<   2011年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

昨日失敗したE=mc2 ネックレス
今日はどうにか満足できるものができあがる。

a0161826_2339211.jpgエッシャーの絵も、特殊相対性理論の図も、線がきれい(クリーン)なので、宇宙風、物理学風、数学風にするには、線をシンプルに出すことが大事、と考える。
そこで、今回は、編み玉ビーズ中サイズを三つつくり、それを紺色の極細リボンにただ通してみた。
それを、四つ編みの紐と一緒に、螺旋状ねじり紐にからめる。

不器用者流編み玉ビーズの作り方は、半年前のページ「不器用者のための編み玉ビーズ」の項をご覧ください。
後ろにも重しで編み玉ビーズが一つついている。

a0161826_2340335.jpg着画はこんなかんじ。
着ているのは、カシミア30%、絹20%が入ったウールのセーター。
先週日曜日も開いている15区のアウトレット店で、なんとたった10ユーロで買った。

10ユーロのセーターも、手作りネックレスでなかなか素敵になる。






a0161826_23403416.jpg


さて、昨日はセールでスーツケースを買ったが、今回のセール買い物では、実はもっと大きいものを買っている。
なんと、ピアノ。
とは言っても、クラビノーバ。
今年は約20年ぶりにピアノの練習をはじめることにしたのである。
まだ着いていないのだが、もうすぐ毎日ピアノが弾けるようになるのかと思うと、胸が高まる。
わくわくで、待ちきれない。ピアノ曲をいろいろと聞きながらイメージトレーニング。
そこで気がついたのは、昔と違って、今はYoutube で大演奏家の演奏がすぐ無料で聞ける・見られるのですねえ。これは大変便利な世の中になった。ありがたいこと。
そこで昨夜は、バレンボイムの2005年のベルリンでのコンサートシリーズを見つけ(DVD買ったらすごく高い。。。)、いやあ、すごい、の一言。超名演奏。魔術師のようというか、次元が違うというか。
このベートーベンソナタ14番(月光)の第三楽章、何度も見てしまった。。。
Youtubeって本当にありがたい。



Creative Commons License
E=mc2 necklace/ E=mc2 ネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
[PR]
a0161826_6274798.jpgセール品買いましたよ。
スーツケース。
この前東京から帰って来る際に、持っているものが壊れてしまったのである。
という訳で、スーツケースを買いに、Le Bon Marche のセールに行く。
旅行鞄コーナーは、なんと、手芸コーナーの隣。
相変わらず、セール品毛糸は殆どなかった。
素通りして、旅行鞄コーナーへ。

Le Bon Marche の旅行鞄コーナーは、多様なメーカーのものが置いてあって、なかなか充実している。
セールでも、様々なメーカーの製品がセールになる。
サムソナイトの製品も、他店ではなかなかセールにならないのだが、ここではなっていますよ。
サムソナイトはたった30%オフですが。。。
おととい見たときには、このマットに光るサムソナイトのシリーズが、明るいグレー、濃いグレー、ベージュで大、中、小セールに出ていたのだが、今日行ったら、殆ど全部売れていた。。。
最後に残っていた数個の一つを、がばっとつかんで見ていたら、別のお姉さんが来て、それを取ろうとしたので、「え?」と焦る。。。
焦って、すぐ買う。

さて、螺旋ネックレスの続き。
a0161826_632127.jpg今日は編み玉ビーズを編む。
大、中、小編む。













つくろうとしているイメージは、こう、エッシャーの絵みたいな、螺旋の紐と宙に浮かぶ玉とか。
a0161826_629061.jpg

a0161826_6293062.gifあるいは、物理の数式を図象化したみたいなかんじ。
例えばこの特殊相対性理論を説明する図。
Wikipedia のspecial relativity の項に出ていたもの。

この図があまりに面白いので、このネックレスはアインシュタインの公式からとって、 E=mc2 と名づけることにする。
この図はアインシュタインの公式の説明ではないけど、私は物理学者でも数学者でもないので、全く気にしない。




a0161826_6301798.jpgで、編み玉を5つつなげて、螺旋ネックレスにからめてみたのだが、全然駄目。ださい。冴えない。
玉が全く無い方がいい。
これは却下。
[PR]
金曜日が終った、うれしいなあ。
昨日買った極細リボンを使って、四つ編みに初挑戦。
紺色とグレーのリボンを一本づつと、以前ハイデルブルグで買った草色の細い紐二本で、四つ編み。
a0161826_722122.jpg

四つ編みの仕方はArukus01さんの【動画で学ぶ】レザークラフト作り方講座から、この動画を参考にした。


動画が早く進むので、見ながらすることができない。
そこで、見ながら手を動かして、何度も動きをトレーニングする。
右、右、下、の繰りかえしだと覚える。
すなわち。。。
a0161826_7184738.jpg
左側の二本の糸のうち、右側の一本を、左の上にかぶせる。





右側の二本の糸のうち、右側の一本を、左の上にかぶせる。






中の二本の糸のうち、右側の一本を、左の下に通す。



右(上)、右(上)、(右)下、ということ。


できあがった編み紐を、おととい編んだ螺旋状のねじり紐にからめると、こうなる。
写真だと殆ど違いが分からないかんじ。
実際は、小さな相違でも効果大。
さて、これに、さらにまた何か加えていこうと思う訳です。
a0161826_722369.jpg

[PR]
1月ももう終わり近く。どんどん行ってる。
二月は逃げ、三月は去るのであろう。
佳境の昼間の仕事がいくつかあって、頭がそちらに向いてしまう。
創作の思いはあっても、なかなかギアが入らない。

ふつふつという思いの中、今日は仕事帰りに近所のデパートLe Bon Marche の手芸店に寄ってみた。
セール第三週目なので、何かお買い得の毛糸があるのではないか、と思ってみたところ。
ところがなんと、殆どセール品はありませんでした。
皆さん、今となっては、あそこに行くのは全くの無駄ですよ。
他の毛糸店に行ってください。

めぼしいセール毛糸が無いので、ネックレス創作の刺激を得ようと、リボンや紐のコーナーに行く。

細いものと極細のものの間で迷ったのだが、ネックレスに使用することを幾度も考え、編むことも可能なくらい極細のリボンを三色買った。
メートルあたり0.30ユーロ。

この三色のリボンを店員さんが次々に測りながら床にひらひらと落としていったのだが、そのひらひらと共に落ちるリボンさんたちの素敵な色合いにおおっと心を動かされる。
という訳で、三色のリボンさんたちの姿を紹介したくなりました。
a0161826_6553925.jpg

[PR]
突然創造の気分になり、ネックレスをつくりはじめる。

a0161826_993530.jpgまずは首回りの紐から。
かぎ針編みで、らせん状のねじり紐にしてみる。

前回より、ねじりが若干強くでるように、ところどころ増し目をしながら編んでみた。









a0161826_973814.jpg使った糸は、Rowan のScottish Tweed の紺色。
ウール100%のツイードの糸。英国製。
若干ごわごわ、ざらざらとした糸。











a0161826_975940.jpg二段目だけ、それにRowan のScottish Tweed のミントグリーンを、紺色と二本どりにしてみた。
このミントグリーンの糸に、ビーズを入れて、編みこんである。











ツイードの糸のちょっとごわっとしたかんじが、クラフティな編み上がりに仕上がって、なかなかよい。
これを土台に、ちょっといろいろしてみようかな、という予定。
a0161826_98308.jpg

[PR]
a0161826_6411997.jpg甥のマフラーができる。玉編み模様帽子におそろいのつもり。
今回は、スカーフではなくて、マフラー。
私にしては珍しく長い。
長さ100センチで、二重に巻いて、さらに前で結べる。
幅は7センチ。









a0161826_6415033.jpgふわふわのアンゴラ100%の糸!
Anny Blatt のRoyal Angor というシリーズ。













マフラーの編み図はこんなかんじ。
かぎ針編みパターンブック300」(日本ヴォーグ社)の模様089番を元にして、それにいろいろと加えてある。
増し目も減らし目もないので、今回は描くのが簡単だった。
a0161826_6421727.jpg

使用したかぎ針のサイズは3ミリ。
糸①がアンゴラの糸。
糸②と③は、ブルーの糸(Rowan Lima)か、茶色の糸(Anny Blatt Sublime Terre)。どちらでもOK。私は交互に使っている。

最後に縁を整えることを目的に、丈のサイドに縁編みをする。
宙に鎖編み一目、引き抜き編み一目、の縁編み。
ふわふわの若干細めの糸で方眼編みをしたので、二重にしてもかさばらなく、なおかつ暖かいかんじ。
a0161826_6445285.jpg

[PR]
いやあ、びっくりした。
豆腐を買いに行って、帰ってきたら、その合間に、フランスEbayに出したNoroの毛糸の値段が10ユーロ近く上がっていた。。。
行く前にチェックしたときには、言い値の24ユーロだった。
豆腐買って帰ってきたら、33.50ユーロ。
目玉が飛び出るとは、このこと。
小一時間、7人の方々が争っていたようである。

早速勝った・買ったお方からのお支払いも、既に入っていた。。。
明日中に送らないと。
緊張。。。

シルクブレンドも売れた。
エンジ色とこげ茶色、両方売れた。
エンジ色は言い値は10ユーロだったが、11ユーロで売れた。
こげ茶色は言い値は5ユーロだったが、7.50ユーロで売れた。

つややかコットンは売れなかった。。。
季節が悪いですね。
また春になったら出そう。。。

ところで、今日豆腐を買いに行ったパリ15区の日本食良品店かなえさんから聞いた情報では、鈴豆腐さんは、2月初旬まで、お休みに入るそうです。
ここしばらく、鈴豆腐が食べられない。。。

a0161826_5402623.jpgさて、昨日できあがった甥の帽子であるが、編み図を描こうと思ったが、失敗。
描いているうちに自分でもなんだか分からなくなった。












という訳で、途中だけ。
a0161826_21404555.jpg

つまりですねえ、「かぎ針編みパターンブック300」(日本ヴォーグ社)を買って下さるか、図書館で見つけてください。
この本の模様263番を見て下さい。
この編み図では玉編みと玉編みの間に3本長編みが入っているが、これを5本にする。
ある時点で、帽子をつぼめて行く必要があるな、と思ったら、この玉編みと玉編みの間の長編みを二目一度で減らして行く。
さらに、ずっとひたすら細編みの段も、減らして行く。

そのように減らして行って、適当なところで、最後はずっとひたすら細編みの段で終らせて、残っている糸を最後の段に二回通し、引っ張ってつぼめる。

色は、ずっと細編みの段がブルー(色①)
玉編みの段とその次の鎖編みの段が茶色(色②)。
長編みの段がアンゴラ100%のこげ茶色(色③)。

全然分からない説明。。。
誰か、編み図を描くアプリケーションを開発して下さい。
どうか、お願いします。
不器用者の私は、手描きがどうしてもうまくできない。

a0161826_5383236.jpgところで、修行の方であるが、今は、帽子に合わせてスカーフを編んでいる。
玉編みだと首周りがごろごろするかと案じ、また別の模様で、アンゴラ100%の糸主体に編んでいる。
この模様はまたまたまた「かぎ針編みパターンブック300」からで、模様089番。方眼編みの模様。
[PR]
by iknit | 2011-01-24 05:43 | 帽子
久しぶりにパリの話。
パリではセールがはじまって、2週目。
以前も報告したように、パリのセールでは、時がたつにつれ、下げ幅が大きくなる。
例えば、第一週目は30%引き、第二週目は50%引き、第三週目は70%引き、という具合。

もともと私はパリでセールの買い物に行くのは好きではない。
どういう訳か、どこもあまり面白くないものばかりが突然山のようにでてくる。
セール用に別のストックがあるのでは、と憶測するくらい。

しかし、ひょんなことから、今日はセールを回るのが好きな友人のセールショッピングにつきあうことになった。
近所のサンジェルマン・デ・プレと、お気に入りのMontorgueil界隈に行ったが、思った通り、何もセール品を買わなかった。。。

とは言え、冬のセールとあって、ニットものが多く、いろいろと勉強になる。

a0161826_820152.jpgこれはサンジェルマン・デ・プレにあるアクセサリー小物デザイナーNadine Delepine のお店でみかけたネックレス。
紐の部分は、おそらくリリアンではないかと思うが、専門家の方々の見識はどうでしょう。
リリアンで編んだのではないかと思われる紐の先に花をつけ、それを幾重にも重ねている。













a0161826_8204222.jpgさらに、細い糸で編んだとても小さい花モチーフをつなげたショール。
その仕事量を考えると、見ているだけで気が遠くなる。

















a0161826_821423.jpgお店はの住所は
14 rue Princesse
75006 Paris
最寄の地下鉄駅は、10番線のMabillon。

ネット販売もしているので、ご興味のあるお方はお店のサイトをご覧下さい。






a0161826_8212655.jpgこれはMontorgueil界隈にあるヴィンテージ古着屋さんKiliwatch (64 rue tiquetonne 75002 Paris)でみかけた帽子。
なんというか、ソフトクリームみたいというか、変わったデザインなので、写真をとってみた。

この店はいつも混んでいて、さらにoverpriced。でも、古着が大好きな私としては、時がたつのを忘れる楽しいところ。
今日はあちこちのセール行ったにもかかわらずセール品は何一つ買わなかったが、ここで古着のトップを買ってしまいましたよ。。。とほほ。

古着にご興味が無い方でも、ここはお客さんたちが皆すごくおしゃれなので、そこにいる人々を見ているだけでもおもしろい。

さてはて、修行の方はどうなっているかというと。。。

a0161826_822714.jpgまたまた甥の帽子。
保育園に「叱られて」編んだ帽子を、なんとなんと失くしてしまったということ。。。
気合い入れて編んだのにい。
仕方ないので、また一つ編む。

今回は、二目ゴム編みで裾の部分を編んで、そこからかぎ針で目を拾って、上に向かって編んでみた。






a0161826_8224426.jpg模様は玉編みの模様。
またまた「かぎ針編みパターンブック300」(日本ヴォーグ社)から、263番の模様を参考にし、それを糸三種類使って、若干変更しながら編んでみた。
編み図は、明日、気力があったらやります。。。

何度も書いているが、この本はグーグルブックスで、部分的に編み図が無料で見られる。グーグルブックスに行って、検索部分の四角に本のタイトルを入れてください。



使った糸は、先日Le Bon Marche のセールで買ったAnny Blatt のシルク混糸のSublime Terreとアンゴラ100%の糸
それからRowan のLimaシリーズから、色番880。

最後に巨大なポンポンをつけてみた。
アンゴラ100%の糸を使っているので、うさぎの尻尾をイメージしたつもり。

a0161826_82379.jpg

[PR]
大ニュース。
パリで編み編み会を催そうかと思うのですよ。

昔、昔、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。その頃、私は東京の大学に通っていたのだが、同期に編み物がとても上手な女性がいました。冬になると、棒針を二本、かしゃかしゃと動かし、色とりどりの糸を編んでいました。不器用な私は、すごおおおい、魔法みたい、と口を大きく開けて、ただ眺めておりました。
その方が、偶然、運よく、現在パリに住んでいらっしゃるのですよ。

編み物だけでなく、テニスも上手で、多言語堪能、さらに小さいお子さんを二人も育てていらっしゃる、何でも不器用な私とは大違いの、何でもできるスーパーウーマンなお方なんですが、そのお方がここしばらく、パリで編み編みクラブをやらないか、と恐れ多くもお誘い下さっていました。

編み編みクラブなんてできるのかしら、と悩んでいたのであるが、ブログを続けるうちに、パリで編み物をなさっている日本の方々が幾人もいらっしゃることを知り、糸を蒐集するしか脳の無い不器用者とは言え、一緒に編み編みしませんか、とかけ声をかけるくらいはできるかもしれない、と思った次第である。

大した話ではない。追い求めるイメージは、イギリスで流行している、Stitch n' Bitch。編み物が盛んなイギリスでは、パプに女性が集まって、ぐたぐた、べらべらおしゃべりをしながら、編み物をしている訳である。

そういうかんじで、パリのカフェで、編み物をする日本の方々が集まって、いろいろとおしゃべりをしながら、ついでに編み物の困っているところや編み物情報を教えあったりしよう、ということ。

私は編み物初心者ですが、編み物上級者の強力な同期がいるので、彼女にいろいろと教えてもらいましょうよ。

皆それぞれ忙しいとは言え、一ヶ月に一回くらい集まれるといいな、と思う。
現在編み物をしていなくても、ご興味、ご関心のある方は、誰でも大歓迎。
パリに観光やお仕事でいらっしゃる編み人も、ゲスト参加大歓迎。

前置きが長くなったが、二月に初のパリ編み編み会を催そうかと思う。
今のところ、2月19日(土)の一時半頃に、Chatelet (1区)のあたりのカフェはどうか、と思っている。その日のご都合が皆様悪ければ、その次の土曜日2月26日。

パリ編み編み会にちょっと関心があるな、というお方は、不器用者ブログのコメント欄に、連絡先メールアドレスを添えて、ご連絡下さい。追って詳細をお知らせします。その日は駄目だけど、この日なら行ける!というご都合についても、是非お知らせ下さい。
コメントは非公開にしますので、ご心配なく。

ご連絡お待ちしております!
[PR]
おおっ、Ebayに出した日本の糸にビッドが二つもついた!
シルクブレンドのえんじ色である。
Noroの糸にはフォロアーが6人もついている。
糸さんたちの新しい里親さんが見つかるかも。

おかげさまで、これまでに38玉の糸さんたちが新しい里親さんの元へ旅立ちました。
受け取ってくださった方々に感謝申し上げます。
ありがとうございます。

さてはて、ぽぽちゃんものの続き。
ネットをさらに検索し、ぽぽちゃんのサイズが明らかになる。

肩幅 10cm
ウェスト 26cm
ヒップ 29cm
袖丈 8cm
背丈 (首のつけ根からウェスト) 6cm
首周り 17cm 

ヤフーオークションのページからの情報。「うさちゃんにも対応します」そうである。

首周りサイズが明らかになったので、ぽぽちゃんのケープを編む。
a0161826_7234951.jpg

a0161826_7241345.jpg帽子とケープ双方に使った模様は、「かぎ針編みパターンブック300」(日本ヴォーグ社)から、模様059番。
なんだかよく分からない模様になってしまったが、もっと細い糸で編めば、おそらく本の写真のようになるはず。
この本に出ている編み図は、Googleブックスで部分的で無料で見られる。本のタイトルで検索してみて下さい。
[PR]
by iknit | 2011-01-18 07:25 | 雑貨