カテゴリ:編み糸処分市( 6 )

なんとサヨナラコットン糸さんたちは、即、行き先が決まってしまった。
今日はサヨナラ毛糸さんたちの写真をとる。

この毛糸さんたちもいくつかは、コットン糸さんたちと同じところに行くことが既に決まっている。
ただ、先方は洗濯機で洗えるものしか要らないそうで、手洗い表示のある赤いピノソフトメリノ、グレーのローワンの糸、それからPlassard のSonate は未だ行き先が決まっていない。

行き先が決まった毛糸の一つ、ドイツのウールローデル社のSoft Merinoシリーズ、393番グレー。
洗えるメリノウール100%。一玉50グラム、100メートルが4玉。
ウールローデルのハイデルべルグ支店で購入したもの。
a0161826_6411255.jpg


行き先が決まったもう一つの毛糸、イタリアのB.B.B. Filati の毛糸Atlas。ウール70%、アクリル30%。一玉50グラム、約200メートル、細めの毛糸である。イタリアのエルバ島に行った際、雨の日が数日続き、することもないので、Portoferraioの手芸店で2玉買ってみたもの。結局何も編まなかったのでで、そのまま残っている。
色は写真では分かりにくいが、紫色。
a0161826_641403.jpg


行き先が決まった三つ目はスペインのメーカーKatia の「変な糸」Ondasこれには悪戦苦闘したが、今はメーカーのサイトに動画の編み方チュートリアルがある。アクリル100%の糸で、一玉100グラム、約30メートル。
紫2玉、赤が一玉半。
a0161826_658493.jpg


次は、行き先が決まっていないピノソフトメリノ。これは、編み物をはじめて間もない頃、日本のネットショップで購入し、わざわざパリに送ってもらったもの。メリノウール100%。一玉40グラム、約60メートル、これが5玉ある。
太い糸で、棒針だと日本の10号から12号、かぎ針だと日本の6から8号、の表示。
赤の色合いがとてもいい。男の子や男性が着たら素敵な赤だと思う。
a0161826_64292.jpg


次はこれも行き先が無いフランスのメーカーPlassardの糸Sonate。玉のままの状態でも飾りになるような糸である。
38%ウール、38%ポリエステル、24%ポリアミド。一玉50グラム、約45メートル。
これはパリではじめて買った毛糸である。
この糸で、初めてかぎ針を使って編んだ。
この時編んだマフラーと帽子は、今回の整理の過程でごみ箱に去って行った。。。
これが一玉丸々、45グラムの玉、小さめの玉三つ、全部で150グラム、3玉分ある。
a0161826_6423080.jpg


行き先の無い毛糸三つめ。
イギリスのローワンのScottish Tweedで、色004。もう廃止のシリーズである。いにしえのLe Bon Marche手芸店のセールで買ったもの。(昔はよかったなあ。。。)
ウール100%。一玉25グラム、約110メートル。これがたった一玉半しかないが、ごわごわした感触があるので、身につけるもの本体に使うより、アクセントのラインなどに使うとなかなかいいと思う。
a0161826_643424.jpg


それぞれ思い出深い毛糸さんたちであるが、引越しという大事業を前にしては、仕方無い。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨夜は、こんがらがっていたにもかかわらず、長い間放っておかれていた糸さんたちを、ほどいて玉にする、という作業を一晩中する。
こんがらがった糸というのは、真に無用の長物。
引越し先に持って行ったって、こんがらがった糸は使えないし、こんがらがったまま寄付したって、寄付された方は困る。
日頃から怠けて、こんがらがった糸を放っておいたから、こういう時になって、追い詰められ状態で夜中に必死にほどくことになってしまう訳だ。
将来は、糸が混乱したら、すぐほどくぞ、とココロに誓う。

さて、引越しに向けて、膨大に所有する編み糸の整理をしたのであるが、暑い国では毛糸は無用と重々分かっていたも、それだけの理由で別れるのはあまりに名残惜しく、「要らないもの」に分類された糸は殆どない。

それでも、いくつかとはサヨナラすることを決意。
記念に写真を撮る。
今回は、コットン糸さんたち。

まずは、イタリアの糸、Filtoppa。フィレンツェのVia Faenzaにある手芸店で手に入れたもの。
その時の記事はここ
赤と青。コットン100%。一玉50グラム、約250メートル。棒針サイズ2-4ミリという表示。
a0161826_8415766.jpg

コットン100%だが、起毛している。
起毛しているから、コットン100%でも、暑い国ではちょっと。。。ということで、サヨナラ。

ブルーが6玉。
a0161826_8421981.jpg

赤も6玉。
a0161826_8423222.jpg


次、スペインのメーカーKatia のDuna。15区のrue Lecourbe にある手芸店で買った。これもコットン100%なんだけど、どいう訳か、和紙が入っているかのような手触りがする。
きし麺みたいに平べったい、太い糸で、一玉50グラム、約55メートル。
もう生産されてない糸のようである。これが4玉。
a0161826_843233.jpg


三つ目、フランスのメーカーPlassardCoton bio。フランス語では、「bio」とついていたら、有機、ということなのであるが、ラベルには有機コットン100%とは表示されていないな。単にコットン100%と表示してある。
一玉50グラム、180メートル。棒針サイズ3-3.5ミリと表示してある。
これは縮小される前のル・ボンマルシェで買ったな。縮小後もPlassard の糸は置いてあるけど。
このにんじん色5玉とサヨナラ。
a0161826_8524560.jpg


今回は、糸を売りに出す余裕もないので、パリ編み編み会に受け取って下さる親切なお方がいらっしゃれば、次回の編み編み会に持って行きます。
編み編み会には行けないけど欲しい、というパリ近辺ご在住の方には、手渡しますので、コメント欄の方にメールアドレスと共にご連絡下さい。(コメントは非公開にするので、ご安心を。)
郵送料を払ってでも欲しい、という方がいらっしゃれば、メールアドレスと共に、コメントの方にご連絡下さい。(これもコメント非公開ですので、ご安心を。)

誰も受け取って下さる方がいなければ、教会に寄付の袋行きになる予定。
ところで、いらない服、靴、その他はrue du Bac のSecours catholiqueが近いので、そこに持って行っている。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
日本の糸の項のかじゅあるリネンは全部行き先が決まりました。
カフェ木陰とピノソフトメリノのグレーさんも行き先が決まりました。
ありがとうございます!

編み糸大処分企画の最後。
今回はフランス、イタリア、スペイン、イギリスのメーカーの糸さんたち。
主にコットン糸。

提示価格には送料が入っていません。
送料のめやすや関税については、ドイツの糸処分の項をご覧下さい。
パリにお住まいの方は、直接お渡しするのが一番お得だと思います。

まずフランスから。
フランスの毛糸メーカーPlassard のコットン糸二種。

Plassard Gong シリーズから、色番952のシルヴァー。
a0161826_2232354.jpg

a0161826_2235824.jpgこのシリーズはエジプト綿100%で、光沢がある糸。
一玉50グラム、約130メートル。
棒針3.5ミリ、日本サイズでは5号。
ゲージ28目x36段。
4玉ある。
4玉で9ユーロ、1000円。








Plassard Nature Coton Bioの色番276オレンジ色。
有機のコットン。
a0161826_2242949.jpg

a0161826_2245177.jpg一玉50グラム、約180メートル。
棒針3ミリから3.5ミリ、日本のサイズ3-5号。
ゲージ24目x36段。

これも4玉あって、4玉で7ユーロ、800円。








次はイギリスの高級毛糸メーカーRowanから二種。両方ともパリのデパートLe Bon Marche のセールで購入したもの。

まず、Rowan Classic Cotton Jeans シリーズの、色番362、Sail Cloth という名前で、オレンジ、茶、生成りが混ざった糸。
コットン100%で、一玉50グラム、約75メートル。イタリア製。
a0161826_2251752.jpg

a0161826_2254389.jpg棒針4.5ミリ、日本サイズでは8号。
ゲージ19目x26段。
値札によると、もともとは一玉5.90ユーロだったらしい。
6玉で、12ユーロ、1350円。










Rowan 二つ目は、カシミア混ウール。ふわふわです。
Cashsoft DKシリーズの、色番523、草色。
a0161826_226134.jpg

a0161826_2263742.jpgエキストラファインメリノウール57%、マイクロファイバー33%、カシミア10%。
一玉50グラム、約130メートル。
これもイタリア製。
棒針4ミリ、日本サイズでは6号。
ゲージ22目x30段。

これはもともとは一玉9ユーロ(高いですねえ。。。)。
7玉で22ユーロ、2500円。





次はイタリアのメーカー。9月にフィレンツェに行った時、街の小さな手芸店で買ったもの。
Filtoppa という糸メーカーのもので、Ciniglia という名前のもの。
コットン100%なのであるが、起毛している。イタリア製。
赤と青を買ってみた。両者とも黒が混じっている。
これが赤。
a0161826_2281977.jpg

これが青。
a0161826_2284049.jpg

a0161826_2291035.jpg一玉50グラム、約250メートル。
表示によると、棒針2-4ミリ、日本サイズでは0-6号。
ゲージは残念ながら表示がない。

Filtoppaのサイトでは一玉1.50ユーロで売られているが、2ユーロは払ったような気がする。。。
まあ、兎に角、赤も青もそれぞれ6玉づつある。

赤6玉で6ユーロ、700円。




a0161826_2293688.jpg青も6玉で6ユーロ、700円。














だんだん疲れてきた。。。
もう一押しで、最後はスペインの毛糸メーカーKatia のものを4種。
暖かい国だからなのか、夏糸が強みのかんじ。
Katia の糸はフランスで広く流通しているようである。
パリでは、アウトレット店のCat'Laine でも見かけるし、15区の「Mercerie (手芸店)」という名前の手芸店(57, rue Lecourbe 75015)には沢山置いてある。

まず、Katia Linen シリーズの二種類。コットン53%、リネン47%。一玉50グラム、約112メートル。
棒針3.5-4ミリ、日本サイズで5-6号。
ゲージ22目x29段。
スペイン製。

色番3の生成り。
a0161826_22101914.jpg

a0161826_22104736.jpgとてもきれいなピュアでやさしいかんじの生成り。
私は姪が生まれたときに、ボンネットよだれかけを編んだ。

買った時にはアウトレット価格で一玉3.90ユーロだった。
6玉あって、6玉で12ユーロ、1350円。







これはグレーと生成りのツイード調。
a0161826_22111740.jpg

a0161826_22114857.jpgこれは5玉ある。
5玉で10ユーロ、1100円。













あと少し。。。
Katia の紙糸で、Katia Paper
色番7852の淡いすみれ色。
a0161826_22123142.jpg

a0161826_22125889.jpgセルロース100%、つまり、紙100%。
一玉50グラム、約115メートル。
一玉がかさばる、大きい玉。
棒針5-5.5ミリ、日本サイズで10-11号。
ゲージは13目x17段。

私はこのKatia Paper のブルーの糸で、友人に帽子バッグを編んだ。
とても素敵にできたので、来夏はまたブルーの残りを使って帽子を編もうかと思っている。

4玉あって、4玉で10ユーロ、1100円。

Katia の最後は、Katia Ondas
開くとネット状になる変わった糸。
この変な糸の編み方は、「ネット状の糸を試す」の項をご覧下さい。

a0161826_22133979.jpgアクリル100%。
一玉100グラム、約30メートル。
一玉でマフラーが一本できる。
棒針4.5-5.5ミリ、日本サイズでは8-11号。

色番84の赤。
一玉あります。
一玉2ユーロ、250円。







a0161826_2214550.jpg色番86の濃い紫。
二玉あります。二玉で4ユーロ、450円。













これで今回の大放出は終わり。
また日本に行く前にやります。
[PR]
[Siena の濃いベビーブルー行き先は決まりました!
ありがとうございます。大感謝で、お礼申し上げます。]


日本の糸大処分のブログページのクリック数が多いので、日本にいる読者の方々に申し訳ない気分になってきた。
私自身は何でもじらされるのは大嫌い。
物事はぱっぱっと進んで欲しい。

という訳で、ドイツの糸を大処分に出すことにした。

手持ちの編み糸を整理しながら、趣味は編み物、ではなく、趣味は「糸蒐集」とした方がいいな、まじめに思う。
でも、糸って、それぞれとても魅力があるのですよね。
何を編むか、という以前に、糸それ自身にそれぞれ魅力があって、つい買ってしまう訳である。
それ自身に魅了されてつい買ってしまった糸さんたち。
編まれないでうちのクローゼットの暗闇にいるより、編まれて日の目をみるようになって欲しい、と心から思う。

いつも通り、提示価格には郵送料が含まれていません。
郵送料は、糸をお望みの方の負担となります。
日本に郵送するには、10日ほどかかる普通郵便で、保障なしで、26ユーロ(2900円)から36ユーロ(4000円)かかります(昨日書いたレートは間違いでした、申し訳ありません)。速達だと、一万円以上かかります。
それでも欲しいという方は、どうぞご連絡ください。
次回私が日本に行った際までお待ちになれますなら、その際に日本からお送りします。
次回私が日本に行くのは法事がある4月頃と予定していますが、確定していません。4月に行かない場合は、なんと、年末になってしまいます。
ヨーロッパのフランス以外の国に送る場合は、少なくとも16ユーロかかります(重量によって変わるし、封筒入りか箱入りかでも値段は変わってきます。箱入りの方が高いです。保障がつくともっと高いです)。
北と南アメリカ大陸の国へも、25から35ユーロかかります。

さらに。。。日本や北南米への郵便物は、関税がかかるかもしれません。これは、運、不運です。私のこれまでの世界各地での経験では、親から送られてくる日本の干しうどんやだし昆布でさえ、運が悪いと税関にひっかかります。それで、親に何も送ってくれるな、と頼んだほどです。
運悪く税関にひっかかった場合、糸の行く先のご本人様に連絡が行きます。関税もご本人様のご負担になりますので、ご了承下さい。
フランス以外のヨーロッパの国の場合、EUの自由貿易内の国であれば、関税はかからないはずです。

以上、様々な制度の障壁を乗り越えてさえも、欲しい!とお思いのお方は、コメント欄に連絡先のメールアドレスを添えて、ご連絡ください。
ご連絡先が入ったコメントは非公開にしますので、ご心配なく。

さて、行きますよお!!

まず、ドイツの毛糸メーカーWolle Rödel から。
ハイデルブルグの商店街に支店があるので、私の手元にはここの糸が沢山ある。
Wolle Rödel の糸は、高品質、低価格。でも、どういう訳か、日本はもとより、フランスでも売っていない。
フランス在住の方は、ドイツに行く機会があったら、是非買ってみることをお薦めします。

Wolle Rödel の定番Sienaシリーズ
100%メリノウール。エキストラファインで、洗える。
全部一玉50グラム、約135メートル。
棒針3.5から4.5ミリの表示。日本サイズなら、棒針5号から8号。
ゲージ24目x32段。
日本で言うなら、合太か、細めの並太というかんじか。
通常は一玉3.75ユーロ(416円)で売られている。

まず、色番9957のこげ茶色。チョコレート色。
濃い、いいこげ茶で、使い勝手がある。こげ茶は私はとても好きで、ついこげ茶ばかり沢山蒐集してしまう。
a0161826_833497.jpg

a0161826_835451.jpg6玉ある。
6玉で12ユーロ、1350円。













色番9999のとても濃いグレー。これが、もう、日本やフランスでは稀に見る、ドイツっぽい色。鉛色とでも言うか。若干青みがかっているところがとても素敵。
a0161826_8353152.jpg

a0161826_8355732.jpg5玉あります。
5玉で10ユーロ、1200円。














色番9908のエンジ色。ピンクっぽくなくて、渋い赤が強い、いいエンジ色。
廃番の色のようで、Wolle Rödel のサイトには現在出ていない色。
a0161826_8362568.jpg

a0161826_8364873.jpgこれも5玉あって、5玉で10ユーロ、1200円。













色番9928の濃いベビーブルー。これもなんだかドイツっぽい色で買ってしまった。
a0161826_65045.jpg

a0161826_6502421.jpgこれも5玉で、10ユーロ、1200円。














Siena シリーズには多色のものもある。
これはSiena Big という並太シリーズのもので、ピンク、パープル系。色番14394。
a0161826_659231.jpg

a0161826_6594316.jpg洗えるメリノウール100%。
棒針5-6ミリ、日本サイズで言うと10-13号。
ゲージ18目x24段。

5玉で10ユーロ、1200円。









Wolle Rödel の定番コットン糸のMille Fili シリーズ
100%コットンの色がとても豊富なシリーズで、夏にはこのシリーズの糸でネックレスを色々と編んだ。
その中から処分に出すのはこのきれいなラヴェンダー色。
a0161826_1913416.jpg

a0161826_19133044.jpg棒針3-4ミリ、日本サイズでは3-6号。
ゲージ22目x30段。
使用例は例えば、このベル型花ネックレス

もともとは一玉2.45ユーロ。
3玉しか残っていない。3玉で4ユーロ。








次は、これもドイツのメーカーOnlineから、Linie シリーズ。Onlineの糸は、フランスでも米国でも売っている。

Linie 144 Galaの色番302。
とても素敵なこげ茶色。Siena のこげ茶色より、表情があるというか、若干光と明るみと紫味があるというか。
a0161826_6515076.jpg

a0161826_652122.jpgヴァージンウール100%で、洗える。
一玉50グラムで、約125メートル。
棒針3.5-4.5ミリ。日本サイズで言うと、5-8号。
ゲージ22目x24段。
イタリア製。

6玉あって、6玉で13.50ユーロ、1500円。
このシリーズの糸の抹茶色とこのこげ茶色で、去年甥の帽子を編んだ。





同じくLinie 144 Galaシリーズからで、色番61の抹茶色。
a0161826_190076.jpg

a0161826_1902770.jpg上のこげ茶色と一緒に甥の帽子を編み、クリスマスの靴下にも使った。
これもイタリア製。
3玉だけあるので、3玉で5ユーロ。












次はコットンのかせ糸で、Linie 12 Clip。
コットン100%。
一かせ100グラム、約166メートル。
棒針棒針3.5-4.5ミリ。日本サイズで言うと、5-8号。
ゲージ20目x26段。
クロアチア製。
これは色番42で、グレーがかったブルー。
a0161826_6523564.jpg

a0161826_6525362.jpg三本あって、三本(300グラム)で4.50ユーロ、500円。













これはベージュ。
a0161826_6531153.jpg

a0161826_6532879.jpg4本(400グラム)ある。
4本で、5ユーロ、580円。
[PR]
かじゅあるリネン全てとカフェ木陰はもう行き先が決まりました!
ご協力ありがとうございます。


昨日からはじめた日本の糸をパリで処分する第二弾。
昨日は毛糸だったが、今日はコットン、リネン、和紙系の糸。
これは日本が得意とする分野。

さて、処分する糸を整理するのは、思いもかけず、楽しい作業。
この糸さんたちが将来性のある良い方々の元に行って、編まれ、有用に糸生をまっとうし、同時に私のパリの狭いアパートにはスペースが沢山できるのであろう、と思うとわくわく。

前おきですが。。。
提示している価格には郵送料が含まれておりません。直接お渡しするのが一番お得だと思いますが、郵送する場合、フランス国内の場合5ユーロから8ユーロ郵送料がかかります。
欲しい!と言う方は、コメントに連絡先メールアドレスを添えて送って下さい。連絡先の入ったコメントは非公開にしますので、ご心配なく。

表示価格は、日本で売られている価格より安いですが、日本に住んでいらっしゃる方は日本で買った方が格段に安いです。日本に送るには40ユーロ(4500円)以上郵送料がかかります。
フランス以外のヨーロッパの国へは最低16ユーロの郵送料がかかります。

日本に住んでいらっしゃる方には、フランスとドイツで手に入れた糸を処分する際に買っていただけたら、大変お得で、糸さんも喜ぶかと思います。
フランスとドイツで以前手に入れたものの、使いきれなくて処分したい糸は沢山、沢山あります。乞うご期待。今しばらくお待ちください。

今日の最初は、アトールファインコットンのゴールド。色番8。
a0161826_631498.jpg

a0161826_6313175.jpg綿100%、一玉25グラム。
棒針3-4号、かぎ針2-4号。
ゲージ23目x35段。
日本からネット販売でとりよせたもの。ゴールド系は、日本がお得意の色で、つい買ってしまう。
和服の伝統なのか、ゴールド系と朱色系が日本は非常に多様。
ゴールド系は黄色が強いものから、緑がかったものまで、無限にある。
ヨーロッパにはなかなか無いですよ。
超高い送料と関税にもかかわらず、買ってしまう。
9玉で6ユーロ。

今日の第二走者は、柔らかい黄色が気に入って日本からネット販売でとりよせたもので、毛糸Zakkaストアーズのわくわくコットン
ベビーイエローとでも呼べそうな色合い。
a0161826_632041.jpg

a0161826_6322780.jpg綿100%。シルケット加工済。
一玉40グラム。
棒針3-5号、かぎ針2-4号。
ゲージ25目x36段。

5玉で5ユーロ。









次はスキーのつややかコットンカラフル
これも日本からネット販売でとりよせた。
これはピンク系。
a0161826_6332651.jpg

これはブルー系。
a0161826_6335243.jpg

a0161826_6341957.jpg綿100%で、一玉30グラム。
棒針3-5号、かぎ針3-4号。
ゲージ24-25目x30-31段。

ピンクは9玉で10ユーロ。











a0161826_6344351.jpgブルーも9玉で10ユーロ。
ブルーの使用例は、編み玉ビーズネックレスでご覧下さい。












次はラミー。ピエロのラミー100
ラミーは東アジア地域に生息する植物で、日本ではリネンの安価代替品として沢山売られているが、フランスやドイツでは見たことがない。
リネンよりぺたっとしないので、帽子やネックレス等小物系には有効な糸。
まず色番8で、黒。
a0161826_6351220.jpg

それから、色番1で白。
a0161826_6353376.jpg

a0161826_6355667.jpg一玉40グラム。
棒針3-4号、かぎ針2-3号。
ゲージ22目x34段。

黒は4玉で5ユーロ。
この黒はネックレスとブレスレットにいろいろと使わせていただいた。
例えばこの格子模様と花のネックレス








a0161826_6361724.jpg白も4玉で5ユーロ。














次。日本が誇る和紙糸ダルマ毛糸のカフェ木陰
こういうのは、ホントにヨーロッパには無い、日本独特のもの。
スペインのメーカーKatia が昨年から紙の糸を発売しているが、その質、感触、色、は日本のものとは比べ物にならない。

夏の帽子やバッグだけでなく、籠など日常の小物をつくるととても素敵。
a0161826_6365364.jpg

a0161826_6371369.jpg指定外繊維(和紙)100%。
一玉25グラム、約100メートル。
棒針10-11号、かぎ針6-7.5号。
ゲージ16-18目x7段、

色番5の黒い赤です。
5玉10ユーロ。








最後は、毛糸Zakkaストアズのアウトレット品で、リネン混コットン糸、かじゅあるリネン
着るものにはおすすめしませんが、籠やマットなど日用品をつくるには最適。
私はこれで籠をいくつも編んだ。
例えばこれこれ

綿70%、麻(リネン)30%。
一玉40グラム、約97メートル。
棒針3-5号、かぎ針2-4号。
ゲージ25目x32段。

a0161826_6375010.jpgこれは色番4の水色。
5玉で3ユーロ!













a0161826_6381883.jpg色番2のグレー。
5玉3ユーロ。













a0161826_6384578.jpg色番6で、これもグレー。色番2と殆ど変わらないのであるが、若干色が薄い。
5玉3ユーロ。













パリで日本の糸を整理しているうちに、日本の糸の良さを、日本の編み糸メーカーさんに分かって欲しい気分になってきた。
日本からネット販売を通じてわざわざ超高い送料と超高い関税を払って糸を買うのは、ヨーロッパで売られている糸には無い、独特の良さがあるから。
日本ではヨーロッパの糸が、種類が限定されているとは言え、いろいろと売られている。
でも、ヨーロッパでは、日本のメーカーの糸は、Noro以外見たことがない。
もしかしたら、日本のメーカーさんには、日本の糸の強みを売り込むコツが分かっていないのではないか、と時々思う。

と言う訳で、私の独断と偏見での観察による日本の糸の強みをまとめてみる。
1.絹。日本の強みはやはり絹ですよ。絹、絹混はヨーロッパではすごく高いし、稀。しかし、日本では絹とウール、絹とコットン、絹とリネン、など、絹が混合された糸が沢山、多様に、それもとても上手に、安価に生産されている。
2.紙糸。エコアンダリヤとか、カフェ木陰みたいな、紙風の糸。さすが昔から和紙をつくり、紙を拠って物をつくる国、こういう紙の編み糸は他国の追随を全く許さない。
3.ラミー。ラミーは東アジア地域に生息する植物で、日本ではリネンの安価な代替として沢山売られているが、フランスやドイツでは見たことがない。
4.細い糸。どういう訳か日本には細い糸が沢山ある。ヨーロッパだと、細い糸はレース編み用の白い糸は多いが、それ以外には2ミリの針で編むような糸は少ない。
[PR]
ピノソフトメリノグレー8玉は行き先が決まりました!
Noroとシルクブレンドエンジ色、こげ茶色とも、新しい里親さんの元へ旅立ちました。
ありがとうございます。


あり余る編み糸の行方に苦悩している訳であるが、昨日はフランスとドイツで手に入れた糸を日本で格安に皆さんにお分けするというアイデアを思いつき、評判も肯定的のよう。
azuさんと北のたぬきさん、コメントありがとうございます。
そうかあ、いいアイデアなのかあ、と喜んでおります。

でも、どうやって売ったらいいんでしょうね。
今日ちょっと調べてみたところ、個人の中古品販売は、日本では、「オークション」系が主流のよう。
私としては、より高い価格より、よりいい人にお分けしたい、という気持ち。つまり、価格に売る先を決めさせるのではなくて、自分で売る先を決めたい。
もともと自分で欲しくて買ったもの。
儲けるつもりははたと無く、それよりは喜んでいただける良いお方にお分けしたい、という思いが強い。
そういう市場はあるのでしょうかね。

どちらにしろ、次回日本に行くのはまだまだ先。
一方、糸は現在山のようにある。
という訳で、その合間に、フランスで日本から買った糸を格安で売ろう!と思い立ち、フランスEbayにアカウントを作る。

Ebayで売る日本の糸をざっと選んでみたところ、いやあ、出てくる、出てくる。。。
愕然としますね。

あまりに手つかず状態の立派なものが多いので、Ebayに出す前に、さぞかし高い毛糸の値段にお悩みであろうパリ在住の読者の方々に、先駆けアノンスをします!

来週月曜日までにはEbayに出そうと思うのですが、もし、欲しい!とお思いでしたら、どうぞコメント欄にメールアドレスと共にご連絡ください。非公開にしますので、ご心配なく。
表示の価格には、郵送料が入っていません。
直接お渡しするか、郵送の場合は郵送料が加わります。

今回はウール系で、明日はコットンとリネン系を出す予定。

まず、日本が誇るデザイナー毛糸、Noro。
パリではものすごく高い。。。
野呂英作 自然の世界、スーパースラブ
ブルー系の色番101。
a0161826_5471866.jpg

a0161826_5475435.jpg毛93%、キッドモヘア7%。
日本からネット販売で購入したもの。
一玉50グラム。
ラベルの表示では棒針10-12号、5.1-5.7ミリ。

8玉24ユーロで大放出。(送料別)









次は日本技術の誇るシルク混毛糸で、パピーのシルクブレンド
これも日本からネット販売で購入。
ウール80%、シルク20%。
シルクとウールは混ざりにくいのだが、そのチャレンジを乗り越えて、日本はシルク混が得意。
棒針5-7号、かぎ針6-8号。
ゲージ20-21目25-26段。
一玉40グラム。

a0161826_5483363.jpg色番150のえんじ色。
この写真の色より、ピンクがかりがちょっと強いかんじ。

10玉で、10ユーロ、大放出。










a0161826_549082.jpg色番157のこげ茶色。幅広く使える大変便利な色合い。
私もいろいろと使わせていただきました。例えば、西アフリカ風帽子

5玉で5ユーロ。










次は、ピノ ソフトメリノL、極太
メリノウール100%。
一玉40グラム。
棒針10-12号、かぎ針6-8号。
ゲージ16目x20段。
これも日本からネット販売で購入。

a0161826_5501240.jpg色番806の赤。
渋い、いい赤です。
私は色々と使わせていただいた。
例えば、甥の帽子や、クリスマスの靴下

6玉で10ユーロ。









a0161826_550338.jpg色番808のダークグレー。
これもとてもいいグレー。
8玉で12ユーロ、大放出。
[PR]