サヨナラ糸さんたち、コットン編

昨夜は、こんがらがっていたにもかかわらず、長い間放っておかれていた糸さんたちを、ほどいて玉にする、という作業を一晩中する。
こんがらがった糸というのは、真に無用の長物。
引越し先に持って行ったって、こんがらがった糸は使えないし、こんがらがったまま寄付したって、寄付された方は困る。
日頃から怠けて、こんがらがった糸を放っておいたから、こういう時になって、追い詰められ状態で夜中に必死にほどくことになってしまう訳だ。
将来は、糸が混乱したら、すぐほどくぞ、とココロに誓う。

さて、引越しに向けて、膨大に所有する編み糸の整理をしたのであるが、暑い国では毛糸は無用と重々分かっていたも、それだけの理由で別れるのはあまりに名残惜しく、「要らないもの」に分類された糸は殆どない。

それでも、いくつかとはサヨナラすることを決意。
記念に写真を撮る。
今回は、コットン糸さんたち。

まずは、イタリアの糸、Filtoppa。フィレンツェのVia Faenzaにある手芸店で手に入れたもの。
その時の記事はここ
赤と青。コットン100%。一玉50グラム、約250メートル。棒針サイズ2-4ミリという表示。
a0161826_8415766.jpg

コットン100%だが、起毛している。
起毛しているから、コットン100%でも、暑い国ではちょっと。。。ということで、サヨナラ。

ブルーが6玉。
a0161826_8421981.jpg

赤も6玉。
a0161826_8423222.jpg


次、スペインのメーカーKatia のDuna。15区のrue Lecourbe にある手芸店で買った。これもコットン100%なんだけど、どいう訳か、和紙が入っているかのような手触りがする。
きし麺みたいに平べったい、太い糸で、一玉50グラム、約55メートル。
もう生産されてない糸のようである。これが4玉。
a0161826_843233.jpg


三つ目、フランスのメーカーPlassardCoton bio。フランス語では、「bio」とついていたら、有機、ということなのであるが、ラベルには有機コットン100%とは表示されていないな。単にコットン100%と表示してある。
一玉50グラム、180メートル。棒針サイズ3-3.5ミリと表示してある。
これは縮小される前のル・ボンマルシェで買ったな。縮小後もPlassard の糸は置いてあるけど。
このにんじん色5玉とサヨナラ。
a0161826_8524560.jpg


今回は、糸を売りに出す余裕もないので、パリ編み編み会に受け取って下さる親切なお方がいらっしゃれば、次回の編み編み会に持って行きます。
編み編み会には行けないけど欲しい、というパリ近辺ご在住の方には、手渡しますので、コメント欄の方にメールアドレスと共にご連絡下さい。(コメントは非公開にするので、ご安心を。)
郵送料を払ってでも欲しい、という方がいらっしゃれば、メールアドレスと共に、コメントの方にご連絡下さい。(これもコメント非公開ですので、ご安心を。)

誰も受け取って下さる方がいなければ、教会に寄付の袋行きになる予定。
ところで、いらない服、靴、その他はrue du Bac のSecours catholiqueが近いので、そこに持って行っている。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]