パフスリーブ風ショールできた!

今夜は、グランパレでやっているヘルムート・ニュートン展へ行った。
ヴォーグ等ファッション雑誌の写真で有名な写真家、ヘルムート・ニュートンの作品の回顧展で、もともと60年代のファッションが好きな不器用者、ずいぶん前からやっているのに気がついていて気になっていたのであるが、なんだか大層人気があって、いつ前を通っても行列している。展示の期間が延長されたのであるが、それでもいつも行列。
そうこうしているうちに、今日、最終日になってしまい、あわてて行った訳である。
最終日の夜8時近くに行ったのであるが、まだまだ沢山並んでいた。チケットを前もって予約して買ってから行ったのであるが、前売りチケットを持っている人の列でさえも並んでいた。。。
しかも、フランス人が殆ど。この夏休みの季節、街中はパリ人がぐっと減り、観光客ばかりになっているので、あら、まだこんなに沢山フランス人がいるのね、とびっくり。

展示は大騒ぎの割に、小さかった。60年代から最近までのニュートンの作品が少しづつ並んでいるので、ざっと、超特急で彼の仕事の軌跡がたどれる、くらいなものか。

この展覧会についてAFPの記事の日本語訳と写真がここで見られる。
ファッション写真界の巨匠、ヘルムート・ニュートン回顧展

話は変わって、さて、パフスリーブ風ショールであるが、できたよん。
この週末はドイツの甥のところに行っていたのであるが、その帰りの列車の中でせっせと編み、さらにいつものように列車が途中で故障してとまっていたので、時間がたっぷり。パリに着くちょっと前に編みあがる。
a0161826_637133.jpg


ラミーガーデン、色17番を2.5ミリかぎ針で編んだ。
前回悩んでいた段数の点については、結局本より4段多く編んだ。
それでも使用した糸はたった一玉半。
本ではタッセルを編み紐の先につけているが、面倒なのでそれは省略。

自己着画。軽くてとてもいい。
スタイルもただのショールとちょっと違って変化があって面白い。
a0161826_6374928.jpg


なんだかとても気に入ったし、簡単にできるし、こういうものはいくつあっても重宝するだろう、ということで、別の糸で同じものを編んでみようと思いつく。
別の種類の糸で編むと、また違う感じになるのではないか。どんな感じになるのか。

という訳で、次は全く違う、コットン100パーセントのしっかりした糸で編んでみることにする。
ローワンのCotton glace (アイスコットン?)で、ラミーガーデンが一玉40グラムで200メートルもあったのに対し、このローワンの糸は一玉50グラムで115メートル。
a0161826_6381050.jpg


かぎ針3.5ミリで編んでいるのであるが、6段編んだら一玉終わってしまった!
a0161826_6383660.jpg


前回に続きまたもや確認する、ラミーガーデンの対費用効果の良さ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]