<   2010年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

マリー・アントワネットに触発されたネックレスの開発を開始する。

a0161826_3484176.jpg実験第一弾はこういうもの。
二重の花を「波」の紐につけてみた。
花の中心にはビーズをつける。
ビーズは編みこんでいるのではなく、花を仕上げてから、最後につけてみた。











これの一体何がマリー・アントワネットか、という感じだが、先週の土曜日に初めて訪れた「マリー・アントワネットの離宮」 で知ったのは、彼女は素朴な趣味だったということ。本殿の方が絢爛豪華趣味なので、彼女もデコデコが好きだったのだろうと思いこんでいた。しかし、この週末の不器用者ブログで紹介した、彼女のおもちゃ農具に下がっている花モチーフのついたブレードにも表れているように、実は、シンプルかつ繊細な草花が好きだったようである。
象徴的なのは、例えば離宮にある英国式庭園の花畑。見事です。
a0161826_3491761.jpg


a0161826_3493660.jpgあるいは、彼女の寝室。イギリスのB&Bみたいだ、と一緒にいた友人と感想を述べ合ったのであるが、今で言えばカントリー・シックとでも呼ぶようなスタイルのデザイン。













という訳で、マリー・アントワネットの趣味に触発され、シンプルで、草花的で、流線形のデザインを目指しているところ。
a0161826_3495942.jpg


Creative Commons License
Marie Antoinette necklace/ マリー・アントワネット風ネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]
日曜日の最大の難関は、アイロンがけである。
職場はありがたいことに服装基準が非常に緩やかで、毎日カジュアルな服装で通勤しているが、それでもしわくちゃのカジュアルシャツやしわくちゃのカジュアルズボンで行く訳にはいかない。
生来不器用なので、アイロンがけは本当に、本当に苦手。どういう訳か、アイロンをかけたと言えるのか、という仕上がりにしかできない。
あまりに下手なので、長いことアイロンがけを主目的に、少ない収入の中からわざわざ週に2時間だけお手伝いさんを頼んでいたくらいである。
しかしながら、去年、節約しよう、と思ってしまったのが運のつき。。。以来自分でアイロンをかけることになってしまった。
日曜日は朝から、アイロンをかけないとなあ、と一日中思い、何か理由をみつけては後回しにしている。
秋、冬、春はなるべくアイロンがけを必要としないものをいつも着ているが、夏はコットンを避けて通る訳にいかないので、どうしてもアイロンがけをしなければならないものが多くなる。大変なストレスである。
今日も朝から、アイロンをかけないとなあ、と思いながら、いや、修行をまずしないと、と言い訳して、アイロンをかけないまま今に至る。

今日は、先日つくったあいまいなブルーの丸モチーフネックレスにおそろいのブレスレット。実は、昨日見たマリー・アントワネットのおもちゃの飾りに触発されて、新しいデザインの開発に進みたい、というふつふつとした気持ちがあるのだが、その前に、まず残っている課題をやってしまわないといけないという義務感で編む。

丸モチーフシリーズ締めの作品なので、特に新しい点はない。

糸は、主に使用したのはKatia Linen のツイード調水色の糸。コットン53%、リネン47%のスペイン製。
以前のこの日の不器用者ブログに写真がある。

a0161826_68878.jpg丸の周囲三段目に使用しているブルーグレーの糸は、お気に入りのドイツWolle Rödel社のMille Fili シリーズのもの。コットン100%。











a0161826_682759.jpg二段目の細い線に使用しているのは、スキーのつややかコットンカラフル
これは、以前苦労して日本からのネット販売で買ったものの一つ。
Katia LinenやMille Fili よりも大分細い。
糸玉は大変きれいな色合いだが、編んでみるとそうでもない。
長編みよりも細編みの方が素敵な編み上がりになるというのが使ってみた感想。





a0161826_6852100.jpgビーズは二種類使っている。
一つは、近所のデパートLe Bon Marcheで売っている多面カットのビーズのシリーズの一つで、ブルー系のものから、薄い水色のものを選んで使用。











a0161826_69852.jpgもう一つは、ドイツ、ハイデルブルグのアート材料店Deine Idee で手に入れた、穴の大きいブルーグレーのビーズ。価格が非常に安いし、形が不揃いなところが面白い。
お店の紹介はこの日の不器用者ブログをご覧下さい。








できあがり。
a0161826_20464220.jpg


Creative Commons License
Round motif bracelet/ 丸モチーフブレスレット by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]
ニューヨークから夏休みで来ている米国人の友人が、ヴェルサイユ宮殿を見たいと言う。
ヴェルサイユ宮殿は、ただただ広大で、これでもか、これでもかとひたすら絢爛豪華なだけで面白いと思ったことはなく、何よりものすごい人ごみで大変疲れるので、全く好きではない。できれば行きたくない場所である。
しかし、2006年にオープンしたマリー・アントワネットの離宮を訪れたことがないので、それを見るということで、行くことにする。
パリからはRERC線に乗って20分くらい、Versailles Rive Gauche という駅で降ります。

このマリー・アントワネットの離宮にあるLe Jardin anglais(英国式庭園)がとても良かった。草花の咲く自然を楽しむつくりで、隅から隅まできっちり計画された人工的な噴水庭園よりずっといい。

マリー・アントワネットは「ごっこ遊び」が好きで、特に農家ごっこが好きだったことは有名だが、彼女が農家ごっこをするための小さな農場(Le Hameau)があって、野菜畑や水車小屋があり、豚やヤギなどの家畜が走っている。

マリー・アントワネットが生活したお屋敷は博物館になっていて、寝室や化粧室、音楽室等が当時の家具とともに見られる。当時としては大変珍しいトイレがあって、これは観光の目玉と言えるでしょう。
この写真は英国式庭園で、右上に頭を出している四角い建物が、お屋敷です。
a0161826_6215925.jpg

ヴェルサイユ宮殿オフィシャルサイトのこのページで、マリー・アントワネットの離宮のスライドショーが見られる。左下の「Download Slide-shows」のところにある「See the slide-show」をクリックして下さい。

このお屋敷の博物館で、当時のタッセルとブレード(編み紐)を見つけた。
農家ごっこのお芝居をする際に使用されたおもちゃの農具にぶらさがっていたものらしい。
花のデザインが複雑、繊細で、素敵。
a0161826_6222758.jpg

a0161826_6224748.jpg

お昼ごはんをLe Potager du Roy (王様の野菜園 住所:1, rue du Maréchal Joffre 78000 Versailles, Tel: 01 39 50 35 34)というレストランで食べたのだが(全体的に少し塩辛いかんじ。鯛のミルフィーユという前菜が素晴らしかった)、そこにこんなクラフト・アートがあった。
なんと、金タワシでつくったマリー・アントワネット風帽子。
a0161826_6231570.jpg

[PR]
La Ciotat の話はもう過去のものかと思っていたのだが、映画を発明したルミエール兄弟が撮った世界初の映画シリーズの一つである、L'Arrivée d'un train à La Ciotat (La Ciotat に到着する汽車)をYoutube で見つけた。
これ、私がマルセーユから乗ったローカル路線ですよお。この駅で降りて、この駅から乗ったのですよ。。。。いやはや。
1895年に製作されたもので、大変著名な映画である。頻繁に耳にする巷の噂によると、大画面で近づく汽車の臨場感に観客がおののいて劇場から逃げ出したという話であるが、それは実は誇張らしい。。。しかし観客が驚いたというのは、本当らしい。
旧い映画なので、著作権無し。是非ご覧下さい。

いやあ、普通の人々や子供の着ているもの、そして動きが大変興味深い。
動画の発明というのは、すごいことですね。



同時代では、同じくらいの画期的な発明は、インターネットであろう。
動画も含めて世界中のあらゆる情報が、どこにいても瞬時に見ることができる。

今日は、ニューヨークのファッションレポーターがこの秋冬ファッションを解説するのをスライドショーで見た。
相も変わらず、愛読紙ニューヨークタイムズである。
最後の方にニット物がいくつか登場する。
“Chunky” なニットが今季は流行だそうである。“Chunky”というのは、ごろごろしているというか、量感があるというか、そういうものです。とても変わっていて素敵なDior ディオールのフィッシャーマンセーターが出てくる。
すぐ編める小物に特化している不器用者には、程遠い世界か。
New York Times のこのページRuth La Ferla on Fall's Best Looks をご覧下さい。
[PR]
ブルーグレー系の糸三種で丸モチーフネックレスをつくる。

a0161826_6415234.jpgこういうもの。














a0161826_643339.jpg
今回は後姿を少しばかり新しいスタイルにする。
フリンジを紐に使った丸モチーフブレスレットからの発展形態で、ネックレスの紐の両端をフリンジ風にする。
些細な違いなのであるが、作り方は手順が煩雑。
フリンジを編みながら紐を編み、同時に編んでいる紐をビーズと丸モチーフに通していかないといけない。前もって段取りを計画し、その通りに進まないといけない。



a0161826_6432579.jpgまず糸に大きいビーズを通す。

糸端に鎖編み4目編み、続けてフリンジの端下がる玉を編む。
はじめの鎖目に長編み三目の変わり玉編みを入れ、さらに鎖目三目、そして玉編みを入れたのと同じ目に引き抜き編み。
この「下から編む」フリンジの玉の編み方は昨日の不器用者ブログをご覧下さい。
変わり玉編みの動画はピエロのあみこもびよりのここをご覧下さい。この中長編み三目を長編み三目にすれば良いだけ。

続けて鎖編みを10目ほどする。

この鎖編み10目の紐をビーズに通す。
それにはまず、最後の鎖目の輪に別の糸の切れ端を通す。

a0161826_6444643.jpgその切れ端の糸をビーズに通す。














a0161826_6452164.jpg切れ端の糸を引く。
鎖編みの紐がビーズに通る。

最後の鎖目の輪に針を入れ、鎖編みを続ける。
さらに140目する。









a0161826_645515.jpg最後の鎖の輪を残したまま、糸を40センチほど残して切る。
鎖編みの紐をとじ針に通す。












a0161826_6463954.jpgとじ針を一番上の丸モチーフの適当なところに入れ、紐をモチーフに通す。













a0161826_6474614.jpg紐をまたビーズに通していく。
最初に紐をビーズに通した時と同様に、最後の鎖目の輪に別の糸の切れ端を通し、続けて糸の切れ端をビーズに通す。











a0161826_64814100.jpg糸の切れ端を引く。














a0161826_6484455.jpg最後の鎖目の輪に針を入れ、鎖編みをさらに4目し、フリンジの端の玉を編む。
これで、フリンジ風の編み紐が丸モチーフに通った。











スエード調のグレーの紐を丸モチーフの同じ場所に通し、二本の紐を適当にからめ、最後にスエード調のグレーの紐もビーズに通す。
できあがり。
a0161826_6495523.jpg

Creative Commons License
Round motif necklace/ 丸モチーフネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]
La Ciotat の話はもういいとして、修行に戻る。
今回は、La Ciotatに行く道すがら、TGVの車内で開発した丸モチーフのブレスレットの詳細について。

a0161826_63124.jpgネックレスの時 と同様に、丸モチーフ大、中、小をビーズを入れながらつなげていく。
今回は、大サイズ一枚、中サイズ二枚、小サイズ二枚。
全ての丸の中心に使う色の糸に、全部で21粒のビーズを入れることになる。









a0161826_633051.jpg大、中、小の丸モチーフの編み図は左の通り。
相変わらずヘタクソでごめんなさい。












a0161826_632549.jpgこれに、ネックレスでフリンジとして利用したものを、紐として今回は利用する。
その際に、長さを調節することを目的とした大きいビーズを入れることになる。
そのために、ネックレスの場合と異なる編み方をする。
すなわち、下から編んで行き、最後にモチーフに編みつけるのである。

まず、鎖目を4目する。






a0161826_634357.jpg上の写真の矢印の鎖目に長編み三目の変わり玉編みを入れる。














a0161826_6343351.jpg続いて鎖目を三目し、玉編みを入れたのと同じ鎖目に引き抜き編みをする。













a0161826_635893.jpg続いて鎖目を適当に、15、6目編む。














a0161826_6354623.jpgこれを二本編み、二本両方を一緒に上からビーズに通す。














a0161826_6361132.jpg二本の紐をそれぞれ、小モチーフに編みつける。













できあがり。
a0161826_6364774.jpg

TGVの車内では、向かいに5歳くらいの女の子が座っていて、相変わらずピンクの服装をしていたのだが、黄色のヴァージョンを開発している間彼女が興味津々で見ていた。しかし、できあがりにはあまり感動を見せてくれなかった。一方でそれまで寝ていたお父さんの方ができあがりを腕に回したその瞬間に、深いため息をついて「なんてきれいなんだ」と感嘆して下さった。
こちらとしては、お父さんの感想にはあまり興味はなく、やはり、他の女性が褒めてくれないと、ちょっと気になる。
ピンクだったら女の子も感動してくれたかな。

紺色とこげ茶のヴァージョンもつくってみた。
a0161826_6372854.jpg

Creative Commons License
Round motif bracelet/ 丸モチーフブレスレット by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]
あまりにLa Ciotat が気に入ったので、スライドショーまで作ってしまった。
TGVとローカル電車からの景色から始まり、La Ciotatの港、海、夜店、街中の路地の様子を並べてみた。


[PR]
La Ciotat は今回初めてであるが、超穴場の大発見。
サン・トロペ、カンヌ、ニースのような世界各国のセレブが集まるコート・ダジュールの老舗高級リゾートのような、素敵なブティックや有名レストランや高額有料ビーチは全くない。隣町の有名なヨットハーバーCassis のように白いリネンのシャツを着たお金持ちのヨットマンや米国人観光客がひしめいている訳でもない。

観光的には見るものは何もなく(強いて言えば、世界で初の有料映画館か。ルミエール兄弟が世界ではじめての映画を撮影したのがLa Ciotatである。とは言っても、この映画館はオンボロで、復旧のための寄付を募っていた。。。)、従って、ホテルの部屋はこの辺りとしては比較的安い。
一晩50ユーロのホテルの部屋さえもある。この季節にこの場所でこの値段は超安値。

何のへんてつもない町であるが、地中海沿岸の村に典型的な趣きと魅力がある。
いくつもの細い石畳の道が、海へ向かって下りていく。
窓からは洗濯物がぶら下がっている。
まるでイタリアの漁村のよう。
a0161826_1935276.jpg

ビーチは町中にあり、しかし水は澄んでいて、魚が沢山泳いでいる。
魚と一緒に泳ぐのが大好きな私にはもってこい。蛸もいた。
これがパリからTGVで3時間半。マルセイユの駅からは車で30分。
プロヴァンスの「本に出ている」村も、世界遺産も、サン・トロペもニースも、もう全部行った、見た、という、特に観光目的がないパリ在住者が、単にちょっと2、3日地中海の太陽と風にあたり、海で魚と一緒に泳ぎたいという時にはもってこいである。
従って、町もビーチも子供連れのフランス人家族で一杯。
月曜日の今日は、ビーチも昨日よりは空いている。
a0161826_194325.jpg

町のメインの商店街には、全く何も特別なものはない。「プロヴァンス」とも「コート・ダジュール」とも名打ったものはない。しかし、地元の一般買い物客で賑わっている。
そこで素敵なコレクションの古着屋さんを見つける。
フランスのブランドLa Fée Maraboutéeの冬用のツイード上下を35ユーロで手に入れた。
a0161826_1983162.jpg

旧港の周囲では、夏は毎晩午前二時まで夜店が並ぶ。
これがまた、日本の夏祭りの夜店のようなもので、怪しいものばかりが売っている。
子供と酔っ払いのみが買う訳の分からない「お土産品」が並んでいるという風。
ここになんと、ヘンプアクセサリーのアーティストがいた。
ヘンプ糸で、ネックレス、ブレスレット、指輪をつくっている。
イタリアの先っちょSalento 出身ということである。
a0161826_19103867.jpg

どこの国の出身なのかと聞いてくるので、「日本人だ」と言うと、「息子が日本語を学びたいと言っているのよお」と言い、英語が上手ね、と言うので、米国で育った、というと、「昔米国人のボーイフレンドがいたのよお」と言ってくる、まさに夏祭りの夜店っぽい怪しい会話。
自称ハンドメイドアーティストはいつも支持することにしているので、だまされたと思って、指輪を色違いで4つ買う。四つ買うからおまけしてよ、と言ったら、なんと、たった1ユーロだけおまけしてくれた。。。
a0161826_19105841.jpg

[PR]
by iknit | 2010-08-24 19:20 | お店
ひょんなことから、突然コート・ダジュールに来る。
La Ciotatというマルセイユの東側の小さい港町で、コート・ダジュールと言うより、プロヴァンスの海辺と言った方が適切なところ。

朝9時16分にパリのリヨン駅を出発のTGV(フランスの新幹線)に乗って、マルセイユに12時35分に到着。そこからローカル普通電車で30分ほど。

地中海です。。。La Ciotat の駅から長いビーチを抜けて、旧市街の「旧港」に行く途中。
a0161826_1619234.jpg

La Ciotat の旧港に面したホテルの部屋からの景色。
a0161826_16193940.jpg

海岸沿いの小道の景色。素敵!と思うでしょう。。。ところが。。。
a0161826_1620595.jpg

上の写真の地点から後ろを向くと、実はこんな状況。
砂糖にアリがたかるように人が群れているビーチが延々と続く。これがまさに夏のコート・ダジュール風。。。
a0161826_16202671.jpg


さて、TGVの中では、丸モチーフのブレスレットをつくってみた。
丸モチーフを5枚つかってある。大サイズ一枚、中サイズ二枚、小サイズ二枚。
丸モチーフのつくり方は昨日の項、丸モチーフネックレス、つくり方をご覧下さい。 
詳しくはまた。今日は陽にあたったので、眠い。。。
a0161826_16211657.jpg



Creative Commons License
Round motif bracelet/ 丸モチーフブレスレット by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]
丸モチーフのネックレスのデザインが一応完成したような気がするので、最初の試作品の紺色とこげ茶色のものをやり直す。
a0161826_5465515.jpg


さて、今回は作り方を紹介。

a0161826_5472068.jpgまず、主に使われる色の糸にビーズを通す。この糸は、全ての丸モチーフの中心(一段目)に使われるもの。
ビーズは、大サイズの丸には一枚あたり5粒、中サイズと小サイズのものには一枚あたり4粒使うので、全部で18粒通す。









a0161826_5475256.jpgまず一番上にくる大サイズの丸をつくる。
鎖編み5目を「わ」にして作り目をする。
立ち上がりの鎖編みを2目し、続いて作り目の「わ」に中長編みを9目入れる。
この時に、中長編み一目め、3目め、5目め、と奇数目にビーズを一つづつ編み込む。









a0161826_5481639.jpg糸を変えて、立ち上がりの鎖目2目めに引き抜き編みをする。これで一段目終わり。
続いて、立ち上がりの鎖目を一目編む。
次に、細編みを、前段の中長編みの頭それぞれに二目づつ入れる。











a0161826_5483655.jpg糸をまた変えて、立ち上がりの鎖目に引き抜き編みをする。これで二段目終わり。
三段目は、まず立ち上がりの鎖目を一目し、続いて、前段の一目めの細編み目に細編みを一目入れる。前段の二目めの細編み目には細編みを二目入れる。このように、細編み一目、細編み二目を、前段の細編み目の頭に入れていく。
最後は立ち上がりの鎖目に引き抜き編みをして、おわり。






a0161826_549489.jpg次の丸は、糸を変えないで、一色で同様に編む。
三段目の適当なところで、最初に編んだ丸の三段目の細編みの頭一本に針を入れながら細編みを続け、モチーフ二枚をつなげる。










a0161826_5493376.jpg三番目の中サイズの丸は、鎖編み4目を「わ」にする作り目からはじめ、一段目は、「わ」に細編みを7目入れる。あとは大サイズと同様に編む。
最後の小サイズの丸は、中サイズと同様に編み、二段目で終わりにする。

編み図はそのうち描きます。。。何しろ絵を描くのは生来苦手なので。。。







a0161826_5495516.jpg次にフリンジをつける。
中サイズの丸と小サイズの丸がつながった辺りで、編み目を二本ほど拾って針を入れ、糸を引く。












a0161826_5595010.jpg鎖編みを18目から20目くらい、適当にする。














a0161826_61388.jpgさらに鎖目を4目し、その4目の最初の目に針を入れ、長編み三目の変わり玉編みをする。
変わり玉編みの編み方の動画は、ピエロさんのあみこもびよりサイトのここをご覧下さい。掲載されているのは中長編みの変わり玉編みであるが、長編みでも要領は同じ。








a0161826_62385.jpgさらに鎖編みを三目し、玉編みの長編み目を入れた鎖目に引き抜き編みをする。













a0161826_625983.jpgこれでフリンジが一本ついた。
これを5本つける。













a0161826_6172253.jpgできた。















一番上の丸モチーフに、紐を通して、できあがり。
a0161826_64830.jpg

a0161826_642739.jpg


Creative Commons License
Round motif necklace/ 丸モチーフネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]