<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

年末年始の休暇で東京の実家に来ている。

a0161826_64144.jpg飛行機では、O*hanaさんの「うねうねマフラー」みたいに編もうと思ってうまくいかなかったマフラーを、再トライ。
O*hanaさんのアドヴァイスに従って、各段増し目をして行ったところ、うねうね、というより、ひらひらになった。

今回は長編みと長々編みを使用。
長々編みをするときに、増し目をしてみた。すなわち、前段の一目に長々編みを二目入れる。













a0161826_6413129.jpg今度こそマッシュルーム帽子におそろいになるように、マッシュルーム帽子と同じビーズを両端の裾の方のひらひらに適当に入れ、赤いファー風の糸で縁を編んでみた。










できあがって発見したのは、首まわりの部分が襟のようになるということ。
ということは、裾の方ではなく、首まわりにビーズを入れた方がいいだろう。
a0161826_64211.jpg


ところで、姪の帽子とケープの着画。かわいい!
a0161826_646552.jpg


皆様、よいお年をお迎え下さい。
[PR]
本来なら歳末の大掃除をするべきなのであるが、帽子をたてつづけに二つ編んだので、おそろいのマフラーを編まないと、という思いもある。
しかし、作業場としている居間の一角は広がるばかりで、一角ではなくなっている状態。
未だに夏に使用したリネン糸の残りがころがっていたりする。
このまま年を越す訳にはいかない、と思う一方、マフラーを編まないと、とも思う。

あれもこれも、どうしよう、と言うわけで、2時間でできる手抜きマフラー。

a0161826_6384455.jpgO*hanaさんのウネウネマフラーみたいのを編もうと思ったのだが、できあがってみると、若干カールするだけ。
編みがゆるすぎて、あまりカールしないことになってしまったと思われる。
(今、O*hanaさんに教えていただいたところによると、増し目をするそうです。O*hanaさんのコメントご参照下さい。O*hanaさん、いつもご指導ありがとうございます。次回は増し目をしてトライする予定。)

編み方は、以前見たThe Sunroom さんのSunroom Spiral Scarf - Crochet のようにしてみる。ちょっと変えて、中長編み、中長編み、長々編み、を繰り返してみる。

すると、長々編みのところがぷっくりとして、面白い編地になった。
カールはあまりしなかったけれども、これは予想しなかった、新しい発見。

長さ90cm、幅10cm。


a0161826_6392829.jpgマッシュルーム帽子に合わせてあみはじめたのだが、入れるビーズを間違えていたことに最後に気づく。
気がはやるとロクなことがないですね。
ビジュベレー帽で使ったビーズを入れてしまったので、ファーの糸も、ビジュベレー帽で使ったものにした。










しかし、ゴールドの糸を使わないと、あまりおそろい感がでない。。。
本末転倒とはこのこと。
いつかまた「おそろい」をきちんと編まないと。。。
a0161826_6401216.jpg

[PR]
今日はもう、極寒。
家の中にいても、壁から冷気がただよってくる。
こう寒くては、サンタさんもかなわないだろうなあ。
CNNによると、サンタさんは既にもうヨーロッパは足早に通り過ぎたようで、今はアフリカ方面にいるらしい。

さて、新しいデザインの帽子を開発してみた。
丸いものをつくってみようとトライして、できたのがこれ。
マッシュルームみたい。
フランスにはきのこ類はいろいろあるが、そのなかでも、champignon de Paris (パリのきのこ)と呼ばれ、日本ではマッシュルームと呼ばれるきのこみたいな形。
という訳で、マッシュルーム帽子と名づける。
a0161826_10451851.jpg


a0161826_10455190.jpgベレー帽を編むように増し目をして編んでいき、しかしベレー帽と違って、減らし目に入らないで、そのまま増減無しでしばらく編む。
そして、ある時突然ぐっと一気に減らし目をする。
そのあとまた増減なしで、細編みをしていった。

ぐっと減らし目をした段に、あとからモヘア糸二本どりで鎖目4目のかざりをつけた。





a0161826_10465041.jpg模様は、玉編み模様を三段。
長編み、宙に鎖目一つ、前段の目を一つおいて、次の目に玉編みを一つ、宙に鎖目を二つ、先に入れた玉編みを同じところに玉編みをもう一つ、宙に鎖目一つ、前段の目を一つおいて、次の目に長編み。
次の段からは、全段の玉編み二つの間の鎖目を束に拾って玉編み二つをする。









裾は赤いファーの糸で細編みをした。
かぶりやすいし、なかなか面白い趣きの帽子。
a0161826_10471867.jpg



Creative Commons License
Mushroom hat/ マッシュルーム帽子 by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]
by iknit | 2010-12-25 10:51 | 帽子
姪のお母さんに編んだベレー帽がとてもかぶりやすいし、素敵なので、自分にも一つ。
こげ茶色の糸を何種類か集めて編んでみた。
自分のものだと思う存分実験、冒険できるのがいい。
前回のように、かぎ針編みと棒針編み合体で、裾の部分が棒針編みの二目ゴム編み。トップはかぎ針編み。
a0161826_6456100.jpg


a0161826_4223664.jpgまず、輪針でこういう丸い二目ゴム編みのものをつくる。













a0161826_4233761.jpg次に、トップ・クラウンをかぎ針で編む。
長編み主体で、細編み、模様編みを混ぜてある。
糸は、Rowan のFelted Tweedの145番こげ茶、Rowan のLima シリーズ二色886番と887番、シルク入りモヘアのLana Grossa Silkhair 二本どり、さらにファー風の糸Schoeller & Stahl というドイツのメーカーのPuppengarnも一段使っている。

最後に、これを上の二目ゴム編みの縁に細編みでつける。



a0161826_455516.jpg模様は、玉編み二つづつのものを一段。
ピコット編みを使ったものを一連(二段から成る)。

玉編み模様は、前段の細編み一目の頭に玉編みを二つ入れる。
玉編み一つにつきビーズを一つ入れる。

ピコット編みの模様は、*mati*さんの【編み図付き】ピコット編みのスクエアドイリーからアイデアを得た。
これを変えて、細編みから鎖目4目のピコット編みをビーズを編み込みながらする。
そうすると、ピコットの丸の先にビーズがちょこんと下がる。

a0161826_4404996.jpgこのピコット編みの模様の編み図はこんなかんじ。
ベレー帽の減らし目をしていくところなので、模様二段目の長編みのところで減らし目をする。
Bと書いてあるところにビーズを入れる。










いやあ、大傑作。
裾の部分がゴム編みだと非常にかぶりやすいし、かぎ針編みのきれいな丸いトップやビーズの入ったピコット編み模様がいいし、いいとこどり。
きらきら、ふわふわ、帽子自体が宝石みたい。
という訳で、ビジュベレー帽と名づける。
a0161826_4543944.jpg

a0161826_455134.jpg


Creative Commons License
Bijoux Beret/ ビジュベレー帽 by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
Based on a work at atliermati.blog102.fc2.com.
[PR]
by iknit | 2010-12-24 04:45 | 帽子
今年最後の家族ものアイテム。
姪のお母さんに編んだベレー帽におそろいのマフラー。
a0161826_252211.jpg


a0161826_2522864.jpgベレー帽と同様、*mati*さん玉編み模様でボーダーをする。
シンプルだが、両面ビーズ入りなところが実は凝っている。

両端はこれも帽子に合わせて、棒針編みの二目ゴム編みを飾りとして使っている。
ローワンデザイン賞ネックレスから学んだことであるが、ゴム編みって飾りになるんですよね。
ゴム編みを使ったローワンデザイン賞ネックレスについては、以前の不器用者のブログ、「ローワンデザイン賞ネックレス実験1 首まわりバンド」をご覧下さい。

幅11cm、丈82cm。首回りに一周して、前で結ぶと、ビーズの入ったボーダーとゴム編みの飾りがいい具合に前に垂れるようになっている。

帽子とマフラー一緒の図。
a0161826_2562043.jpg

[PR]
また家族もの。
今度は姪のお母さんの帽子。
街で見かけた女性が二目ゴム編みの裾のベレー帽をかぶっていて、素敵だなと思ったので、真似してみた。
トップがかぎ針編みの長編みで、裾が棒針編みの二目ゴム編み。
主体の糸は、姪の帽子やケープと同じ、Rowan のLima シリーズから、ベビーブルー。
模様はまたまたまた*mati*さん玉編み模様
a0161826_835721.jpg


できあがってみると、これは二通りにかぶれることを発見。
まず、二目ゴム編みの裾の部分を折ってかぶるとこう。
a0161826_841892.jpg


裾を折らないでかぶると、アーバンなかんじ。
これがちょっとアヴァンギャルドなかんじで、素敵。
a0161826_843831.jpg

[PR]
by iknit | 2010-12-21 08:06 | 帽子
昨日来月一歳になる姪に編んだクロシュ帽子におそろいで、ケープ。
いやあ、小さくてかわいい!
a0161826_650387.jpg


a0161826_6514220.jpg鎖目の作り目72目からはじめて、長編みで増し目をしながら編んだ。

途中、帽子と同様に、*mati*さん玉編み模様を入れる。
玉編みにはビーズが一つづつ入っている。長編みのところで、増し目をしている。

縁も帽子と同じで、モヘアの糸二本どりで、縁模様。
模様の編み図は昨日の不器用者ブログをご覧下さい。

本体が編めたら、最後に作り目を拾いながら、リボン通しを編む。
ただ長編みを格子に編んでいくだけ。長編み一目、宙に鎖編み二目、長編み一目。

リボンは、これも帽子と同じ。ツイードの糸にモヘアの糸を二本からめて、ビーズを編み込みながら、鎖編み。

帽子と一緒の図。
a0161826_6521887.jpg

[PR]
暮れ、正月に向けて、家族ものが続く。
今日は来月とうとう一歳になる姪の帽子。
いやあ、女の子のものは楽しい!
ビーズ入れたり、玉編み模様つけたり、縁を飾ったり、リボンつけたり。
小さい、小さいサイズなのに、いろいろとしてしまった。。。

日本に住んでいて、あまり会う機会もないのであるが、男兄弟、従兄弟ばかりの中で育った私には、はじめての血縁の女の子。いつも写真や動画で成長を見て、ほくほくと楽しんでいる。
お母さんに似て、目の大きい、黒髪の美人に育ってますよお。
目が小さくてくしゃくしゃの髪の私とは大違い。ウチの方に似なくてよかった。。。

a0161826_5285532.jpgこれが帽子本体。
写真や動画で見るところでは、いつもブルーやグリーンの素敵な装い。
という訳で、ベビーブルー主体の冬のクロシュ帽子。

頭周り約44cm、深さ約18cm。甥が一歳ちょうどくらいの時を思い出して、目安にしてみた。
どうかなあ。。。合うかなあ。






a0161826_531506.jpg主体にしたベビーブルーの糸は、またまたRowan のLima シリーズで、今回はベビーブルー。
以前Le Bon Marche のセールで買ったもの。
このシリーズは、ベビーアルパカ84%、メリノウール8%というぽかぽか素材構成だが、糸が軽くて、肌触りがよく、チクチクしないので、赤ちゃんや子供にはとても適している。
さらにどれも色合いが微妙なところが素敵。
超お気に入りシリーズ。


ボーダーに使っているのは、Rowan のFelted Tweedの紺グレーで、普通のツイードよりはスムーズな肌触りだが、それでも若干赤ちゃんにはごわごわなかんじ。そこで、それにRowan のKidsilk Haze シリーズの青みがかったグレーを二本からませた。このモヘア糸は、重さは一体あるのかと思うくらい軽く、雲が糸になったらこんなかんじか、と思わせる、全くちくちくしない、羽根のような糸。

a0161826_5322190.jpg「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖目三つ。続けて、長編みを11本「わ」に入れた。
「わ」を引きしめて、立ち上がりの鎖目三目めに、引き抜き編み。これで一段目終わり。
二段目から5段目までは増し目をしながら丸く編む。
6段目は増し目無し。

7段目と8段目は、お気に入りの*mati*さん玉編み模様。ちょっと変えて、間の長編みは三本。
玉編みの真ん中の目にはビーズを入れる。

a0161826_5324915.jpgそのあとは、また増し目無しで編んでいくのであるが、ブリム(つば)に入る前に、ところどころ引き上げ編みをして、リボンとおしをつくっておく。

ブリム(つば)は短く編む。細編みでたった三段。子供は頭が小さいので、つばを広く編むと、目が隠れてしまい、前が見えなくなってしまう。

最後に縁飾り。モヘア糸だけを二本どりして編んである。
以前の不器用者ブログ「クロシュ帽子におそろいのマフラー、それと縁模様の編み方」で編み方と編み図を紹介したもの。

本体の編み図はこんなかんじ。
下手くそで申し訳ありません。。。
a0161826_5332519.jpg

最後にリボン。
Rowan のFelted Tweedにモヘアの糸を二本重ねて、鎖編みするだけ。
鎖目5目ごとにビーズをいれる。
鎖編みの紐の両端は、変わり玉編みどめ。この編み方は、以前の不器用者ブログ、「丸モチーフネックレス、つくり方」をご覧下さい。

a0161826_5335225.jpg

[PR]
師走というのは、師でもないただの不器用者でも忙しくなるのが、不思議。
皆、休みの前に仕事を閉めようとするからであろうか、職場でもなんだかんだと締め切りに追い立てられ、残業の日々。
という訳で、修行をする時間がなかなかとれないし、だいたい家に帰るとぐったり。
そんな日が続いた今週、金曜日の今夜は、もう、本当にぐったり。テレビを見る気にもなれない。

もう寝ようか、と思っていたのだが、頭の中はわさわさ、何だか落ち着かない。

ふと見ると、ここ数日編んでいた父の帽子に使った緑色の糸がころがっている。
そこで、ひょい針と糸を手にとって、葉っぱのモチーフを編みはじめる。
すると、なんと、すうーっと落ち着いて、安らかな気分になってきた。
こういう時に、簡単な小さいものを編んでみると、気持ちが切り替わって、癒されるのかあ、と大発見。

編んだ葉っぱはこういうもの。
双葉みたいになった。
二枚の葉の間にブルーのビーズも入れてみた。しずくがちょっと乗っているかんじ。
a0161826_8164229.jpg


ついでに一枚の葉の編み図も描いてみた。
この「おわり」の目から、そのまま続けて鎖編みをして、もう一枚同様に葉を編めば、双葉になる。
a0161826_817836.jpg

[PR]
母の帽子とマフラーのペアを編んだのに続いて、今度は父の帽子。
大人の男性の帽子を編むのははじめてで、一体サイズはどんなものなのかよく分からない。
Google で検索してみたところ、こういうページがでてきて、女性と男性の大、中、小サイズの目安が表示してあるのだが、そもそも、父の頭が大きめなのか小さめなのかも分からない。
そこで、母に頼んで測っていただきました。
だいたい59センチくらいのようである。

父は冬にはいつも、濃いグリーンで、紺主体のチェックの裏地のついているフードつきのアウトドア系のコート(LL Bean とかEddie Bauer とかにありそうなやつ)を着ているので、紺色の糸を数種類使い、グリーンのボーダーを入れることにする。

スタイル的なチャレンジは、父は私と同様丸顔なので、頭と顔のまわりにぴったりしたものではなくて、ゆったりとして、なおかつ顔のまわりに量感があるようなものを作らなければならない、ということ。
男ものなので、ひらひらのつばをつけるわけにもいかないし、リボンやコサージュをつけるわけにもいかないし、これはちょっといろいろと考えた。

で、編んだのは、これ。
a0161826_8592184.jpg


a0161826_8595295.jpg棒編みの二目ゴム編みでブリム、というか、下の部分を編み、かぎ針編みの長編みと細編みで上の部分を編み、その二つを細編みではいだ。

ゴム編みのブリムというか、下の部分を、折って量感を出すというのがもくろみ。








a0161826_903317.jpg紺色の糸は三種類使用。
Rowan のLima シリーズのもの。
ベビーアルパカ84%、メリノウール8%、ナイロン8%。
ペルー製。










a0161826_904768.jpgAnny Blatt のシルク100%糸。















a0161826_91151.jpgRowan のFelted Tweed
メリノウール50%、アルパカ25%、ナイロン25%。
イギリス製。











a0161826_91567.jpg模様はまたまた*mati*さんのブログ ATELIER *mati* からで、【編み図付き】ピコット編みのスクエアドイリーに出ていたものを使わせていただきました。
*mati*さん、いつも簡単で素敵な模様の編み図を紹介してくださって、どうもありがとうございます。









前から見た図と、横から見た図。
a0161826_93352.jpg

a0161826_93278.jpg

[PR]
by iknit | 2010-12-17 09:05 | 帽子