カテゴリ:雑貨( 44 )

今日のパリ編み編み会で、昨日右手を編んだミトンの左手ができる。
Creative Poems aran 9番の色。
きれいです。
a0161826_7533690.jpg


前回のLLLサイズの経験から、左手の親指部分の穴をつくる際、立ち上りの3目のあと、長編みを一目してから、鎖編み3目した。
その方が左手の親指部分がうまく行くことを今回確認。

で、親指の穴をつくる際の編み図を改訂する。
a0161826_754354.jpg

その他の部分の編み図はこちらをご覧下さい。

今回は作り目の鎖編み10目、両端増し目3段のあと、各段32目でまっすぐ8段、9段目に親指の穴をつくり、そのあとまた8段。全部で長編み20段編んだ。

これも日本に行く予定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-19 07:58 | 雑貨
LLLサイズミトンを無用の長物、たんすのこやしにしてはならぬ、と、意を決し、左手の親指部分を編み直すことにする。
つまり、がんがんほどくことになる。。。

左手穴の部分、立ち上りの鎖目のあと、長編みを一目し、続いて宙に鎖編み4目した。
そうしたら、こうなった。
a0161826_8272031.jpg

昨日との違いは殆ど分かりませんね。
気にしているのは本人だけ、っていう典型的パターンか、という感じもしてくる。
しかし、どう見ても、未だ若干、右手に比べると、ちょっとぎこちない。
どういうことでしょうね。。。

でも、昨日の状態よりはましなので、他人様に差し上げるのは気後れするとは言え、とりあえず、提出してみようか、と思っているところ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-16 08:31 | 雑貨
とかなんとか言ったあと、ミトン一組だけでは被災者の方々支援にはあまりにも情けない、と思い、ドイツのマルチカラー毛糸でミトンをもう一組編む。

前回マルチカラーの良さがあまり出なかったのは、使用毛糸の量が少なかったからではないか、もっと多く使えば、その良さが出るかもしれない、ということで、超大サイズ、LLLのミトンを編むことにする。
a0161826_885975.jpg

作り目の鎖編み11目、両端増し目4段した。
親指のところの穴は、鎖目4目。
思った通り、多色の変化がよく分かるようになる。

さらに、左手の方の親指のところの見かけの欠陥が明らかになる。
左手の穴をつくる際、段の作り目の鎖3目のあと、長編み一目、続いて鎖目の穴にした方がいいかも。
a0161826_8201649.jpg

若干欠陥がある見かけなので、他人様に差し上げるのはお恥ずかしい、と思う一方、LLLサイズミトンを自宅に置いておいても、まさに無用の長物。
困ったことだ。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-15 08:25 | 雑貨
昨日、ドイツのマルチカラー毛糸 Rico Design の Creative Poems aranで編んだ靴下を見ているうちに、これでミトンを編もうと思いつく。

靴下を見ながら思ったのは、この糸で、二つ一組、対になったものを編むと、左右が同じ色合いなのだけど違う、という出来上がりになって、それがちょっとアートな感じ。
で、何かもう一つ対のものを編んでみよう、と考え、そこで、ミトン。
ミトンは、個人的にあまり好きではなく(指が無いと、いろいろと不便ではないですか。。。?)、それで今まで関心が薄く、編まなかった。
しかし、パリ編み編み会のメンバーAyuさんがこの冬活発に参加していらっしゃる「ふんばろう東日本」のハンドメイドプロジェクトで、募集しているものの中にミトンがあることを思い出し、自分で使わなくても、このプロジェクトに
送ればいいんだ!
という訳で、ミトンにとりかかる。

で、できたのはこれ。
基本は靴下と同じように編んだだけ。
全部長編みで、親指のところだけ細編み。
a0161826_3424349.jpg


編み方は。。。

靴下のつま先の要領ではじめる。
作り目の鎖目は、今回9目。
3段両端増し目をしながら、作り目の鎖目の周りをぐるぐる編んでいく。
4段目からは増し目無しで、ただまっすぐ編んで行く。各段30目。
4段目までの編み図はこう。
a0161826_2524521.jpg


10段目まで編んだら、11段目は、親指のところの穴を開ける。
右手の場合は、立ち上りの鎖3目のあと、長編みを26目して、続いて宙に鎖編み3目、立ち上りの鎖目3目めに引き抜き編み。
左手の場合は、立ち上りの鎖3目のあと、宙に鎖編み3目、続いて、また普通に長編み。
左右とも、12段目はまた普通にただ長編みをする。
右手、左手の穴をつくるところの編み図はこんなかんじ。
a0161826_253422.jpg


17段編んだら、適当に縁をつけて(今回はいつもの、宙に鎖目一目、引き抜き編み、を繰り返すもの)、糸を切る。

次、親指をつける。
穴のところに行って、適当に一目拾い、立ち上りの鎖一目、続けて細編みを穴の周りに15目する。
こんなかんじ。
「-」の記号は、長編みの頭を示しているつもり。
a0161826_255758.jpg


そのまま10段細編みをぐるぐるして、11段目から減らし目をしていく。
細編み、細編み、細編み2目一度、細編み、細編み、細編み2目一度、を数段、穴が小さくなるまでして行く。
糸を切って、その残りの糸を、最終段の細編みの頭の鎖の内側の糸に通しながら一周。その糸をひっぱると、穴がしっかり閉まるはず。
a0161826_3431386.jpg


靴下に比べたら面白くない。靴下の方がこの毛糸の色の変化がドラマチックにあわられる。
靴下の場合、かかとのところが、幾何学的な模様になるので、それが大きな違いであろう。
という訳で、ミトンは今回これ以上追求しない予定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-13 02:59 | 雑貨
また生理痛の時期が来たので。。。
毛糸パンツ二枚目。

今月はどういう訳か早くいらした。
こちらの予定にかかわらず、いらっしゃる。
暖冬のパリであったが、突然気温が下がり、雪が舞ったりすると、いらっしゃる。
仕事が増えると、いらっしゃる。
自分で管理できる範囲外、勝手にしてくれ、現象。

今週上司が変わって、しかも何年かぶりの男性上司なので、「あのお、明日、具合が悪くなる予定なんですけどお。。。」とおずおず説明することになる。。。

下着なので、単なる長編みで、薄いグレーのベビーアルパカ毛糸とモヘアを交互に編むことにした。
編み方は、前回と同じ。
ベビーアルパカの糸を全体で続け、モヘアを一段おきに一緒に編むだけ。
前身頃は長方形、後ろ身頃はV字型。
そうしたら、できあがる編地がなかなか素敵。
表はこんなシンプルシック。
a0161826_71237100.jpg

裏はモヘアがもこもこ。
a0161826_712541.jpg

表身頃の長方形は完成。
裏身頃のV字型を編んでいるところ。
でも、またもや仕事が忙しくなってしまったので、この先どうなることやら。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-02 07:14 | 雑貨
遅らばせながら、パリ公共自転車velibに編み落書きをする。
編み落書きは昨夜施行を予定していたのであるが、昨夜は残業の末、立体ねじり紐の角度変えに成功せず、暗い気持ちでいたので、落書きをする気もせず。
今日は、昼休みをとろうと思っていた矢先に面倒なことが持ち上がったので、今こそ編み落書きで一息!

Velib自転車さんたちに自前編み編みサドルカバーを着ていただく。
パリ6区にあるめだたないvelib駐輪場で落書きした。
a0161826_683241.jpg

a0161826_685878.jpg

これから、この自転車さんたちがパリ市内各地に旅行なさるのかと思うと、気持ちもわくわく。
パリでこんなサドルカバーを着たvelib自転車さんに遭遇したら、是非写真撮って送ってくださいね!

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-01-28 06:10 | 雑貨
毎日、毎日雨のパリ。
雨に濡れたパリ公共自転車velibさんに、昨夜編んだサドルカバーを着ていただきます。
a0161826_4554536.jpg

a0161826_456744.jpg

これは楕円から編むサドルカバーの二つめ。
かぎ針編みアーティストのピエール・ベルナルド氏に刺激を受けて、曲線を使おうという思いで編んだものだが、やってみたら、同じ型のものを異なる編み方で編む、という喜びを発見。音楽では、ヴァリエーション(変奏曲)っていうやつですね。
などと、単なる長編みの自転車サドルカバーを、大仰に表現してみる編み物初心者の不器用者。
一方は往復編み、もう一方は楕円編み、というだけの話だが、初心者にとっては、何でもおおっの大発見。

でも、楕円編みの方が、万能性が高いというか、他の自転車にも使えそう。いわゆるママちゃりはだいたいこの編み方でフィットするのではないかと思う。スポーツタイプの本格自転車は、サドルが細身なので、これとは違う編み方をした方がいいでしょう。

という訳で、ママちゃり一般にも応用できるかもしれない、楕円から編む自転車サドルカバーの編み方を以下に紹介。

まず、楕円を編む。
そう、楕円です。楕円から編むサドルカバー。楕円のモチーフを編むみたいなもの。
a0161826_456387.jpg

楕円の編み図はこう。これは、はじめの3段。
a0161826_4571825.jpg

鎖目の作り目をして、その作り目の回りをぐるぐる編んでいく訳だが、その際、両端を各段6目づつ増しながら編む。
作り目は、サドルの細い先端部分の幅(velibの場合は6センチ)をつくる目数に2目足したくらいの目数、あるいは、一番幅の広いところ、楕円の横幅の長さ(velibでは23センチ)の4分の一強の長さがいいかと思う。

端の増し目の編み図、3段目から6段目。使っている毛糸が細い場合、あるいはサドルの横幅がもっと広い場合は、7段目まで編む必要があることもあるだろう。
a0161826_457437.jpg


6段目の最後の引き抜き編みをしたら、そのまま立ち上りの鎖目をして、先端部分の長編み往復編みにうつるのであるが、この長編み往復編みの最初の段は、両端減らす。先端部分に適当な幅になるように減らす。今回は両端で2目一度がしてある。
a0161826_45872.jpg

長編み往復編みは、全部で8段か9段して、最後の段(9段目か10段目)は細編み、中長編み、長編み、長々編みを使って、先を丸く仕上げる。段数は場合によって調整して下さい。今回は丸い最後の段も含めて全部で10段。
a0161826_4582888.jpg


そのあとは、全部往復編みで編むヴァージョンと同様に、できた形のものの周囲を細編みで一周縁づける。
続けて、長編みで周囲を増減無しで二周。
さらに続けて長編みをもう二周するのであるが、この際、別にしなくてもいいけど、適宜目を減らしていった方が(7目ごとに2目一度とか)、サドルを丸く包み込むように仕上がる。それに、周囲をただ長編みを4段もするのは非常に飽きるので、目数を減らした方が早く終わるという利点もある。
長編み4段のあとは、紐通し。長編み3目(別に2目でも4目でもいいです)、宙に鎖編み2目、前段の長編みの頭を2目とばして長編み3目、宙に鎖編み2目、を繰り返す。
鎖編みの紐を紐通しの段に通す。
こういうふうになる。
a0161826_4584832.jpg


上から見た図。
a0161826_4591544.jpg

これを自転車にかぶせて、紐をぎゅっとひっぱると、こうなる。
a0161826_4594355.jpg


これで、velib自転車サドルカバー、4種類できた!
並べてみると、幾何学模様のカラフルな印象がなかなかいい。
a0161826_5057.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-01-25 05:02 | 雑貨
三度目の挑戦にして、やっと、パリ公共自転車velib仕様サドルカバーができる。
後ろから見ても、
a0161826_5321816.jpg

前から見ても、ぴったり。
a0161826_5323677.jpg

パリ市中に大量にあり、どれも同じ、各々は無名のvelib 自転車であるが、お手製velibサドルカバーがあると、マイvelibな感じになるではないですか。
パリ観光なら、マイvelibサドルカバー持参! これさえあれば、今日からあなたもパリ市民!
なんて、誰もしないか。。。

しかし、広い世の中、そういうきとくなお方もいらっしゃるかもしれない。
そういうきとくなお方の為に、velib自転車にぴったりのサドルカバーの編み方・編み図を紹介。

はじめに注釈であるが、この編み図はvelib自転車用で、他の自転車にフィットするかどうかは全く保障できない。
今回の経験から知ったのは、自転車のサドルって、それぞれ形が違うということ。それもかなり違う。
ある自転車のサドルに合うからと言って、他の自転車に合う訳では全くない。
自転車もなかなか奥が深い。。。

まず、サドル上部、座る平らな部分を編む。
編み図とだいたいのサイズはこんなかんじ。
a0161826_5332292.jpg

鎖目のつくり目を14センチする。
一段目から4段目まで、両端で一目づつ増しながら長編みをする。
5段目から7段目までは増し目無しで編む。
8段目から目を減らす。8段目は両端で一目づつ減らす。言い換えれば、両端で二目一度をします。
9段目からは、両端で3目づつ減らす。言い換えれば、4目一度をする。これでぐっとカーブしていく。
13段目は、14段目が9目か10目くらい、幅が6センチから7センチになるように両端を減らす。これは、最初の作り目の数によって違ってくる。両端4目一度(両端でそれぞれ3目減らす)かもしれないし、3目一度(両端でそれぞれ2目減らす)かもしれない。
14段目は、増減無し。立ち上りの鎖3目を入れて、およそ9目から10目(8目でも11目でも大した差はないと思う)、幅が6センチから7センチくらいになるようにする。
そのまま増減無しで、21段か22段まで、長編み増減無しまっすぐの細い部分が14センチくらいになるように編む。
23段目(場合によっては22段目)は編み図のように編んで、先が若干丸くなるようにする。

続けて、編んだ形のものの縁を一周細編みをする。
こんなものができる。
a0161826_534337.jpg


続けて、この形の周囲に長編みを4段する。
長編み一段目は、くびれ部分を若干減らす。
長編み二段目は、細い部分の両サイドを、規則的に(例えば6目に一回とか)二目一度をして減らす。(この時に、くびれの部分では減らさない方がいいように思える。)
長編み三段目と4段目は、全体を規則的に(例えば6目に一回とか)二目一度をして減らす。
これで、サイドが丸っこく、サドルを包みこむようになっていく。

最後の段は、紐通し。長編み4目、宙に鎖編み二目、長編み4目、宙に鎖編み二目を繰り返す。
そこに単なる鎖編みの紐を通すと、こうなる。
a0161826_5342827.jpg


サイドの超省略編み図はこんなかんじ。
a0161826_5353293.jpg


全体はこんなかんじ。
a0161826_536443.jpg

これをvelib 自転車にかぶせ、紐をぎゅっとしめると、こうなる。
a0161826_5362789.jpg

これであなたもマイvelibサドルカバーの持ち主!

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-01-22 05:38 | 雑貨
26日の編み奇襲に向けて、パリの公共自転車velibのサドルカバーに挑戦するの巻、つづき。
昨夜、第一弾のフィットが甘いことが発覚。

昨夜得た知見をもとに、第二弾を編む。
a0161826_6245356.jpg

今回は、座るところの平面部分は、おおよそばっちり。
a0161826_625842.jpg

座るところの上部平面部分の編み図は、こんなかんじ。
a0161826_625311.jpg

強いて言える平面部分の難点は、先端がとがっていること。これは、サイドがはっきり落ちるようにしようと、角部分で4目一度をしたせいで、角が極端に立ってしまったと思われる。もっと丸く仕上げるべき。

平面部分はばっちりであるが、サイドにフィットの問題が。
a0161826_6255679.jpg

深さはぴったりで、サドルをうまく包み込んでいるが、くびれの部分で、今回はギャザーがよってしまった。これはすっきりしない。これは改良しないといけない。

ということで、自転車サドルカバーへの挑戦は、まだまだ続くことになる。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-01-21 06:27 | 雑貨
昨日パリ編み奇襲用に向けて編んだ自転車カバーをvelib につけてみる。
今夜は偶然15区の奥地、近くに地下鉄駅も無い不便な場所にあるレストランで友人たちと食事する予定だったので、そこへ行くのにvelib に乗ることにする。
で、その際に自転車カバーをいそいそとつけてみた訳である。
a0161826_883275.jpg

つけることは簡単にできたのであるが、今一つフィットが悪い。
何が悪いって、最大の問題は、ラインがくびれる部分のところ。
ここが難しいですね。どうも広がってしまうようである。
a0161826_8101862.jpg

丸い部分の端の辺から編み始め、増し目をして、減らし目をしたのであるが、もっと早い段で減らし目を始める必要があると思われる。それも、ぐっと減らす必要があると思われる。
さらに、サイドをもっと深くする必要もある。
さらにさらに、くびれる部分のサイドをどうするかが何よりも難題である。ここは余裕をつくった方がいいのであろうか。

自転車サドルカバー、なかなか難しい。
課題を多く残し、しかし知見も多く得ながら、明日もまた自転車サドルカバーに対峙することになる。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-01-20 08:12 | 雑貨