Le Bon Marché でセール毛糸を買う

以前にも触れたように、パリでは1月半ば前にsoldes, セールの季節がはじまった。

パリのセールははじめは10%引きなど、それほど値段が下がらないのだが、週がたつにつれ、どんどん値引きされていく。街の店先のウィンドウの赤い文字が、「Deuxième démarque」(二回目の値下げ)、「Troisième démarque」(三回目の値下げ)、「Dernière démarque」(最終値下げ)と変化していく。とは言っても、米国のように最終90%引きなどとなる店は皆無で、せいぜい最終でも40%、ごくたまに50%引きほどであるが。

1月も終る今週末、セールがはじまって三週間ほどたつ。もしや、すぐ近所のデパートLe Bon Marché の手芸店でも、いつもは目がとびでるほど高い毛糸の値段が下がってきているのではないか、と思いつく。

普段は私はパリのセールが嫌い。人が多いし、大して安くなっていないし、安くなっているものは気に入らないものか、無くてもいいものばかりというのが常。しかし、今回は修行中ということで、歩いて5分のところなのだから、と自分に言い聞かせ、怠惰な身をおこして行ってみる。

Le Bon Marché (24, rue de Sévres 75007 Paris) はパリで一番古いデパート。小さめのデパートだが、品揃え的にはデパートの中では私は比較的好き。特にベッドリネンや旅行鞄のコーナーがとても良い品揃えで、セールの時はお得。食料品館が別名Le Grand Epicerie de Paris (パリの大食品市場)としてとても有名で、夜の閉店前に行くと、独身貴族が買い物をしていて格好の出会いスポットだといううわさもある。質的には街の商店の方が良いものが多いと思うし、値段的にはスーパーの方が安いので、私は食料品のためには、いそぎの用でもなければ行かない。

a0161826_643734.jpg入り口はいくつかあるが、手芸店へのアクセスとしては、rue de Sèvres とrue du Bac の角の入り口が一番便利。
rue du Bac は本館と食料品館の間にある通りです。入り口はこういう門構え。
「soldes absolus」(完全セール)の旗がひるがえっている。気分も盛り上がる。

この入り口から入るとすぐ前にエスカレーターがあるので、それに乗る。間違ってもデパートのフロア中心にあるエスカレーターに乗らないように。そうすると大変なことになって、手芸店には行き着けない。代わりにベッドリネンを買うはめになってしまう。



a0161826_652387.jpg3階、3階と今まで書いてきたが、地上階がゼロであるヨーロッパの3階は、日本で言うところの4階である。このエスカレーターでは3階(4階)が最上階。上りきったところに、手芸店がある。その色とりどりの光景が目の前に広がった瞬間の高揚感は、何度行っても同じ。写真では奥の壁に沿ってずらっと毛糸玉が並んでいる。写真右の壁の向こうのゾーンにも毛糸の棚は続く。
左手前はボタンコーナー。もちろん、刺繍糸、リボン、布、ベルトのバックル、バッグの持ち手等、手芸に使うものが何でもあります。





この手芸店の中央ゾーンの壁はRowan が陣取っているのであるが、その棚の前にセール籠が二つ置いてあるのを以前から見ていた。そこに直行する。
籠は一つに減っている。しかし、以前の30%引きの値段から、さらに30%引きになっている。以前から非常に惹きつけられていたが、30%引きでも10ユーロ近かったカシミヤの毛糸は残念ながらもう売れきれてしまったようだ。しかし、コットンの毛糸がいくつか残っている。

欲しかったカシミヤの毛糸玉と同じRYというロゴのついたRowanのClassic Yarns Cotton Jeans の綿100%、イタリア製の糸を選ぶことにする。残っているもの全部買う。全部で八玉、22.96ユーロ。もともとの値段は一玉5ユーロ90セント(740円)だが、セールで一玉2.87ユーロ、360円。半額以下の超お買い得である。

春になったらこの糸で甥につばのついた帽子をつくるといいだろうと、またもや夢が広がる。

a0161826_20243870.jpg

[PR]
by iknit | 2010-01-31 06:11 | お店