真に完成、初の着るもの (あるいは、ショート丈カーディガン)

とうとう初の着るものが完成する。
とは言っても、前回以来、ボタンをつけただけであるが。
a0161826_8493991.jpg

ボタンは、同じ糸でくるみボタンをつくった。
手編みの着るもののいいところは、同じ糸でボタンがつくれるところだな。
ボタン一つで、全体が手づくりであることをさりげなく主張できる。

相変わらずうまく撮れないが、自己着画。
a0161826_93342.jpg

本より太い糸と太い針で編んだので、袖が本の写真(目次作品J、あるいは26-27ページ)よりさらにゆったりした感じ。
それがいかにも「はおりもの」風で、悪くない。

次回のための、おさらい。
使用糸は、フランスの毛糸メーカーPlassardGong、色390。エジプト綿100%。一玉50グラム、約130メートル。これを4玉ちょっと使った。
a0161826_852426.jpg


使用針は、3ミリのかぎ針。袖の最後の段は2.5ミリのかぎ針使用。

後ろ身頃、つくり目121目。
前身頃、左右とも、つくり目56目。

袖つけ止まりまでは16段。
そのあとは、と同様に26段。
最後の段、後ろ身頃も前身頃も、左右の肩の部分は鎖編みの山が5.5山できる。
袖は左右それぞれ模様を4段編んだ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]