かぎ針編みパンツ、ショーツ型、超簡単!

まりちゃんにパンツを編んだので、自分にも一つ編んでみようと思い立つ。
私は生理痛が重く、寒い冬にはことさらつらい。いつも貼れるタイプのホカロンを日本から持ってきて、下腹部につけることにしているのであるが、その上にさらに毛糸のパンツをはいたらいいだろう、と思うところ。

パンツはこの夏、ビキニを編んだ際にパンティ型のものを編んだのであるが、以来、ショーツ型のものも編んでみたいと思っていたし。
その際に報告したパンティ型のパンツの編み方は、パリ編み編みコミュニティ日記この記事をご覧下さい。

かぎ針編みのパンツの編み方・編み図はネット上ではなかなかみつからないのであるが、夏にビキニを編んだ際に見た米国のサイトにショーツ型のボトムのビキニがあったことを思い出し、それを見てみる。
このページである。
編み方を読んでみたところ、前と後ろ、同じものを編んではいでいるのだが、どう考えても、この通りにやって写真のようなローライズでぴったりフィットのショーツになるとは思えない。従って、後ろはこの通りにやって、前は異なるものを編むことにした。
すなわち。。。

前はただの長方形。
a0161826_1621476.jpg

後ろはこんなV字型。
a0161826_16231348.jpg


前は作り目の鎖目を65目して、長編みをただただ16段した。これで長方形ができる。

後ろは、作り目の鎖目を75目して、長編みを16段したのであるが、各段、前段の中心にある目に長編みを3目入れている。これでV字型のものができる。
長編み3目を入れるところの編み図はこんな感じ。
a0161826_16233061.jpg


その後、V字型と長方形のそれぞれ、真ん中の11目を拾って、長編みを2段。これが股の部分になる。

V字型と長方形の両サイドと、股の部分の小さい長方形をはぐ。
そうすると、驚くなかれ、こういう、まさにローライズのショーツ型のものができるのである。
a0161826_16235420.jpg


後ろは、V字型になっている。
a0161826_16241728.jpg


このはき口に紐通しとなる縁をつける。
長編み二つ、宙に鎖編みを二つ、を繰り返した縁。増し目はしないで、まっすぐ編む。
そうすると、後ろのV字型の角度がゆるむだけでなく、これは驚いてくれ、まさにパンツらしく、後ろに自然な緩みができあがるのである。またもや、かぎ針編みの醍醐味を堪能する瞬間。
a0161826_16244675.jpg


紐通しにかわいいゴムを入れるといいと思うが、手元に無いので、編み紐をつけた。
a0161826_16251673.jpg


びっくりするほど、はきやすい。

使用糸は、ドイツのWolle Rödel のSoft Merino。今回は実験なので、安価で太めの糸を使ってみた。
a0161826_17115184.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]