<   2011年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

前回のパリ編み編み会以来暖めてきた構想に着手する。

前回編み編み会の際、会のサイトにたどり着くべくロダン美術館の庭を歩いていたところ、カフェテラスに素敵な黒い帽子をかぶっている女性を発見。
全部黒なのであるが、なんだか多彩な黒の素材を使っていて、主なところでは、本体の上にレースがかかっている。
編み編み会出席が遅れていたので足早に通り過ぎてしまい、そのあとふくさんと一緒に観察に戻ったのだが、既に女性は去ったあと。

とは言え、これで同色異素材を再認識。
同色異素材は昨年カタールで学んだデザインの手法で、特に黒で際立つかんじだが、帽子にはまだ応用していない。
帽子こそ、同色異素材が面白いかも。

その流れで、先の日曜日、place Maubert であった蚤の市で手に入れた黒の絹っぽいくるみボタンを見ているうちに、手持ちの黒の麦藁帽子に編み飾りをつけようと思い立つ。
以前、夏のある日差しの強い日に遠出をする際に、帽子を忘れたことに気づき、駅にあった店で買ったつばがとても広い帽子。
クローゼットの棚奥につっこんであったので、折り目がついている。。。
a0161826_532487.jpg

このどうでもいいリボンをとりはずす。
a0161826_5334578.jpg

とりはずしたリボンの代わりに、黒い編み飾りをつけよう、というもくろみ。
使うのは、手持ちの糸で、ピエロのラミー100、黒。
a0161826_5345850.jpg

これに、この日曜日にみつけた絹っぽい黒のくるみボタンを編みいれよう、と考える。
a0161826_5352293.jpg

「同色異素材」の際には、どういう訳か少なくとも3種類の素材を使わないといけない、という強迫観念のようなものがある。
1、2、沢山、という人類古代からの概念のせいかな。
で、麦藁帽子、ラミー糸、くるみボタンの三種。

さて、この日曜日に手に入れた黒の骨董くるみボタンは、一見ビーズのようにも見えるのだが、ビーズと違って、糸を通す穴がない。さらに、糸を通す金具も何もついていない。
ただの丸ボール。
で、くるんでいる糸が集まっている部分に、ラミー糸を通すことにする。
a0161826_5361057.jpg

このくるみボタンを六つ通した図。
a0161826_5363035.jpg

さて、これがどうなるのだろう。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-06-29 05:42 | 帽子
用事があってサンジェルマン大通りを通っていたら、5区のPlace Maubert で蚤の市をやっているのを見つける。
古着とリネン類の蚤の市ということ。ボタンがありそうな気配。
a0161826_8403588.jpg

で、入ってみる。
リネン類なので、刺繍ものとレースものの店が沢山。
ちょっとおもしろく珍しいのは、この「boutons (ボタン)」。
「ボタン」はボタンでも、ドアとか引き出しのノブのこと。
a0161826_841750.jpg

手編みのタンクトップも発見。
a0161826_8414720.jpg

骨董ボタンは一店だけ置いているのを発見。
a0161826_84214100.jpg

で、買ったのは以下の三種類。
最初の黒のは、絹みたいな、光沢のある布の糸。
最後のは、特大サイズ。
おまけしてくれました。
a0161826_8424378.jpg

a0161826_8432684.jpg

a0161826_843592.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-06-27 08:45 | お店
骨董ボタン蒐集にはまって以来、ボタン使い編みネックレスをこれまでいくつか実験してきたが、なかなかこれはいい!というものができなかった。
しかし今日、はじめて納得のいくものができあがる。
a0161826_335048.jpg


昨日太い毛糸を通したべっこう飴みたいな骨董ボタンが主役だが、ビーズを通したリング編みの飾りが重要な脇役。
まず、こういう紐を編む。鎖編みの作り目200目のあと、一段目、引き抜き編みをして、ところどころ細編みリング編みを連続3目した。
a0161826_342782.jpg

編みながらボタンとビーズを編み込む。
細編みリング編みの編み方動画は、あみこもびよりの「細編みリング編み目」をご覧下さい。

本体の紐とは別に、丸を編み、中心にボタンをつける。
a0161826_3448100.jpg


編み図を描くほどの話ではないが、本体紐と丸の編み図はこんなかんじ。
a0161826_351369.jpg


さて、ここで気がついたのは、ボタン使いのデザイン的特徴で、ボタンを使うと、ボタンの中心に糸の線が立体的に入るのですよね、当然だけど。なんということは無い、瑣末とも言えることだが、丸の中心に立体感のある線が入るという、これがデザイン的に効いてくる。
ボタンに通す糸の色、質、太さで、感じが変わるということ。
太い糸を使った今回気がついたことで、これはビーズには無い特徴。
今回使用の毛糸は、Debbie BlissCashmerino Aran 色番300030で、レンガ色っぽい赤。
メリノウール55%、マイクロファイバー33%、カシミヤ12%。
a0161826_355119.jpg


さて、このボタンがついた二重丸のものを本体の紐につける。
これでできあがり。ボタン飾りの位置は、ちょっと横にずらしてアシメトリーになるようにした。
シンプルだけど、丸とリングの立体幾何学模様が、なかなかモダンな印象のものになった。
丸と丸の間の距離をもう少し短くした方がいいかも。
a0161826_3614100.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

Creative Commons License
Circle and loop necklace/ 丸とリングのネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://amies-bijoux.blogspot.com/.
[PR]
平らビーズに刺激を受けて、またボタンに乗り出す。
これまた非常に惹かれるボタンに対峙することにする。
15区Felix Faure の蚤の市で手に入れた、べっこう飴みたいなボタン。
a0161826_515257.jpg

このボタンは、赤い糸に結ばれてやってきた。
この赤い糸とのコンビの感じが素晴らしい。
で、おととい、ボンマルシェのセール初日に買ったDebbie Bliss Cashmerino レンガ色系赤の極太糸を使いたい、と思う。
カシミア混ウールは季節はずれですがね。色がばっちり。
a0161826_523179.jpg


しかし、極太ウール糸は、こんな小さいボタン穴に通るのか。
なんと、いつものビーズ糸通し要領の亜流で通りました。

まず、糸通しをボタン穴に入れる。
a0161826_53161.jpg

糸を糸通しに通す。
a0161826_543751.jpg

糸通しを引っ張る。
a0161826_552291.jpg

それだけ。
さて、これをどうしよう。

話は変わって、ここ数週間、自宅のネット接続具合が悪い。
で、ブログ記事をアップするにも一苦労。
ローマに行っている間に直るかな、なんて調子のいいことを願っていたのだが、当然同じ状態。
接続を盗まれているために具合が悪いのかも、と思っているのであるが。。。
で、大事なことは、大事をとって、いろいろと操作している状況。

皆さん、どうぞ気をつけて下さい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
ラミーガーデンの糸を通すことに成功した極小穴の平らなビーズ
この、できそこないみたいだけど、わび・さびの魅力のある素材でネックレスをつくってみた。
a0161826_4555942.jpg


まず、シンプルなピコット付きレースっぽい紐を編む。
わび・さびビーズ三つと、極小金色ビーズをピコット部分ところどころに入れている。
a0161826_4562663.jpg

穴の部分に異素材の紐を通す。スエードもどきの紐。ボンマルシェで以前購入したもの。
今回、これで使い果たしたということが発覚したので、また買い足さないと。
濃いこげ茶と、マットで細いけど平らな表面が、様々な場面でデザイン的にとても有効。引き締まる感じがする。
a0161826_4564940.jpg


今回の新開発テクは、後ろの留めの方法。
これまでは、編み紐を紐と使っていたのであるが、今回は、ラミーガーデンのレース編み部分を紐と使わず「飾り」とし、スエードもどき紐のみを紐と使っている。レース部分の両端は、スエードもどき紐に縫い付けてある。動かないようにするため。
で、スエードもどき紐を後ろでリボン結びにして留める。
a0161826_457127.jpg

大した開発ではないですね。。。誰でも思いつくことですね。
でも、金属アレルギーの身の上、後ろに留め金を使わない方法をいろいろと考える必要があるので、こんな小さい発見でも、うれしいのです。

さて、どうかな、と着けてみたら、シンプルだけど、わび・さびビーズと極小金ビーズのコンビが実はなかなかいい。次回はもっと極小ビーズを入れるといいかな、と思う。
a0161826_4575154.jpg


着ているのは、ローマのトラステヴェレ界隈で見つけたアウトレット店で手に入れたワンピース。
なんと、シルク100%。試着してみたらAラインがすばらしいし、色の大胆な切り替えしが美しい。
うーむ、さすがイタリア、とうなる。
本当はこれと違う色の組み合わせが欲しかったのだが、サイズが無かった。アウトレット店の弱点。
お店は、先日アップしたトラステヴェレの町並み動画の出だし部分に出てくる。
a0161826_458441.jpg


レース部分の編み方は、超簡単。
鎖編みの作り目から、一段目細編み、二段目鎖編みで半円を作って行って、三段目細編みで半円をかがりながらピコットを足す。
そのうち編み図描いて説明する予定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨日のパリはFete de la musique。
不器用者が大好きな年に一度の夏のお祭りであるが、残念ながら家にこもる。
Fete de la musiqueは、街を散策しながら、道端で演奏されている音楽を楽しむ夕べ。
楽しむには、歩かないといけない
しかしながら、ローマで石畳を歩きすぎて左足の筋を違えたので、長距離を歩くのが現在困難。

というのは言い訳で、実はローマの蚤の市で買ったビーズにどうしても糸を通してみたかった。
できそこないの真珠を平らにして色を塗ったみたいな、一連15ユーロのビーズ。
なんだかわび・さびの魅力がある。
a0161826_5294728.jpg

いかんせん、糸通しの穴が非常に小さい。
一体これに編み糸が通るのか、というのが、買った際の最大の疑念。
で、実験開始。

現在持っている夏糸の中で一番細いように思える糸を取り出す。
正月に東京にいた際に買った毛糸Zakkaストアーズのラミーガーデン、色番21のこげ茶。
ラミー100%。
a0161826_5301220.jpg

ラミーはフランスでは見ることが無いので、日本に行くと買うことにしている素材の一つ。
他に買うのは、紙系糸。
あと、日本で安くていいのは、シルク混。シルクとウールとか、シルクとコットンとか、シルクとリネンとか。
今回、両親がヨーロッパに来るのに合わせて注文し、ありがたくも持って来て頂いたのは、リッチモアの絹和紙。もう、絶対ヨーロッパに無い、というかんじの素材。
a0161826_5303248.jpg


さて、ラミーガーデンは、ローマのビーズに通るのか。
なんと、通ったのです!

いつものやり方では通らない。
なぜかというと、ビーズが平らで大きく、糸を入れる穴から出す穴までの距離が長いので。
では、どうやって通したかというと。。。

まず、普通の縫い針(長めのもの)にラミーガーデンを通す。
そもそも縫い針の穴に通るのか心配だったが、通った。糸通しでは通らないが、直接通せば通る。
その針をビーズの穴に通す。
a0161826_531864.jpg

針を引っ張る。
a0161826_5312735.jpg

それだけ。
ビーズの内部の構造によるのか、全てのビーズにはこれで通らない。そもそも針が通らない。
でも、少なくとも半分は通るかんじ。
a0161826_5315177.jpg

これで糸が通ることが確認できた。
さて、これをどうするか。
ただ今実験中。ふふふ。
創作は楽しい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
今週末は、ローマのトラステヴェレ界隈のPiazza Sonnino ソニーノ広場で、小さいハンドクラフト市が催されていた。
Viale Trastevere トラステヴェレ大通り沿い、Ponte Garibaldi ガリバルディ橋すぐそばの広場で、トラステヴェレの観光通りの一つVia della Lugaretta と交差するところにある広場。
a0161826_539191.jpg

ここにこんなものを売っている店が。
古靴下にボタンを使った人形。
a0161826_539382.jpg

他にも、手袋やパンツを使った人形。
古パンツですよ。
a0161826_54004.jpg

アイデアがいいし、組み合わせのデザイン、特に目のところのボタンづかいが素晴らしい。
愛嬌のある表情に思わずにんまり。

さて、今回のローマ旅行はこれでおしまい。
トラステヴェレの話ばかりしていたので、トラステヴェレの町並みを動画でちょっと紹介。
上記広場を通るVia della Lugaretta から、羊ちゃんたちのいるローマ最古の教会のある広場Piazza Santa Maria in Trastevere を通って歩きながら撮影したもの。トラステヴェレの観光地です。

この通りをさらに行くと、飲み屋さんがさらに増えてきて、夜の繁華街Piazza Trilussa 周辺へ着く。
そこに階段で上がるところにある高台の広場があって、そこに若者沢山、何することもなく、ただ楽しそうにたむろして、ひたすら語り合っている。

Viale Trastevere を渡った反対側もトラステヴェレで、「静かなトラステヴェレ」と呼ばれる地域。下着屋兼手芸店があるのは、こちら側。繁華街に比べればずっと静かだけれど、曲がりくねった小道にこじんまりとしたカフェやおいしいレストランがひょいと現れ、「ここに住みたい」かんじ。映画館も二つある。
ローマっ子の友人の娘さんと旦那さんはこちら側に住んでいて、彼らによると、最近はウッディ・アレンがここで映画撮っていたらしい。

でも、暑かった。毎日快晴28度。6月だけど、観光しながら汗だく。くたくた。
さらに、トラステヴェレの道の石畳はどういう訳か大層歩きにくく、母は「下ばかり見ていて、何も見られなかった」そうである。実際私も、足首の筋を違えて、足を引きずって歩くことになる。
それでも、両親の今回の感想は、「ローマはパリより美しい。趣がある。」
そう言っていただければ、本望です。

パリに帰ってきてみれば、雨模様の最高気温19度。
うぅ。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
蚤の市での骨董ボタン探しに凝っている昨今、当然ながら、ローマでも蚤の市に行く。
ローマにも有名な蚤の市があって、これもトラステヴェレ界隈にある、Porta Porteseの蚤の市。
毎週日曜日、午後2時まで。

広大で、毎日曜日10万人訪れる「すごい」蚤の市だと言う話。
昨夜は三代ローマ人の友人と、トラステヴェレ住人である彼女の娘さんとその旦那さんと食事をしたのだが、「明日はPorta Porteseに行こうと思う」と言ったら、三人とも超あたふた、大心配。
友人の娘さんは、そこで三回スリにあったということ。しかも、ズボンの前ポケットにお金を入れていて、それをとられたことに全く気がつかなかったらしい。
さすが、イタリアのスリは高度テクなのであろう。
私も以前、ナポリで携帯電話を盗られたが、全く、いつ、どうやって盗られたか分からない。兎に角、いつのまにか盗られた。
当時は神業と感心して、旅のこぼれ話としたが、しかし、地元の方が三回もスラれたと聞いては、心おだやかでいられない。
行かない方がいいのか、と思う。
でも、友人の娘さんの旦那さんが、何も持っていかないことだ、盗られても絶望しない額の現金だけを前ポケットに入れて、それ以外は何も持って行かなければ大丈夫、とアドヴァイスして下さる。
で、そういうことにする。

出発前に、「絶望しない額」について悩む。
もともと、目的ははっきりしていて、骨董ボタンは高くてもそう高いものではないし、大金は要らない。
20ユーロ札二枚にするべきか、三枚にするべきか。。。
二枚なら、超がっかりだけど、絶望はしないだろうな。
三枚だと絶望的な気分になるかもな。
でも、万が一、ボタン以外に面白いものを見つけるかもしれないし、覚悟していれば絶望しないだろう(熟慮の上決めてやったことだし)、と三枚にする。

で、行きました。
感想を一言で言えば、がっかり。
広大は広大なのだが、蚤の市というより、ただの市。
長々と続き、広がる出店のそのほとんど、95%は、安物の新品衣服と雑貨。
Porta Portese から市に入るのは、無駄です。
単なる安かろう悪かろうのつまらないものが延々と続く。

Porta Portese ではなく、Piazza Ippolito Nievo から入りましょう。
この広場からはじまって、Via Ippolito Nievo 沿いに、典型的な蚤の市で、古いがらくたや古着、古本、古レコードを売る店が並んでいる。
この広場には路面電車8番線の駅もあるので、直接そこに到着するのは簡単。
a0161826_7334565.jpg

Via Ippolito Nievo でけんかが始まったので、皆でそちらを向いている図。
a0161826_7342233.jpg

ボタン箱があるかも、という感じのお店は沢山あるのだが、ボタンは無い。
a0161826_7344928.jpg

でも、ビーズ屋さんが!
a0161826_7351397.jpg

大発見なのは、貝殻とか珊瑚とか真珠とか、海もののビーズというものがあること。
なんてイタリアちっく!
a0161826_735405.jpg

で、貝殻のものを購入。
穴が小さいので、編み糸を通すのは無理かも、と考えあぐねたが、素材への興味関心が勝つ。
a0161826_7361773.jpg

パリと違って、全く、一サンチームも安くしてくれなかった。
表示価格通り、右の連なったものは全部で15ユーロ、左の輪状のものは、一つ50サンチーム。
でも、私の前に買った人には安くしていた。その違いがどこにあるのかは、経験不足で、全く見当もつかない。

ところで、白物の「ランジェリー」ショップ(「ランジェリー」に関しては、パリ編み編みコミュニティ日記のこの記事をご覧下さい)で、こんなかわいいかぎ針編みのトップがかかっていた。子供用。
a0161826_7364585.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-06-20 07:41 | お店
未だローマの続き。
おもちゃ屋さんに並んでいた人形の家の家財道具の中に、ミシンがあるのを発見。
a0161826_6341017.jpg

昔風の黒い足踏みミシン。糸までちゃんとついている。
a0161826_6344281.jpg

これがとても小さいのに、精巧にできている。
クローズアップした時に、そのリアルさと美しさにびっくり。
使われている材料の質が良いものなのだろう、と思う。
a0161826_6375341.jpg

プラダだとかグッチだとかフェラガモだとかなんだとかが並んでいる通りに並行している細い道Via delle Carozze(スペイン広場から来ると、ブランド物通りの右側を並行している)にあるおもちゃ屋さんで、家財道具のミニチュアものでは、お台所が特に充実している。
超小さい野菜類、超小さいパンやチーズを超リアルにつくった人は、超器用に違いない。脱帽。
a0161826_6442332.jpg


Fante Cavallo e Re di Aielli Micaela
Via delle Carozze, 6
00187 Roma
Tel: 06 6991056

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
ローマ続き。
古い美術品でも、古代の遺跡から発掘されたものでもなんでもないが、ローマはトラステヴェレ界隈のレストランにかかっていた絵。
おばあちゃんと孫が、かまどの前で糸巻きをする図。
a0161826_538065.jpg

私もこれ、子供の時やりました。
母の編み物の手伝いで、ほどいた糸を巻くお手伝い。
今回はまたまた両親の旅行に付き添いでローマに来ているのだが、母がこの絵を見て大変喜んでいた。
このレストランにはこういう家族の日常の様子を描いた絵がいくつかかっていて、同じ画家さんのものと思われるが、この絵のそばには、宿題にたいくつした二人の男の子の図があって、それも母が大変喜んでいた。私の二人の弟たちのかつての様子にそっくりだ、と言って。

レストラン自体は、しごく平凡な普通の基本的な品揃えだが、どれもおいしい上に、とても安い。
あさりの白ワイン蒸し焼きが得に、今回ローマのいろいろな所で食べた中ではここが一番おいしかったように思う(メニューにはムール貝cozzeとあさりvongoleの蒸し焼きがあるが、あさりだけにしてくれ、と注文の時に言えば、あさりの山盛りが出てくる)。あと、アンティパスティのたこのサラダがおいしい。

Alle Fratte di Trastevere
Via delle Fratte di Trastevere 49
00154 Roma
Tel: +39.06.58.35.775
水曜定休

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]