さらに第4弾へと続くパフスリーブ風ショール 

今朝読んでいた新聞の記事で、「オリンピックというのは大方、自国が今ひとつのところで終わってしまうのを見て苦しむ経験のことである」という表現があって、うーん、正にその通りだなあ、と思った昨日と今日のサッカー。

あーあ、と思いながら昨日と今日、テレビを見ながらまたもやパフスリーブ風ショールを編む。
第4弾。
よくも飽きずに編むなあ、と自分でも思うが、ハマナカフラックスCの第3弾があまりに気に入り、しかも職場に着ていったら、編み物をする年配女性の同僚に、「素敵とは言えないな。とてもとても素敵。」と言われ、満面笑みになった不器用者。
これはやはりリネンか、ということで、今度はリッチモアのシルクリネン。おととし買ったもので、もう生産されていないようである。
リネン73%、シルク27%。
一玉30グラムで、約90メートル。
a0161826_9353355.jpg



昨夜と今夜で、本体完成。
3ミリのかぎ針で編んで、今回は全部で17段編んだ。
第3弾のように19段まで編んでもよかったのであるが、18段まで編んでみたら、糸が足りなくなることが発覚する。
がああん、と思ったが、試しにはおってみると、今回は第3弾より太い糸なので、17段まででも第3弾同様、アグリーな中年の二の腕の裏が充分隠れる丈になることが発覚。
という訳で、今回は17段で終わり。
a0161826_936033.jpg


ここまでで3玉半、約100グラム使った。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]