カテゴリ:バッグ( 10 )

ストックホルムというのはパリからかなり遠く、片道飛行機で2時間半かかる。おかげさまで、先週末のストックホルム行き帰りで編み編みが進み、さらに今日の日曜日は雨で寒く、家にこもっているのが一番。
という訳で、一ヶ月前にはじめた、ショート丈カーディガンにおそろいのネット編みコットンバッグが、やっと出来上がる。
a0161826_333324.jpg


本体の模様がもう少しはっきり見える写真は、不器用者のこの記事をご覧下さい。

結局Plassard Gong(一玉50グラム、約130メートル)を4玉つかった。

かぎ針は3ミリのものを使用。

この持ち手二本は、細編みをくるくると筒に編んでいるだけなのであるが、これが苦行。パリーストックホルム間を往復し、雨の日曜日を待たないと仕上がらないほどの苦行。
それほどの苦行にもかかわらず、どういう訳か二本、違う太さのものが出来上がってしまう。
同じに編んだつもりなのであるが、明らかに違う太さ。
行きの飛行機で、私の席のライトが壊れていたから、編み目がよく見えなかったからかもしれない、などと理由づけしてみるが、おそらく単に私の技術が未熟だからであろう。

これが今回のパリ編み編み修行最後を飾る作品だし、編み直そうかな、と一瞬思う。
細編みの紐を編むのはしかし、あまりに苦行だし、単に自分で使うものだし、ということで、編み直しはしないことにする。

暑い国へ行く時の飛行機の中では、ストックホルムの毛糸屋さんで買ったチョコレート色のリネン糸で、はおり物系を何か編もうと思っている。

ということで、これで不器用者のパリ編み物修行は終わりです。
編み編みをはじめてから2年と10ヶ月、多くの皆様からのコメントとクリックに支えられて、右往左往しながらも、ここまで続けてこられました。どうもありがとうございます。心よりお礼を申し上げます。
また別の地で、何かの形でブログをはじめるかもしれませんが、その時はまたどうぞよろしくお願いします。



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
先週末は相変わらずのハイデルベルグに行ったのであるが、相変わらず行きも帰りも電車が遅れ、お陰さまで編み編みが大層進む。
で、編み編み会以来全く進んでいなかったショート丈カーディガンにおそろいのバッグが、がんがん進み、本体ができあがってしまうまでに至る。
a0161826_7363660.jpg


縁もショート丈カーディガンの縁編みと同じ模様。

あとは持ち手をつけるのみ。
ワンダーリリアンで編んだ紐を持ち手に使おうかと思ったが、ふにゃふにゃの編み紐ができてしまい、さらに編み目がまたバッグ本体と違うので、デザイン的にも今ひとつ。
で、普通に細編みをぐるぐると編む持ち手を、ため息をつきながら、ゆっくりゆっくり編んでいる。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
明日はパリ編み編み会
引越し準備やらなんやらかんやらで、編み編みの時間が最近全くないが、それでも編もう編もうと思っていたものをはじめる。
編もうと思っていたのは、ショート丈カーディガンにおそろいのバッグ。

そのいわれは。。。
引越しへ向けての整理をしていたら、ショート丈カーディガンに使ったPlassard Gong の紺色の糸が丸々一玉出てきた。
カーディガンを編んだ際に、最後糸がわずか足りなくなり、一玉買いに走ったが、実は自宅にもう一玉あったのである。。。
a0161826_7591663.jpg


という訳で、この糸が二玉近くあることになってしまった。
二玉近くなんて半端な量で、暑い国に引っ越してから使いようにも困るだろう、ということで、もう一玉手に入るパリにいる間に使おうと決心。

で、カーディガンと同じネット編み模様でバッグを編もうと思いついた。
丸く編むのが好きなのであるが、カーディガンの時には全く丸く編むところがなかったので、底を丸くすることにする。
現在22段目。ここまでくると、細編みをちまちま一周するのも大変だあ。。。
a0161826_814895.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
大変な苦労をしてつくったリリアン紐をつけたポシェット。
a0161826_6421758.jpg

甥の帽子にお揃いのつもりで始めたが、お揃いの点ではなく、リリアンが主眼になってしまった。
編み図描こうと三日前は思っていたのですが、今となっては、そのような気力もない。

本体は、ただ四角く編んで、二つに折っただけ。

鎖目24目で作り目し、そこから細編みで13段か14段したあと、帽子の模様(編み図ここ)の中の長編み3本にしたものをしたまで。
模様のあとは、また数段細編みして、最後の段はバック細編み

作り目に戻って、目を拾い、同様に編む。

できあがりを二つに折って、サイドをはぐ。
そこに紐をつける。

それだけ。なんて単刀直入な。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
一ヶ月続けた食べ物おもちゃシリーズを突然中断し、バッグをはじめる。
先日古着屋さんで手に入れた6.50ユーロの手提げバッグを見ながら、ちょっと思いついたことがあるので。

買った手提げは小さいものであるが、思いついたのは、買い物用の手提げ袋をつくる、あるアイデア。
バッグは内袋があるので、お裁縫が全くできない、ミシンフォビアの不器用者は避けてきた。
しかし、6.50ユーロの手提げを見ながら、ひょいと、もしかしたらこうすれば、お裁縫ができない不器用者にもできるかもしれない、と思いついたことがあるのである。

とは言っても、うまくいくかは分からない。

a0161826_8341930.jpg問題は、買い物用の手提げ袋は大きいということ。
今まで不器用者が編んだものの中では、おそらく最も大きいものであろう。

という訳で、まだ5分の一くらいの高さまでしか編めていない。
実験段階でこんなに大きいものからはじめるのでなかった、と後悔するが、後のまつり。。。

この実験がどうなるか分かるまで、これから数日かかるであろう。。。


模様は、「かぎ針編みパターンブック300」(日本ヴォーグ社)の086番の方眼編み模様。
Googleブックスで、この本に出ている編み図が無料でいくつか見られる。本のタイトルで検索してみて下さい。

a0161826_8345166.jpg使用糸は、以前毛糸雑貨ストアーズから購入したアトールファインコットンで、色番8。
コットン100%。
5玉一袋入り(一玉25グラムだけど。。。)。
思った以上にきれいな編みあがり。
[PR]
iPhone 入れの続き。
今日はこげ茶色。

久しぶりにコットン糸である。
Mille Fili のレーズンブラウン。
ドイツはハイデルブルグのWolle Rödel で以前購入したもの。コットン100%。

a0161826_6203835.jpgコットンはしっかりした仕上がりになるので、バッグにはシルクよりいいですね。
形は黒のヴァージョンと同じ。

持ち手の部分はスエード調のこげ茶の紐を鎖編みにしてある。
同じ紐を前のフタに通してある。これがデザイン的にはアクセントになる。







ぽちぽちとした模様はコイル編み。
米国のかぎ針編み教則本「Super Stitches Crochet」でみかけたもの。
昨日つくった黒のヴァージョンでは、引き上げ編みの模様があまりはっきりしなかったので、今回はコイル編みでやってみようと思った次第。
Bullion stitch と本には書いてあったが、ネットで調べたところ、おそらく日本ではコイル編みというものらしい。

教則本のイラストに従って、このBullion stitch、あるいはコイル編みを試してみる。
しかしすぐに、不器用者には不可能に近いものであることが発覚。
針のまわりにぐるぐると糸を巻いて、その内部に糸を引き抜くのであるが、巻いた糸の中に糸を通すのが至難の技。
何かもっと良い方法がないか、ググってみる。

Bullion stitchの編み方動画はいくつかあるが、いろいろ見てみたところ、これが一番分かり易い。
言語は私は知らないもの。べラルースの方らしいので、おそらくべラルース語か。
言葉は分からなくても、見れば一目瞭然の、よくできた動画である。



a0161826_6214283.jpgヴィデオの指示に従い針を使ってみたところ、うまくいかない。
べラルースの方と違って、持ち手の部分が太くなったかぎ針を使用しているので、針をぴったりとかぎ針編みにつけることができないのである。

いろいろ試したところ、普通のまっすぐの針ではなくて、先の曲がったとじ針が最も最適。






a0161826_6215936.jpg先の曲がった部分をかぎ針のかぎ部分に押しあてて使う。
要は、巻いた糸の内部の隙間をとじ針で広げながら、かぎ針にかかった糸を通していくのである。

この時に重要なのは、かぎ針のかぎを常に上向きにしておくことである。
そうすると、糸が落ちないで、スッと通る。

糸を巻く際に、ビーズを一緒に巻くと、コイルのぽちぽちにビーズがつく。




a0161826_6222994.jpgコイル編みを入れた長編み一段、細編み一段、コイル編みを入れた長編み一段、と繰り返す。

ポーチの裏面はこんなかんじ。










ボタン代わりの花モチーフは真ん中にいれようと思い、そのために、ボタン穴は今回は本体を編んでいる途中につくった。
a0161826_6225995.jpg

[PR]
iPhone 入れができた。
黒の実験の続きで、今回は三種類の黒異素材を使う。

糸はシルクの糸だけ。Anny Blatt のシルク100%
写真はこの日の不器用者のブログをご覧下さい。

それに加えて、黒パール風ビーズと黒のリボンを使う。
糸もビーズもリボンもLe Bon Marche で手に入れた。

a0161826_10452552.jpgポーチの持ち手はリボンを鎖編みしてある。
リボンをさらに、ポーチのふたの部分の模様編みに通してある。

ふたの部分の模様は、*mati*さんのブログATELIER *mati*の「玉編みのきんちゃく」の編み図を参考にする。*mati*さん、編み図をご紹介下さって、ありがとうございます。

これにさらに縁をつけてある。
縁は文化出版局の「モチーフとエジング」51ページ、No.104 の編み図に従う。


a0161826_10455777.jpg本体は、長編みで、引き抜き編みを使った模様にする。
ポーチの後ろはこんなかんじ。
引き抜き編みの目にビーズを編み込む。











a0161826_10461839.jpg下方の左右の角についている花モチーフは、ボタン。
縁編みの半円をボタン穴として使い、花モチーフにひっかける。












小さいポーチだが、細かい作業が多く、さらにこのシルクの糸はこんがらがるので、できあがりまでやたらと時間がかかってしまった。。。
a0161826_10464786.jpg

[PR]
ブルーの紙の糸で編んだ帽子に合わせて、バッグをつくる。

前回は既成の編み図通りに編んで、あまりよいできではなかったので、今回はオリジナルデザイン。
使用糸は、帽子の時と同じく、Katia Paper のブルーと、Online Linie 163 Bingo のグレーがかった青である。
針はかぎ針3.5ミリ。

a0161826_8155615.jpg細編みで底をつくることからはじめる。

鎖編みの作り目ではじめる。鎖目を30目する。
これが幅になる。
そのまま細編みで5段往復に編んで、横長の長方形をつくる。

そこから、長方形の周囲の目を拾いながら細編みして一周する。
そのまま輪に編んでいく。
これが輪の二段目が終ったところ。





a0161826_8163270.jpgしばらく細編みを続ける。
帽子で長編みの模様編みをした時よりも、糸の感が素敵に顕れる。
しかし、兎に角編みにくい糸なので、つかれてくる。
そこで長編みに変える。
長編みを二段する。

編み目の変化がはっきりして、なかなかよい。
帽子に水平の線が入っているので、ここで糸を変えて、ボーダーの模様にしてみる。
細編みで二段した。





a0161826_817547.jpgまた紙の糸に戻り長編みを二段して、次に綿の糸で細編みを二段。

次に紙の糸で長編みを一段すると、縦の長さが丁度良いかんじになった。
そこで、綿の糸に変えて、細編みを一段、引き抜き編み一段する。










a0161826_8173392.jpgこれがバッグの本体。
編み上がりの質感がとても素敵で、自分でもびっくり。














このあと、紙の糸に戻り、細編みで持ち手を編んでいく。
持ち手は一本にして、左右のサイドにつけることにする。

バッグ本体の長編み最後の段から4目拾って、そのまま細編み4目をひたすら往復に編んでいった。
これは非常に編みにくかった。一目一目を力んで編まないといけないくて、疲れる。
適当な長さになったところで、反対側に編みつける。

さらに綿の糸で細編みで周囲を一周して、色違いの縁をつける。

最後に、持ち手のつけ根の部分を、本体の縁にしっかりつける。

できた。シンプルで、なおかつ上品な、素敵なバッグができた。
こうなると、帽子が粗雑に見えてくる。
あの帽子をこのバッグと一緒に友人にプレゼントするのはちょっと、どうかな、と考える。自分だったら、バッグだけ使って帽子は使わないだろう。どうしようかと悩んだ末に、帽子の方は、勇気をふるってほどいて編み直すことにした。
次回は新しい帽子(のハズ)。
a0161826_818986.jpg

[PR]
昨日つくった小さい女の子用のピンクの帽子とおそろいのバッグをつくる。

小さい子供はバッグに入れるものは何もないのだが、私はいくつもバッグを持っていた。
おでかけの時には、着る物に合わせて、あれこれ手に持っていたものである。
私はハンカチしか入れるものがなかったが、今の女の子は携帯電話を入れるバッグが必要であろう。

肩に斜めにかけるタイプのものが手が自由になって小さい子にはいいのだろうが、しかし、本人は大人のように手に持つ手提げタイプがうれしいだろう、と推測する。

他の家の子供だと思うと、デザインを深く考えるのがつい面倒で、ブティック社から出ている「かぎ針編みのモチーフ、ブレード、エジング、もよう編み」の71頁に出ているような、モチーフでできたトートバッグをつくることにする。

この本は成田空港のツタヤで買ったものである。
個人的には、最近手に入れたアメリカの本よりも興味がそそられると思う。
何がちがうのかな。写真かな。
アメリカのお料理の本というのは、何と言うか簡素で、写真もないものが殆どなのであるが、日本のお料理の本は、それぞれの品がきれいなお皿にのった大きい写真が沢山入っていて、実際につくらなくても、この本が欲しいという気持ちになる。見ているだけで幸せな気分になる。
編み物の本でも同じことが言えるのかもしれない。

日本ではユザワヤで「モチーフとふち飾り」(主婦と生活社)という編み物教則本も手に入れたが、これも大変きれいな、シックな色合いの本で、見てすぐ買ってしまった。
写真を見ているだけで、晴れやかな気分になる。

という訳で、素晴らしい日本の本があるということで、思考することを怠けて、本の編み図通りにモチーフをつくる。

a0161826_446314.jpgこういうモチーフを色違いで二組、それぞれ10枚と9枚、全部で19枚つくる。
本ではそれぞれの側面をモチーフ三段にして、全部で25枚つくることになっているのだが、小さい女の子用なので、小さく2段につくることにして、19枚。
だいたい6センチ角。










a0161826_447642.jpgモチーフ19枚を四角いバッグの形にはぐ。
今回は底とマチがある。

はぎは、本の指示にそって、鎖編み二目と引き抜き編み一目をしていく。
桜色の糸、On line Linie 241 Mira が平らな糸で、もこもこした感触の表面になるので、かわいらしい編みあがりになる。









a0161826_4473893.jpgバッグの口に縁を編んで、しっかりさせる。
これも編み図通りにした。
一段目は鎖編み二目と引き抜き編みを繰り返す。
二段目は細編み二目一度
三段目はまた鎖編み二目と引き抜き編み。

縦12センチ、横18センチになった。










a0161826_448732.jpg持ち手をつくる。

汚れが目立たないように、濃いピンクの方の糸を使う。Plassard の Gong シリーズでエジプト綿100%。少し光沢がある。

持ち手も本の指示に沿って、バッグ本体のモチーフから目を拾い、長編み二目の玉編みでつくる。
本で27センチ編むことになっているが、小さい女の子ということで、16段、約20センチつくった。
本では縁をつけるのだが、これは怠けて抜かす。

持ち手の付け根のところは、バッグの縁にしっかり編みつける。

本では内袋をつくることになっているが、これも怠けて削除する。
ということで、できた。
小さくてすごおくかわいい。
a0161826_4483636.jpg

[PR]
初バッグに挑戦。

モチーフで帽子スカーフをつくったあと、糸が半端に残っているので、同じモチーフで小さいバッグをつくることにする。

また花びらを玉編みでするモチーフをひたすらつくる。
帽子の時に使った、7センチ角のものをつくる。

今回は色の配分の仕方を二通りにする。
すなわち、花がカーキ色で背景が黒のものと、花が黒で背景がカーキ色のもの。

それぞれを6枚づつ、12枚つくる。
12枚つくったのは特にデザイン的な意図がある訳ではなくて、12枚つくったら、ちょうどだいたい黒の糸が終わりになったから。

a0161826_6513327.jpg12枚をはいで、バッグの本体になる長方形をつくる。
底をはぐ際には細編みと引き抜き編みでする。
さらに、サイドとトップを同様に細編みと引き抜き編みで縁編みする。













a0161826_652122.jpg長方形がどうも冴えない感じがするので、サイドを折って、バッグの口をつぼめてみる。
適当にやったので、左右がびっこになってしまったが、もうこの時点では大層疲れているので、やり直しもしなかった。













a0161826_6523742.jpgバッグの内側に入れる袋をつくる。

Le Bon Marche では素敵なハギレが沢山売っている。
興奮していろいろ買ってしまった。。。
今回使ったのは一番左のモスグリーンのもの。












a0161826_6531356.jpg両面表になるように、布を二重にして四角い袋をつくる。

ミシンは持っていないので、手縫い。
裁縫道具は、以前とれてしまったボタンをつける際にスーパーで買った小さな簡易のセットしか現在持っていない。そこに入っていた針と貧相な緑色の糸を使う。

面倒なので、裏地だということで、ざっくざっくと、あたかも仮縫いをするように縫う。






とはいえ、編み物だけでなく、裁縫の天才でもある母に子供の頃言われた、縫い代を折って、そこにアイロンをかけながら縫う、という教えにはきちんと従った。
そうすると、縫い代の線ができて、印をつけたり、マチ針を沢山しなくても、両面を合わせてまっすぐに縫えるのです。
いくつになっても、お母さんの言うことはよく聞きましょうね。

この袋をバッグ本体の中に入れて、適当に数箇所とめる。

バッグの持ちひもは編もうと思っていたのだが、これも面倒なので、Le Bon Marche でひもを買ってくる。
光沢のあるモスグリーンのひも。

これを鎖編みにしてつける。

口のところに、ボタンとボタンループをつけようと企画していたのだが、これも面倒なので、これで終わり。

大した作品ではないが、帽子に合うということで、無いよりは、あった方がいい、くらいのものか。
a0161826_17134242.jpg

[PR]