糸の整理をしたあげく、ドイツとフランスのネット毛糸ショップでさらに買い物をする

ごそごそと引越しの準備をはじめる。
引越し自体はまだまだ先なのであるが、少しづつやっていかないと、あとでたああああいへんなことになってしまうことが目に見えているので、とりあえず、はじめることにする。

引越しの準備とは何ぞや。
基本的には、整理である、というか、捨てることである。
所有しているもの全て、一つ一つを、要るものと要らないものに分ける。これが基本。
さらに、要るもの、要らないものには、それぞれサブ分類があるのであるが、それはここでは省略。

そういう分類を毎日毎日、仕事から帰って来たあと、夜中にごそごそやる。まず、クローゼットの服の整理をして、同時に台所の乾物・保存食品の棚をアタック(海外にいると日本のものを後生大事にため込んでしまうのですよ、賞味期限3年過ぎてるものとか出てきた。。。)、次に編み糸にかかり、今はやっと編み糸が終わったところ。
いやあ、私、すごい量の編み糸を所有していますよ。。。もう、驚愕。
その積み上がる箱の数々を写真に撮ろうかとも思ったが、特に美しい眺めでもないので、さっさとクローゼットの中とベッドの下に隠す。

で、整理しながら気がついたのは、ヨーロッパのメーカーのコットン糸やリネン糸が何色か、半端な玉数しかないこと。暑い国からヨーロッパの糸を買うと、また送料やら税金やら面倒なことがあるだろうから、せっかくのコットンやリネンであっても、半端な玉数では使いにくいのではなかろうか。

ということで、もうこんなに糸があるにもかかわらず、さらにいくつか糸を買い足すことしたのだが、その際に、人生はじめて、ドイツのネット毛糸ショップを利用することになる。

idee. der creativmarkt
ハンドメイド系の材料や道具が沢山のお店。
総ドイツ語で、私はドイツ語は全く分からず、見当もつかないのであるが、ブラウザーの翻訳機能に全依存したら、注文できた。
ペイパルで支払いができる。フランスへの送料も、標準的なEU内の郵送料で、8.99ユーロ。
フランスのネット毛糸店の送料は7ユーロ近くすることもよくある、ということを考えれば、そう高い送料でもない。

次、フランスのネット毛糸ショップで今回初めて使ったお店。

Universe tricot
Bouton d'Or, Fonty, Bergere de France(無料編みパタンのページはここ。作品の隣の矢印をクリックして、続くページの左下にあるPDFの印をクリックすると、フランス語の編み方説明が出てくる。), Anny Blatt といったフランスの大手メーカーの糸の他に、スペインの大手Katia (無料編みパタンはこのページの下の段。写真をクリックして、続くページの左の写真の下の"download this model FREE in PDF"をクリックする。チュートリアルの動画がついているのものも沢山。Katiaは変わった糸がいろいろとあるので、そういう糸の編み方と編み上がりを見てみるのも楽しい。)とドイツの大手Schachenmayr SMC(無料編みパタンのページはここ)の糸がある。
80ユーロ以上買うとフランス国内は送料無料、というところが利点。(日本だとそういうサービス当然だけど、フランスだとなかなか。。。)

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-09-04 08:10 | お店