カテゴリ:その他発見( 67 )

昨日は、かぎ針編みアーティストのピエール・ベルナルド氏のレクチャーを聴きに行く。
A vos mailles というパリの編みアーティスト集団の展示会で催されたレクチャー。

展示会とレクチャーの詳細は昨日、パリ編み編みコミュニティ日記に報告したので、そちらをご覧ください。ベルナルド氏の作品の写真いくつか、それと今週26日の木曜日夕方6時半の編み奇襲情報、さらに同日7時からのカナダの大学の美術史の先生のレクチャーの情報もあります。

これは、A vos maillesが今回の展示会・ワークショップで共同制作した作品。
a0161826_7432582.jpg

この写真の左側にうつっている、生成り色の糸の流線形のものは、おそらくピエール・ベルナルド氏が関与したものかと思われる。
ベルナルド氏は、レクチャーで、かぎ針編みでつくる「forme (かたち)」の話を熱っぽく語って下さった。
私も時々このブログで触れているが、かぎ針編みは、有機的な立体化ができるのが醍醐味。私は、かぎ針編みを説明するのに、「ある意味で、陶器づくりみたいと言えるかも」と言ってきたが、ベルナルド氏は「彫刻をするようなものだ」とおっしゃっていた。
実際ピエール・ベルナルド氏の作品を見ると、かぎ針編みでつくるかたちの可能性に目を見開かれる。流線形の立体が、素晴らしい。

私が特に関心を持っているのは、こういう立体の螺旋状編み紐。
a0161826_743414.jpg

こういう立体の螺旋状のものがベルナルド氏の作品に様々な形であらわれ、私もこういうのつくりたい!と思ってじろじろ観察したのであるが、どうも編み方が分からない。
作り方がお分かりになるお方がいらしたら、是非、是非、教えて下さい。

さて、ベルナルド氏のレクチャーと作品に刺激を受け、昨日完成したvelib自転車サドルカバーを、もっとかぎ針編みの特徴を生かしたものにしよう、と思う。
かぎ針編みの得意技は、立体化と曲線。
で、少しはその特徴を生かそうと、サドルカバーを楕円で編んでみた。
で、やってみたら、この方が、昨日開発したやり方より簡単だった。。。
a0161826_7483663.jpg

a0161826_7485768.jpg

このタイプの編み方、編み図はまた明日。
(と思っていたのだが、今夜は盛り上がって、また一つサドルカバーを編んでしまった。。。もう寝るので、編み図はまたこんど。あしからず。。。)

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
今日はクリスマス。
クリスマスにパリにいるのは久しぶり。
で、街はどんな様子か見ようと、近所に散歩に出ることにする。
クリスマスはお店は皆閉まっているだろうが、教会は開いているだろう、教会のそばのカフェなんかも開いているだろう、と、教会方面に向かう。
いやあ、車が少なくて、空気がきれい、静か、なんて気持ちいい。今年の冬は今のところ、昨年等に比べてあまり寒くないし、散歩に絶好の日和。

まずサン・スルピスの教会へ。
a0161826_7392073.jpg

殆ど開いているのを見たことがないが、おおっ、開いている。
a0161826_7393727.jpg

拝ませていただきます。
a0161826_7395275.jpg


次、サン・ジェルマン教会。
周りでは恒例のクリスマス・マーケットもやっている。
a0161826_7401632.jpg

中に入ると、おおっ、オルガンのコンサートをやっている。
a0161826_7404382.jpg


ありがたいオルガン演奏を聴いているうちに、なんと、突然、変わり長編みの記号を思いついた。
先日ドイツからの列車内で学んだ、ポコポコ編みに使う編み目で、とりあえず変わり長編みと呼ぶことにしたもの。以来、どなたからも正式の名前についてのコメントをいただくことなく数日が過ぎ、従って、おそらく名前は無いと見た。ということは、記号もないだろう。

で、今日、この編み目を、正式に「変わり長編み」と名づけることにする。
この編み目の編み方は、この不器用者ブログこの日の記事をご覧下さい。
そして、オルガン演奏を聴きながら思いついた記号は、これ。
a0161826_7411351.jpg


ループが一つ多いので、それをちょっと頭につけてみた。
弱点は、変わり中長編みの場合、郵便番号の記号みたいになってしまうところであるが、まあいいや。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
すごい編み編みプロジェクトを発見。
ウォールストリートジャーナルを読んでいたら、世の中には、編み落書きというものをするアーティストの方々がいることを知る。記事はここ
このアート方式は、「yarn bombing (ヤーン・ボミング)」、直訳すれば、毛糸爆弾、と呼ばれるもので、落書き、グラフィティ、街の落書きアートを編み編みで表現するもの。

かいつまんで言えば、街中にあるものを、ある日突然、編み編みでくるんでしまうんだ。それも、ゲリラ的にやる訳です。

具体的にどういうものかと言うと、例えば記事の写真をちょっと見て下さい。この黒部ダム行きバス!すごいわあ。メキシコシティで走ってる黒部ダム行きバスらしいですがね。(日本のバスは世界各地で走っておりまする。ジャマイカでは、東京農大行きバスが首都キングストンの大通りをいつも走っていたものだ。)

さらに、グーグルでyarn bombing で検索して出てくる写真を見て下さいな。おおっ、すごいインパクト。

この毛糸爆弾、編み落書きをやっていらっしゃる方々のブログも見て下さいな。感動の作品の写真数々。
http://yarnbombing.com/
http://www.knitthecity.com/

編み編みで、無機質な都市の風景を美化する、という目的らしい。
私も無機質な出勤途中の風景に編み落書きしたいっ!っていう思いにかられておりまする。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
仕事が一件落着してきた不器用者。
年末は年末で皆様同様いろいろとあるのであるが、これまでの数ヶ月に比べればなんてことない。
何しろ、ほぼ毎日7時半前に家に帰宅、週末は土日フルに休みですよ。
ありがたや、ありがたや。

という話を久しぶりに会ったオランダ人の編み友(いわゆるソックニッターで、棒針編みで靴下をひたすら編むお方)にしていたところ、今こそ「編み編みヴァカンス」に行く時ではないか、と彼女が助言する。

「編み編みヴァカンス」とはなんぞや、と聞いたところ、なんだか、編み人が集まってクルーズしたり、ハイキングしたりして、ついでに編み編みワークショップやら毛糸生産所見学したりする企画ものが、この世の中にはいろいろとあるらしい。

例えば、このリンクは、棒針編み、かぎ針、ビーズ、などをテーマにしたクルーズを紹介している。
http://www.craftcruises.com/

フランスの田舎La Verderie という村での編み編み休暇。棒針編み、かぎ針編み、テキスタイルづくり。
http://www.knittingholidaysinfrance.com/

イギリスではこの手の編み編み休暇企画が多々あるらしい。
例えば、編み編み企画のあるホテル。
http://www.westcliffe-knitting.co.uk/
このサイトでは、ハンドメイド分野別に検索できるようになっている。
http://www.creativebreaks.co.uk/

ブルガリアでのレース編み休暇。
http://laceholidays.co.uk/

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
今朝読んだ新聞(相変わらずニューヨークタイムズの国際版のインターナショナル・ヘラルド・トリビューン)に、縄編みが新しい形で流行中との記事が出ていた。

Ship to Shore, Cables Take a New Twist
http://www.nytimes.com/2011/11/08/fashion/08iht-fknit08.html?_r=1&ref=fashion

かいつまんで言えば、もともとは船員さんたちの仕事着であったグレー、ネイヴィー、ベージュのフィッシャーマンセーターに使われた縄編みセーターが、特に異素材組み合わせで様々に使われるようになっていて、面白い、という話。
バーバリー、マーク・ジェイコブス、ミッソーニ等の縄編みセーターの写真が見られます。

縄編みは、立体模様として、非常に興味ある。
かぎ針編みの先生*Mati*さんが、最近、かぎ針編みのアラン模様をいくつかご紹介くださって、おおっ、そういうことも可能なのか、と目が開かれたが、かぎ針編みの縄編みとか、あるんでしょうかね。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
ドイツはハイデルブルグのWoolworthでレース編み糸を購入したあと、一体ドイツのWoolworthはアメリカの大チェーンスーパーWoolworth'sと関係あるのかちょっと調べたところ、もともとは関係あるのであるが、アメリカのWoolworth'sは1997年に看板をおろしたということ。
ああ、びっくり。80年代にはそこら中にあったのに。
各社との競合に勝てなかったらしい。
さらにそれを2011年まで知らなかった不器用者。。。

Wikipediaの記事を読んでいて、あら面白い、と思ったのは、昔のWoolworth'sの何が新しかったか、ということ。
Woolworth'sは1879年に安売り雑貨屋(百均みたいな。ドイツのWoolworth は今も99セントの商品の山が一階の正面に次々と並んでいる)として始まったのであるが、当時、何が新しかったって、今のスーパーみたいだったということ。すなわち、商品がいろいろと置いてあって、顧客は直接それを見ながら選ぶ訳です。
当時、雑貨屋さんに行くと、顧客は「これとこれ下さい」と要るものをはっきり提示して、お店の人がそれを出してくる、ということになっていたらしい。
商品を直接見て選ぶことができなかったのですよ。

で、思ったのは、今もパリの手芸店、そういうかんじですよ。
ドラグリーとか、順番に並んで、買いたいものをはっきり、これをいくら、これをいくら、とお店の人に言うことになっているではないですか。
個人手芸店では、毛糸に触ることは言うまでもなく、じっと見ることもはばかられる雰囲気。ちょっとでも足を止めて商品を見ていると、すぐ、「何をお探しですか?」と言ってくる。で、「見てるだけです」とはっきり言わないといけない。はっきり言えば放っておいてくれるけど、万が一、こんなものを探しているのですが、などと言ったものなら、奥からいろいろと出してきて、大変なことになる(奥には、表には置いていないいろいろなものがあるのである。。。)。
私が何で値段の高いLe Bon Marche の手芸店で買い物をするか、と言ったら、最寄りということが一番であるが、それと同時に、買い物が気楽だ、ということ。毛糸が沢山棚に並んでいて、直接目の当たりに見て、万が一触っても、何だかんだ聞かれない。質問があったら、お店の人に聞く、というかんじ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
今夜ドイツから帰って来たのであるが。。。
帰って来たとたん、ドアのベルが鳴る。
宅配等、訪問者は全て門番さん(コンシエルジュ)にまかせてあるので、ベルが鳴るといつも無視。
でも。。。
先週、門番さんの息子さんが亡くなったのです。
ちょっと緩んだお母さんの代わりにてきぱき物事を処理していた息子さん。。。
ゴミもいつも全部出してくださって。
ここしばらく見ないな、と思っていたら、突然、亡くなったという貼り紙が。
30代風の若い人であったので、詳しいことは聞くのはあまりにはばかれて、聞けない。
若い人が亡くなるというのは、これほど理不尽なことはないです。

と言う訳で、当然門番さんも数日お休み。
門番さんがお休みするの、ここに住み始めてからはじめて。
で、ドアのベルに対応することにする。

なんでしょう?
「近所なんですけど。インターネットのことでご相談申し上げたく。」
と若い女性の声。
ドアの穴からみると、黒髪の若い小柄な女性がいるようである。
で、ドアをちょっと開ける。

開けてみると、黒髪の小柄な大人しそうな、うるうるした大きな黒い目の若い女性の横に、ひょろひょろの小柄な大人しそうな男性が、ちょっと離れて立っている。

若い女性は、「インターネットがあったら、お借りしたいのですが。」
と黒目をうるうるして言う。
ウチのアパートには、数件、短期貸しをしている家主さんがいるようで、人がよく、数週間単位で入れ替わる物件がある。だいたいは英語圏の老若男女なかんじで、フランス人の若いカップルもよくいる。
そういうアパートに数週間入った人かな、と思う。
あらま、若いカップルだわ、かわいそうだわ、何か緊急だったら、メール一本、スカイプちょっとするくらいOK、と思う。

「インターネットありますけど、具体的にはどのようなことが必要なのでしょうか。」
若い女性は、「例えばパスワードを教えて下さるとか。」

そんなことする訳ないだろう。
にっこりして、「ごめんなさい、それはできません。」
で、すぐバイバイ。

インターネットが無くてはならないものであることは、重々分かる。
でも、それが無くてはならない重要なものだと理解しているなら、そもそもこんな高い家賃の地域にネット無しで借りないで、もっと安いところを借りてネットに金を払えや。

私が彼らの年齢だったら、と言うか、今でも、明らかにそうしたな。
狭くても、不便でも、ネットを優先したな。

それをしないというのは、怪しいな。

話は変わって。。。
ドイツはハイデルブルグの安売りスーパーWoolworth (アメリカの大Woolworth's と関連があるのか、いつも謎。。。)で、巨大レース編み糸が売られていた。(今調べたら、米国Woolworth'sは1997年に終わったそうだ。。。なんて浦島太郎。。。ドイツのWoolworth はもともとは関係があったらしいが、今は関係ないそうだ。)
一玉100グラム、580メートル。
3ユーロ65セントとか、そんなかんじ。
Woolworth はBismarckplatz のデパートKaufhof に向かって右手の道沿いにある。
2階にある手芸用品コーナーがフランスのスーパーとは比較にならないリッチさで、毛糸も種類は少ないとは言え、安価で大サイズの玉がいくつかある。

a0161826_54936.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
iPhone 関連記事を書いたら、スティーヴ・ジョブスが亡くなってしまった。
アップルが人生の軌跡とともにある世代の一般人(全然コンピューター詳しくない)としては、大変思いが深いです。
人生最初に身に着けた現代版パソコン操作は、アップルのコンピューター上であった(コンピューター関係では、それ以前、米国の中学で、BASICというコンピューター言語を必須科目として学んだけど、何がなんだかさっぱり分からず、全く自分で使えるに至らなかった。。。)。
20世紀最後の10年がはじまった頃、米国の大学のコンピューター室で学んだ。もうスティーヴ・ジョブスはとうにアップルをクビになったあととは言え、さらに社会ではIBM(当時はMS-DOSからウィンドウズを起こしていたような記憶が。。。)が明らかに伸びていたとは言え、大学では当時アップルは強かった。当時米国では、アップルは大幅な大学向け割引をしていたのです。今はハードウェアもソフトウェアも、どのメーカーも学生割引きあるけど。で、当時、米国の大学の学生向けコンピューター室は、殆どアップルのコンピューターで占められていた。今は過去の遺物となった「フロッピーディスク」を使って宿題のペーパー書いてましたね。で、「フォルダ」とか「ゴミ箱」という概念や、メールを学んだ。
という訳で、人生はじめて入手したパソコンは、マッキントッシュであった。あの小さいスクリーンの箱型のやつで、お古。
人生はじめて新品で購入したパソコンは、アップルのパワーブックであった。当然学生割引。パワーブック100番台。グレーでひだひだがついているやつ。カーソル操作はころころ回るトラックボールで。非常に正確でintuitive で、大変使いやすかったです。頭と指にパーフェクトにマッチするというか。ああ、懐かしい、トラックボール。

さてはて、今週末は、アップルよりさらに昔にかえって、なんとおりがみ。
ドイツの甥のところに来て、どういう訳か折り紙で花をつくろうということになる。
しかし、折り紙なんて、30年強やっていない。
鶴も折れるのか折れないのか不安な状態。
しかも、花なんて、とうてい折り方分からない。

で、花の折り方動画を調べる。
30年前と違って、思い立った瞬間、あっという間におりがみ花の折り方各種が、動画で、手のひらの上にあらわれる。しかも世界各地からの発信。

ブラジルの方と思われるjonakashimaさんから。
Origami Flower (おりがみ花)


オランダの方と思われるjoostlangeveldさんのチューリップ。


米国のfoldsomething さんのさくらの花。


折り目をひたすらつけるバラ。
オランダのbaarbabellaatjeさんによる26分ロングヴァージョン。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨日から、初のiPhoneから直投稿トライしているのだが、iPhoneに入っている写真をどうアップできるのか、未だ解明できず。
で、今回は文章だけ。
土曜日のパリ編み編み会で、ふくさんから大変ありがたくも、日本のアプリ検索アプリを教えて頂いた。
もう、はまりまくり。
おかげさまで、日本には、青空文庫という素晴らしい電子書籍図書館があることを、今さらながら発見する。
で、青空文庫関係アプリをいろいろと入れている訳です。

それぞれ、収集書籍の傾向が違うんですよね。
多々あるうちの一つiBunkoSは古典児童文学(ピーターラビットシリーズとか)が充実しているのですが、そこで、野菜さんが主人公のすごい児童文学を読んでしまった。
その名も、「ゴボウ君と大根君」
村山籌子作。1938年。
これが、もう、びっくり、唖然の展開。
頭の中が真白になった。
いつかちょっと読んでみて。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
どういう訳か今頃になってやっと夏が来たパリ。
金曜日の夜、モンパルナス界隈で友人とレストランで食事をしたあと外にでると、日中の暑さがやっと落ち着いて、涼しく気持ちの良い夜。
で、rue de Rennes をサンジェルマン・デ・プレ方面へ散歩することにする。

すると道すがら突然、編み野菜さんたちが横たわっていた。
時計店のウィンドウで、かぼちゃ、なす、トマト。
a0161826_251513.jpg

にんじんさんも。
a0161826_264012.jpg

なんだかまた野菜編みしようかという気持ちがふつふつと湧いてくる。。。が、未だ終わらない帽子をまず終わらせないと。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]