カテゴリ:はきもの( 17 )

今日はパリ編み編み会。
おかげさまで、なんと3週間手にとらなかったかぎ針と毛糸を手にとる機会を得る。

カリフォルニアのミニ餅毛糸、ネプチューンの虹で3週間前に靴下の片方を編んだのであるが、以来、仕事がまた忙しくなり、そのまま。
今日、もう片方がやっとできあがる。
a0161826_6501345.jpg

ミニ餅毛糸108番、ネプチューンの虹は、こんな毛糸。2ミリのかぎ針で編んだ。
a0161826_6535481.jpg

着画。
a0161826_651285.jpg


3週間も編み針を手にとらなかったのは、もしかしたら、編み物をはじめて以来初の経験かも。。。
久しぶりにかぎ針を手にとってみたら、手の動きがとてもぎこちなくなっていることに驚愕。
手を使うものは、日々の修行がかかせないことを改めて学ぶ。

ところで。。。
今日は雨だったので、編み編み会には大嫌いな地下鉄で行くことにする。
そうしたら、運の良いことに、編み編み会の会場近くの地下鉄駅構内で、地下鉄弦楽団Classique metropolitain の演奏会に遭遇!
猛スピード演奏のモーツアルトのアイネ・クライネ・ナハトムジーク。
改めて思ったけど、通路を行き交う人々の着ているものの色が暗い!典型的パリの装い。。。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
カリフォルニアのミニ餅毛糸で、早速靴下を編む。
靴下は10足め。9足めはここ
まずは、色119番、Lake Trail。
こういう毛糸。
a0161826_492349.jpg


これを編むと、こういう靴下になる。
名前の通り、まさに湖沿いの道っていうかんじの色。
a0161826_495380.jpg


毛糸が細いので、目の数がいつもより多く、従って、いつもよりちょっと面倒。
2ミリのかぎ針で編んだ。
作り目は鎖編み15目して、両端増し目しながら3段作り目の周りを編んだあと、まっすぐ14段編み、そのあと、かかとの穴。かかとの穴のあと、9段長編み。つまり、全部で長編み27段。最後に縁編みを一段。

はくとこんな感じ。
糸が細いので、いつもより薄地に仕上がる。靴もはける。
a0161826_410186.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
また残業の日々が続いている悲哀の労働者、不器用者。
先週末ドイツから帰る列車の中で編み始めた靴下を、今日やっと再び手にとる。

ドイツでは、こんなマルチカラー毛糸を見つける。
a0161826_6225646.jpg

ドイツのハンドクラフト材料メーカーRico Design のもの。これまでも同社製のビーズを時々買っていたので、おおっ、毛糸もつくっているのか、知らなかった、これは発見、ということで、買ってみた毛糸がこれ。Creative Poems aran、ウール100%。一玉50グラムで、3.95ユーロ。

これで靴下を編んだら面白いことになるのではないか、と考え、編んでみたのがこれ。
これで9足目になる靴下。8足目はここ
a0161826_6233328.jpg

微妙な色合いの多色の変化がきれい。
ドイツからの列車は、普段はパリまで一本直通なのであるが、列車のバッテリーがまたもや上がってしまう。で、二回も乗り換え、しかも二両編成の普通列車で独仏間の国境を超える始末。
その列車の中で、「あらまあ、きれい、何かしら」「靴下だと思うわ」とささやきあっているフランス人女性二人組みの声が聴こえ、にんまり、得意な気分。

編み方はいつもと同じで、*mati*さんレシピをただ長編みで編んだもの。
今回は作り目の鎖13目、つま先の増し目は3段で、そのあと各段38目を11段まっすぐ編んだ。

幅がちょっとゆるい。
自己着画。
a0161826_6235746.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
寒いよお。
とにかく気温が低い。
今週末はドイツはハイデルブルグに行っていて、パリに今帰ってきたところであるが、アパートの暖房を切っていたので、寒い。寒い。寒い。
ドイツから帰ってくる列車は、またまた問題が起こって、大変な旅になるのであるが、その話はまた次回。
今は寒いんだ。

ドイツに向かう列車の中で、毛糸パンツ二枚目編みに励み、お陰で、この寒い中重宝した。
軽くてあったかいよお。これは手放せない。
a0161826_6364997.jpg


最初に編んだ毛糸パンツと同じ編み方。
で、細かい話は無し。
糸が前回より細いので、前身頃は作り目81目、後ろ身頃は作り目89目。
これで、大きめにできた。で、ウェスト周りの紐は必須。
それ以上言うこと無し。寒いんだ、とにかく。

仕様糸は、昨年の正月に新宿南口のユザワヤのワゴンセールで買ったベビーアルパカ。
この正月に見たら、まだ売ってたよ。
a0161826_6372353.jpg

それに、15区のrue Lecoubre の手芸店で買ったKatiaのモヘア糸Ingenuaを一段おきに混ぜてある。モヘア75%、ポリアミド13%、メリノウール9%。
a0161826_638910.jpg


とにかく素晴らしい、アルパカのパンツ。軽くて暖かい、雲を着ているみたい。
この寒さの中ではもう一枚編みたい感じ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨日編み上げた、何のことはないがしかし苦行であったビーズ入りレッグウォーマーである。
a0161826_4462556.jpg


苦行であるとは言え、また何かの事情で編むこともあるかもしれないので、編み始めから、増し目部分、さらに縁への移行部分を編み図で記録してみた。
a0161826_4465378.jpg

鎖目60目を輪にしてはじめ、一段目はただの長編み。
二段目から模様編みをはじめる。模様は何でもいい。お好みをどうぞ。
20段目と21段目は図のように増し目をした。それぞれ4目づつの増し目になる。
34段まで編んで、35段目はただの長編み。
36段目から縁。Bのところにビーズを入れる。

続いて、作り目に戻って、作り目の鎖を拾いながら、細編みとピコット編みをしながら縁を同様にはじめる。

アルパカは軽くて柔らかくて、帽子でも靴下でもレッグウォーマーでも、着用するには素晴らしいです。
下着にもいいだろう。
ということで、次は、アルパカ糸でパンツをもう一つ編もうかな。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨年末の靴下八足編み以来、はきものが続いている。
今回はレッグウォーマー。

レッグウォーマーは今まで編んだことがない。
まっすぐ(単調に)大きいものを二枚も編む、というのは、怠け者の不器用者にとっては、その作業を想像するだけで、息が苦しくなってしまうこと。

避けてきたレッグウォーマーであるが、事情で緊急にレッグウォーマーが必要になったのである。

話は長くなるが。。。
右足の外反母趾が最近悪化してきたことに気づいた。
これ以上進行させてはならないと、つま先が丸いブーツを購入することにする。(折りしもセールだし。)
そういうブーツがあるだろうと行った店には、思った通りのブーツがあったのだが、いかんせん、黒のロングブーツは売り切れ。同じ型のショートブーツを買う。
しかし。。。私は冬には基本的にいつも同じ格好をしていて、ストンとしたワンピースにレギンス、そしてロングブーツ。今さらワードローブを全部変える訳にもいかず、ロングブーツ無しではとても困る。
ロングブーツはそのうち見つけるとして、当座はどうしよう、と一瞬考えて、思いついたのは、そうだ!ショートブーツの上にレッグウォーマーをはけばいい!

と言う訳で、レッグウォーマーを編みました。思った通り、苦行、大変だった。。。(ロングブーツを買う決意をする。)
これは片方の図。
a0161826_826284.jpg

使用糸は、黒もグレーも、昨年のお正月にオカダヤで購入したAlpaca Peru
2.5ミリのかぎ針使用。

本体は、鎖目60目を輪にしてはじめ、一段目はただの長編み。
二段目からは、「かぎ針編みパターンブック300」(日本ヴォーグ社)の模様159。
20段目と21段目はそれぞれ4目増し目をした。これはふくらはぎの部分。
34段まで編んで、35段目はただの長編み。

上と下にはビーズのついた縁をつける。
a0161826_840921.jpg

a0161826_827541.jpg

これは先日東京で購入した「エジングとブレード、かぎ針で編む、とびきりかわいいデザイン106」(日本ヴォーグ社)の015の応用。
作り目の鎖目のところを、細編みにした。つまり、35段目の長編みの頭に、グレーの毛糸で細編み入れて行く。細編みしながら、ピコットを、ビーズを入れながらする訳です。
ビーズは、目立たなく、しかしひそやかにおしゃれな感じにしたいと、毛糸と同系色で鈍い光のもの。
上は17粒、下は15粒使用。

a0161826_8534467.jpg


これを、ショートブーツの上にはく。
こんな風に。
a0161826_8291361.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
まりちゃんにパンツを編んだので、自分にも一つ編んでみようと思い立つ。
私は生理痛が重く、寒い冬にはことさらつらい。いつも貼れるタイプのホカロンを日本から持ってきて、下腹部につけることにしているのであるが、その上にさらに毛糸のパンツをはいたらいいだろう、と思うところ。

パンツはこの夏、ビキニを編んだ際にパンティ型のものを編んだのであるが、以来、ショーツ型のものも編んでみたいと思っていたし。
その際に報告したパンティ型のパンツの編み方は、パリ編み編みコミュニティ日記この記事をご覧下さい。

かぎ針編みのパンツの編み方・編み図はネット上ではなかなかみつからないのであるが、夏にビキニを編んだ際に見た米国のサイトにショーツ型のボトムのビキニがあったことを思い出し、それを見てみる。
このページである。
編み方を読んでみたところ、前と後ろ、同じものを編んではいでいるのだが、どう考えても、この通りにやって写真のようなローライズでぴったりフィットのショーツになるとは思えない。従って、後ろはこの通りにやって、前は異なるものを編むことにした。
すなわち。。。

前はただの長方形。
a0161826_1621476.jpg

後ろはこんなV字型。
a0161826_16231348.jpg


前は作り目の鎖目を65目して、長編みをただただ16段した。これで長方形ができる。

後ろは、作り目の鎖目を75目して、長編みを16段したのであるが、各段、前段の中心にある目に長編みを3目入れている。これでV字型のものができる。
長編み3目を入れるところの編み図はこんな感じ。
a0161826_16233061.jpg


その後、V字型と長方形のそれぞれ、真ん中の11目を拾って、長編みを2段。これが股の部分になる。

V字型と長方形の両サイドと、股の部分の小さい長方形をはぐ。
そうすると、驚くなかれ、こういう、まさにローライズのショーツ型のものができるのである。
a0161826_16235420.jpg


後ろは、V字型になっている。
a0161826_16241728.jpg


このはき口に紐通しとなる縁をつける。
長編み二つ、宙に鎖編みを二つ、を繰り返した縁。増し目はしないで、まっすぐ編む。
そうすると、後ろのV字型の角度がゆるむだけでなく、これは驚いてくれ、まさにパンツらしく、後ろに自然な緩みができあがるのである。またもや、かぎ針編みの醍醐味を堪能する瞬間。
a0161826_16244675.jpg


紐通しにかわいいゴムを入れるといいと思うが、手元に無いので、編み紐をつけた。
a0161826_16251673.jpg


びっくりするほど、はきやすい。

使用糸は、ドイツのWolle Rödel のSoft Merino。今回は実験なので、安価で太めの糸を使ってみた。
a0161826_17115184.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
東京にやってきた。
飛行機の中では靴下8足目を編む。6足目、7足目はここ
a0161826_11351461.jpg

これは母の。
作り目12目で、両端増し目の間の長編みは11目。
両端増し目をしながら3段ぐるぐると編み、そのあと増し目無し、各段36目で11段。

以前、母の帽子とマフラーを花模様のモチーフ使いで編んだが、それと同じ毛糸で編んだ。

本体はAnny Blatt のSublime シリーズ、Terre (土)色。70% ウールで、30%シルク。
a0161826_11363070.jpg

このSublime Terreは今回靴下を編むのにぎりぎりの量しか残っていない。
そこで、足首は短くし、別の毛糸でラインを二本入れた。
ラインはRowan のScottish Tweed。
a0161826_1137328.jpg


これを履いた母は、なんて履き心地がいいの!と感動している。

さて、不器用者にとっては、これが今年最後の編み編み作品。
皆様、良いお年をお迎え下さい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
未だ靴下を編み続ける。
なんと、6足目と7足目。
しかし、前回の大失敗から学び、奢りの心を持ってはならない、常に初心の気持ちで、と柄にもなくシンミョウに取り組む。

で、失敗なくできた。

これは、足デカ弟の奥さま用。弟のものと同じ毛糸だが、縁に使ったものを本体にし、本体に使ったものを縁に使う。
a0161826_1014955.jpg

今回本体に使っているゴールド系の糸は、Rowan のLima
ベビーアルパカ84%、メリノウール8%、ナイロン8%。色は886。
a0161826_10143872.jpg

作り目13目から、増し目の間の長編みは12目した。3段両端増し目して、まっすぐ編むところはそれぞれの段38目で12段。
ちょっと彼女には大きめなかんじだが、普通の靴下の上にはいてもいただけるし。

次、これはまた父用。既に父用の靴下は編んだが、第一足目だったので、左右同じにできなかった。で、なんだか悪いな、という気がして、もう一つ編む。
a0161826_10151035.jpg

作り目15目から、増し目の間の長編みは14目した。3段両端増し目して、まっすぐ編むところはそれぞれの段42目で12段。

毛糸は、第一足目と同じ、Schachenmayr SMC のAlpaka だが、色違い。アルパカ100%、ペルー製。
縁は、おとといル・ボンマルシェのセールで買ったAnny Blatt のVogue、モヘア73%、らくだ14%、メリノウール13%。フランス製。
a0161826_10161941.jpg


ところで、サンタさんは一時間前にパリを通りすぎました。今はアイスランドにいるらしい。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
靴下5足目。4足目レポートは不器用者ブログのこの記事
今回は編み友のオランダ人女性へのプレゼント。
ソックニッターなので、棒針編み靴下は捨てるほどあると思われるが、かぎ針の靴下は一足も無いだろう、という遊び心ではじめる。

4足目で靴下編みはお手のもの、なんて自信を持った不器用者、すいすいと片方を編み、編み目数、段数も細かく記録し、もう片方もその通りに編む。
やったあ、できたあ!とハイテンションではいてみたら。。。
あれ、右がきつくてはいらない。。。
で、双方を並べてみる。
あらあら、サイズが違うじゃない!
a0161826_847512.jpg


えっ、なぜ?どうして?目数も段数も全く同じハズなのに。。。!
大困惑して、両方、じろじろと比べる。
ふーむ、なんだか、右の方が目がずいぶんきついなあ。。。今日はきつく編む気分だったかしらねえ。。。
で、突然、はたと、大変根本的な間違いをおかしたことに気づく。

使ったかぎ針のサイズが違うんだ。
最初のは3ミリのかぎ針だったのだが、二つ目は2.5ミリのかぎ針を使ってしまった訳ですねえ。
なんてぼーっとしてるんでしょうねえ。自分でもほんっとに、つくづく、あきれます、とほほ。。。

で、3ミリのかぎ針で二つ目を最初から編むことになる。
両足同じのができた。思った通り、針のサイズ間違いであった。
a0161826_8484177.jpg


それにしても、3ミリと2.5ミリの違いで、こんなにサイズが変わるとは。まさに一回りサイズが違う。
これで、靴下のサイズの調整が、目数、段数だけでなく、針のサイズでもできることが判明した。
という訳で、失敗から学んだ、ということにしておこう。

使用毛糸は、Schachenmayr SMC Alpaka。アルパカ100%、ペルー製。本体は色155番、縁は99番。ドイツはハイデルブルグにあるデパートKaufhofの手芸売り場で購入
明るい青の方は以前購入、99番チャコールグレーは今回ハイデルブルグに行った際に購入。
チャコールグレーはこんな様相。
a0161826_8592326.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]