<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

突然また、ブログを再開してみることにしました。

不器用な身、いろいろと自分が苦心する過程をこと細かに一年間記録してきた訳であるが、なんとそれが自分にとって役に立つのである。
ブログを中断していた間も、自分の過去ブログを参照すること数知れず、さらに情報検索したら、びっくり仰天、自分のブログ記事が出てきてしまったことまであった。。。
で、これからも、自分が苦心するその過程を記録しておいた方が良いであろう、と思った次第。

不器用者ブログ中断の間にしていた編み編みの報告は、パリ編み編み会のブログにしていたのであるが、しばらくアクリルモップに凝ったあと、最近はもっぱら骨董ボタン集めに凝っておりました。
で、今や毛糸と同じく、骨董ボタンが売れそうなくらい集まってきつつある状況。

しかしですね、弁解すれば、沢山見るというのは大変勉強になるのです。
沢山見ているうちに、ふっと思いつくのですよ。
あ、こんなものをつくろう、と突然具体的なイメージが湧くのです。

で、突然編んだ試作品が、骨董貝殻ボタンを使ってラリアットネックレス。
a0161826_5425510.jpg


a0161826_5433684.jpg使用糸は、去年パリのアウトレット毛糸店Cat' Laine で買ったドイツのメーカーOnlineLinie 163 Bingo シリーズのもので、コットン100%。











a0161826_5481567.jpg大きい方のボタンは、近所のデパートLe Bon Marche で買った骨董ボタン。天然貝殻に金色のコーティングがしてある。一シート35ユーロもしたが、その数日後、マレ地区の蚤の市で同じものがその半額近くで売られていた。。。
これからは、骨董ボタンは必ず蚤の市で買うべし、と心に決める。

若干小さい方のボタン二つは、3区の手芸店 Entrée des Fournisseurs で買ったもの。




首周りの紐は、マリーアントワネット風のネックレスと同じように、格子に編んだ編み紐に、ビーズ入りリボンを通しただけ。
a0161826_554225.jpg


ネックレスは久しぶり。
つくりながら思ったのは、私はネックレスづくりが一番楽しいみたい、ということ。
多様な素材を使って創意工夫できるのが、面白いのかな。
[PR]