動の少ない作品。。。

今日は革命記念日。
革命記念日の午前中にはシャンゼリゼで軍の行進があり、夜にはエッフェル塔で花火がある。
で、極小ビーズを糸に通していると、夜11時頃、花火の音が聞こえてきた。
日本の花火とは比べものにならないちゃちな花火であるのだが、ため息をつきながら極小ビーズを入れていたところだったので、見に行くか、と外に出る。

最寄りで一番良く見えるのは、エッフェル塔に直面しているavenue de Saxe だろう、と思ってそちらに向かう。
歩く道すがら、猛スピードでエッフェル塔方面に向かう車が何台も。ちょっと怖い。
通りにつくと、付近住民風の方々(私もそうだったが、つっかけサンダルで、てぶらで出てきたかんじ)がplace de Breteuil に集まっているので、そこで適当に見ることにする。
広場の中央にある像には、人が沢山上っている。
a0161826_9472023.jpg

玉は小さいは、高さはないは、バラエティが少ないし、盛り上がりに欠けている。
日本の花火だと、「おおっ、これはすごい!」というものがいくつかあるものだが、一つも無かった。
ま、でも、良い息抜き。
極小ビーズとの戦いに戻る。

さて、苦労して極小ビーズを沢山入れてつくったのは、これ。
a0161826_9481348.jpg


らせん状ねじり紐を編んで、そこに極小ビーズを通した糸を通す。
ビーズ紐には骨董貝殻ボタンを通した。
a0161826_9491793.jpg


極小ビーズをただ糸に沢山通して、それを紐として使う、というのは、サン・マリノで学んだ手法。

使用糸は、毛糸Zakkaストアーズのラミーガーデンの色31番。
a0161826_950138.jpg


ま、着けられないことはないが、大したことはない。
超失敗作のあと、いろいろ考え、試し、ああしたりこうしたり、ほどいたり、ボタン入れたりはずしたり、そして苦労して極小ビーズを入れたのだが、ビーズがただの普通のチェーンにも見え、感動のないものになってしまった。。。
ふうっ。。。
a0161826_9505475.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]