カテゴリ:アクセサリー( 112 )

今週末は久しぶりに土・日お休み。
本当にお休みで、持ち帰り仕事もなし。ほっとするなあ。

で、やっと母の帽子をはじめることにする。
母は花模様が好きなのであるが、立体花の四角モチーフ帽子は、あまりにひらひら、かわいすぎなので、平面の花モチーフにしようと、まず考える。

不器用なので、編み技術だけでは到底対応できない身、いろいろと術を使わないといけない。
立体花ではなくても、平面花でもなんとか立体の術は使えるか、いろいろと試してみるが、うまくいかない。
次に同色異素材の術に出てみるが、これもどうも納得がいかない。

で、新しい術を試してみることに。
その名も、多色多種糸づかいの術。
多色と言っても、三色。今まで、同系色の多色は使ってきたが、全く違う色を三色使ったことはない。
初の試み。
多色づかい、しかも異なる種類の糸を使うことで、何か面白い動きがでるか、やってみようではないか。

で、色々試したあげく、こういう、三色づかいの平面花モチーフにすることにする。
a0161826_3134685.jpg


赤、紺、茶、の三色。
赤は、Debbie Bliss のCashmerino Aran (55%メリノウール、33%マイクロファイバー、12%カシミア)に。。。
a0161826_3141663.jpg

モヘアを二本混ぜている。つまり、全部で三本どり。
赤の糸がマットでストレートな糸なので、モヘアを混ぜることで、風合いを出す、というもくろみ。モヘアを一緒に編むと、光沢が出るし、起毛するので、光の反射具合が複雑になって、面白みがでる。
モヘアは、Rowan Kidsilk Haze (70%スーパーキッドモヘア、30%シルク)、色は595番。
a0161826_3143862.jpg


紺色は、ローワンの、Scottish Tweed。以前セールで買った、もう販売されていないシリーズ。
100% pure new wool (って何?ただのウールと何か違うのであろうか。。。) 
a0161826_3151469.jpg

これを二本どりにして編んでいる。
二本どりにするのは、赤の糸の太さに合わせるため。
これはごわごわしたツイードの糸で、それ自体既に毛羽立っているので、モヘアと一緒にしない方がいい。モヘアと一緒にすると、この糸が持つ動きのある色味と風合いが見えなくなってしまう。

花の周りの枠は、またもや、Anny Blatt のSublime シリーズであるが、今回はTerre (地面)という名前の色。これを帽子本体に使う予定。
a0161826_3153879.jpg


モチーフは、今年のはじめ、黒とグレーの二色の帽子に使ったもの。
このモチーフを8枚つなげて、輪にする。

それだけでも、頭につけると、ヒッピー風なヘッドバンドになる。
a0161826_316946.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
土曜日も全員出勤状態がしばらく続く会社に勤める不器用者。
しかし、今夕、やっととった美容院の予約があったので、どうしても行く。
で、美容師さんから、今夜、夏時間から冬時間に変わることを教えていただく。
あらまあ、大変!すっかり忘れていた。
欧州にお住まいの皆様、今夜は時計を一時間後ろに戻しましょうね。
月曜日は、一時間寝坊しても、寝坊になりません。やったあ。

時間が変わることには気がつかなかったにもかかわらず、立体花の四角モチーフ7枚編み、輪につなげた。
a0161826_6102481.jpg

とりあえず、経過報告まで。
今夜は、帽子本体の模様について考えます。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨夜できた大輪二重花の骨董ボタンつきネックレス、昼間の光で写真を撮る。
a0161826_21205264.jpg


糸はリッチモアの絹和紙。
a0161826_21264321.jpg


大きい花をアップ。
中心にビーズを入れてある。
a0161826_2127103.jpg

小さい花と紐の部分をアップ。
格子模様の紐にこげ茶色のリボンを通してある。
a0161826_2127451.jpg


大きい花は、文化出版局の「モチーフとエジング」31番。

小さい花は、まず、内側はこんなかんじ。
「わ」の作り目から、中長編みを23本入れて編んでいった。
花びらは、細編み、中長編み、中長編み、長編み6本、中長編み、中長編み、細編み。
a0161826_21281374.jpg


内側の花ができたら、糸を切る。
外側の花を、内側の鎖目の青くぬった目に針を入れてはじめる。
外側の花びらは、細編み三目、中長編み二本、長編み6本、中長編み二本、細編み三目。
花の最後に引き抜き編みをしたら、そのまま続けて鎖目48目して、紐をつける。
a0161826_21284032.jpg


紐にリボンを通し、花に骨董ボタンをつけると、シンプルだけど存在感のあるネックレスのできあがり。
a0161826_21293115.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

Creative Commons License
Three big flower necklace/ 立体花三連ネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://iknit.exblog.jp.
[PR]
立体の花モチーフをつなげて帽子かバッグをつくるハズだったのだが。。。
ネックレスにしよう、ということになる。
こういう、花三連。
a0161826_5593917.jpg

花のそれぞれ中央に骨董貝殻ボタンが入っている。
紐は格子編みの編み紐にこげ茶色のリボンを通したもの。
糸は、リッチモアの絹和紙。
しゃりしゃりしているので、帽子にいいかと思ってはじめた訳だ。

夜に写真を撮ったので、あまりよく分からないかんじ。
また明日、日中の光で写真を撮れば、若干少しよく見えるかも。
a0161826_6072.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
朝から晩まで、さらに昨日土曜日まで仕事の不器用者。。。
でも、今日日曜日は、新開発鎖編みネックレスを色違いで試してみる。
こういうの。
a0161826_23161510.jpg

アップ。
a0161826_23164534.jpg

糸は、毛糸雑貨ストアーズで買ったプレジデントラミーで、色520番。ネイビーと書いてあるが、どうみても、緑がかっているし、ネイビーと言えるほど青が濃くない。
濃いターコイズブルー、と私だったら呼ぶかな。
a0161826_2317951.jpg


ラミーガーデンより太いので、できあがりは若干ラミーガーデンで編んだものより繊細さが弱いかんじ。
前に下がっているボタンは、骨董天然貝殻ボタン。
a0161826_23173337.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
やっと土曜日。
ふうっという思い。
三週間前にドライクリーニングに出したものを、やっととりに行く。クリーニング屋さん、アパートの隣にあるんだけど。。。
それから、一日中、ピアノの練習をする。どうせ超へたっぴだし、ヘッドホンで弾いているので近所には聞こえないし、何も考えないで、楽譜通りにただただひたすら、同じ間違いを繰り返しながら弾くのみ。

懸案のネックレスも最後の仕上げを、とうとうする。

三玉一袋で450円のラミーガーデンがこんな美しい姿に。
a0161826_4462618.jpg

殆ど鎖編みばかりからなっているのであるが、これが、なんとも素晴らしい。
繊細で上品で、立体性と動きがあって、自分で言うのもなんだが、傑作だわ!

まず、小さいビーズを一目一目に編みこんだ鎖編みの紐を三本編み、三つ編みにする。
a0161826_4471469.jpg

そのあと、金属アレルギー対策のバッファーゾーンとして、格子模様の編み紐を編む。
この編み紐はこんなかんじに編んだ。
a0161826_4474892.jpg


ボタンは骨董貝殻ボタン。
ただの細編み丸モチーフにつけてあるだけ。
a0161826_4484421.jpg

それを、金属アレルギー対策バッファーゾーンにつけただけ。
バッファーゾーンの花びらの根元に鎖編みでつけた。
a0161826_4503143.jpg


あまりに気に入ったので、別の糸、ビーズ、ボタンでまたつくってみようかな、と思ったりしている。
a0161826_4513794.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

Creative Commons License
Chain stich necklace by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://iknit.exblog.jp.
[PR]
明日早いので、もう寝る。
ダッシュで、骨董ボタンつけがどうなったが紹介。
糸始末していないが、こういうことになった。
a0161826_8243860.jpg


困難したのは次の2点。

困難1:下げる位置。
この位置がほどよいです。
これより下だと、紐が下がりすぎ。
これより上だと、紐がつる。

困難2:ボタンに通すビーズ。
紐に使った極小ビーズを使いたかったのだが、小さすぎ、加えて糸が細すぎで、ビーズがボタンの裏に動いてしまう。
で、断念して、大きいビーズにした。。。(小さいビーズの方が輝きが複雑にできていて、ずっと面白いのだが。。。)

次回は、糸始末後の完成品と詳細紹介予定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨日の続き。
ビーズ入り三つ編みに金属アレルギー対策バッファーゾーンをつけるべく、試行錯誤。
ビーズ紐三つ編みの良さをキープすることが焦点。
様々に試したところ、今のところ、こういう格子模様、ピコット編みつき紐を編んで、そこにビーズ紐三つ編みをゆるく通すことにする。悪くないですね。
a0161826_4113514.jpg

でも、そこに、どうしても、骨董貝殻ボタンを下げたいのですよ。
a0161826_4122096.jpg

でも、ボタンを下げると、また、様子が変わってしまうのです。
ボタンには、軽量でも、重量があるのです。
で、下げたときに、バランスが全く変わってしまうのです。
重力のせいです。。。

さて、どうしよう。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
甥のものとリリアンに脱線したが、ゴールド系の実験に戻る。

先週末、ハイデルブルグで道を歩いているときに向こうから自転車に乗ってきた女性がつけていたネックレスを見て、あることを思いつく。
一瞬見ただけだったが、その瞬間にふと思いつく。
前回、糸に超小粒金ビーズを通して紐をつくったのだが、できあがりは、ただのメタルチェーンみたいになってしまってがっかり。
それを改良するアイデアを思いついたのですよ。
で、つくったのがこういう紐。
a0161826_1918656.jpg

前回と同じく、ラミーガーデン(色31)で鎖編みをして、その鎖目一つ一つに超小粒金ビーズを編みこんだ。
そういう紐を三本つくって、三つ編み。

それだけなのだが、それだけで、おおっという仕上がり。
三つ編みなので、ボリュームと立体感があるし、各目にビーズが入っているので、ビーズの輝きと糸のふんわり感が合わさって、繊細かつリッチ。
a0161826_19185418.jpg

それだけなのだが、ビーズ入れが大変。
鎖編み紐一本あたり80個、全部で240個ビーズを通した。。。
はじめは4本つくって、四つ編みにしようかと思ったのだが、二本目やった時点でこりごり、三本やった時点では、もう超こりごり。

さて、これだけで素晴らしく、何か加えると蛇足になりそうなのだが、しかし、金属アレルギーの身、このメタル加工のビーズはちょっと危ないな。
ということで、これに、さらに一レイヤーかけて、この三つ編み紐を身から遠ざける必要がある。
で、それをどうするか。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
今日は革命記念日。
革命記念日の午前中にはシャンゼリゼで軍の行進があり、夜にはエッフェル塔で花火がある。
で、極小ビーズを糸に通していると、夜11時頃、花火の音が聞こえてきた。
日本の花火とは比べものにならないちゃちな花火であるのだが、ため息をつきながら極小ビーズを入れていたところだったので、見に行くか、と外に出る。

最寄りで一番良く見えるのは、エッフェル塔に直面しているavenue de Saxe だろう、と思ってそちらに向かう。
歩く道すがら、猛スピードでエッフェル塔方面に向かう車が何台も。ちょっと怖い。
通りにつくと、付近住民風の方々(私もそうだったが、つっかけサンダルで、てぶらで出てきたかんじ)がplace de Breteuil に集まっているので、そこで適当に見ることにする。
広場の中央にある像には、人が沢山上っている。
a0161826_9472023.jpg

玉は小さいは、高さはないは、バラエティが少ないし、盛り上がりに欠けている。
日本の花火だと、「おおっ、これはすごい!」というものがいくつかあるものだが、一つも無かった。
ま、でも、良い息抜き。
極小ビーズとの戦いに戻る。

さて、苦労して極小ビーズを沢山入れてつくったのは、これ。
a0161826_9481348.jpg


らせん状ねじり紐を編んで、そこに極小ビーズを通した糸を通す。
ビーズ紐には骨董貝殻ボタンを通した。
a0161826_9491793.jpg


極小ビーズをただ糸に沢山通して、それを紐として使う、というのは、サン・マリノで学んだ手法。

使用糸は、毛糸Zakkaストアーズのラミーガーデンの色31番。
a0161826_950138.jpg


ま、着けられないことはないが、大したことはない。
超失敗作のあと、いろいろ考え、試し、ああしたりこうしたり、ほどいたり、ボタン入れたりはずしたり、そして苦労して極小ビーズを入れたのだが、ビーズがただの普通のチェーンにも見え、感動のないものになってしまった。。。
ふうっ。。。
a0161826_9505475.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]