<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

昨日つなげた立体花の四角モチーフを使った帽子本体ができる。
今回は前回より若干ブリムを広くして仕上げてみた。クロシュと呼べそうなスタイル。
a0161826_8455074.jpg

だがしかし。。。予定より小さくできてしまった。
深さは深いのであるが、頭周りが小さい。
母は私よりも頭周りが大きいので、大きめに編んだつもりなのであるが。。。

という訳で、仕方ないから自分で使うことにする。。。
母にはまた別のものを編まないと。ああ。。。

サイドの模様編みは、松編みで、間に引き上げ編みで縦の線を入れている。引き上げ編みで出る縦腺の立体感が好きなので。
ブリムの縁には、モヘアの糸を二本取りにしてちょっとふわふわの飾り。
アクセントになってなかなかいいかんじ。
花の周りに同じような飾りをつけたら、花の輪郭がはっきりしていいかも、と思いつく。

シルエットはこんなかんじ。
a0161826_8482514.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-10-31 08:49 | 帽子
土曜日も全員出勤状態がしばらく続く会社に勤める不器用者。
しかし、今夕、やっととった美容院の予約があったので、どうしても行く。
で、美容師さんから、今夜、夏時間から冬時間に変わることを教えていただく。
あらまあ、大変!すっかり忘れていた。
欧州にお住まいの皆様、今夜は時計を一時間後ろに戻しましょうね。
月曜日は、一時間寝坊しても、寝坊になりません。やったあ。

時間が変わることには気がつかなかったにもかかわらず、立体花の四角モチーフ7枚編み、輪につなげた。
a0161826_6102481.jpg

とりあえず、経過報告まで。
今夜は、帽子本体の模様について考えます。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨日編んだ立体花の四角モチーフの編み方を記録する。

一段目。「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖一目して、細編み8目を「わ」のまわりに入れる。
「わ」をひきしめて、立ち上がりの鎖目に引き抜き編みをする。
これで一段目終わり。
a0161826_4342479.jpg


二段目。立ち上がりの鎖目を一目して、前段の最初の細編み目の頭に細編みを一目。
続けて、宙に鎖目を三目して、前段隣の細編みに細編みを一目入れる。
鎖目3目、細編み、を続ける。
最後だけ、鎖目3目の代わりに、鎖目一目、長編みを最初の細編みの頭に入れる。
鎖目3目の半円が8つできるはず。
a0161826_434589.jpg


三段目。前段の半円に花びらをつけていく。
鎖目を4目して、前段の鎖目3目の半円を束に拾い、長編み4目の変わり玉編みをする。続けて鎖編み4目して、引き抜き編みを前段の鎖目3目に束に拾ってする。
続いて、宙に鎖目一目。
続けて、前段次の鎖目3目の半円を束に拾って引き抜き編み一目。続いて鎖目4目、長編み4目の変わり玉編み、鎖編み4目、引き抜き編み、宙に鎖目一目と続ける。
最後は、宙に鎖目一目のあと、最初の鎖目に引き抜き編み。
花びらが8枚できるはず。
a0161826_4352161.jpg


四段目。花びらの裏に枠をつくっていく。
鎖目を6目。
前段の花びらと花びらの間の鎖目を束に拾って、長編み、宙に鎖編みを一つ、前段の同じところに長編み。
続いて、鎖目三目。これは花びらの裏を通ることになる。
続いて、前段の次の花びらと花びらの間の鎖目を束に拾って、長編み、宙に鎖編み、長編み。
鎖目三目。
これを繰り返す。
最後は、鎖目三目のあと、最初の鎖目6目の3目めに引き抜き編み。
a0161826_4355049.jpg


五段目。四角をつくっていく。
鎖目を4目し、前段の鎖編み三目を束に拾って長編み一目。鎖目一目。
{前段の次の鎖編み三目を束に拾って長編み一目、宙に鎖編み一目、前段の同じ鎖編み三目に長編み一目。宙に鎖編み三目。前段の同じ鎖編み三目に長編み一目、宙に鎖編み一目、前段の同じ鎖編み三目に長編み一目、宙に鎖目一目。
前段の次の鎖目三目に長編み一目、宙に鎖目一目、前段の同じ鎖目三目に長編み一目、宙に鎖目一目。}
{}の中をあと2回繰り返す。
さらにもう一度、「前段の次の鎖編み三目を束に拾って長編み一目、宙に鎖編み一目、前段の同じ鎖編み三目に長編み一目。宙に鎖編み三目。前段の同じ鎖編み三目に長編み一目、宙に鎖編み一目、前段の同じ鎖編み三目に長編み一目、宙に鎖目一目」をして、はじめの鎖目4目の三つめの目に引き抜き編み。
できあがり。7センチ角。
a0161826_4361911.jpg


へたくそな編み図です。
a0161826_4364149.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
夏以来編み速度では、到底クリスマスには間に合わないと気づき、あわててプレゼント準備をはじめることにする。
まずは母の帽子から。

こういう毛糸を使うことにする。
Anny Blatt のSublime という毛糸で、Marmotteという名前がついた色。 若干茶色がかったグレー。
70% ウールで、30%シルク。
今年初頭の冬のセールで買ったもの。
a0161826_637588.jpg


先週末できたばかりの帽子の立体花の四角モチーフを使ったデザインが気に入ったので、その流れで行くことにする。
前回は極細のラミー糸であったが、今回は並太のウール糸なので、また違う編み方にする。
何度か実験した結果、こうなった。
a0161826_6373988.jpg

また花びら8枚。本当は花びら6枚にしたかったのであるが、四角モチーフにする場合、四角に角をつくるのに、どうも花びらを4の倍数にしないと、うまくできないのである。。。
もっと時間をかけて探索、実験を重ねれば、花びら6枚でもできるのかもしれないが。

で、殆ど前回と変わらないようであるが、前回より簡単。
どうせまたどうやって編んだのかすぐ忘れてしまうであろうから、近いうちに編み図を描かないといけない。

この花の中心に、またボタンをつけるつもり。
こんなふうに。
a0161826_638843.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-10-27 06:46 | 帽子
毎日寒い日々が続いたが、今日は暖かかったパリ。
やっと編みあがった帽子に骨董ボタンをつける訳だが、これがどうも面倒で、毎日一つつけては、ハア、また明日しよう、というかんじ。
しかし、今日やっと、全部つける。
a0161826_741671.jpg

蛇足ではなかった。
いいですよ。
全部違うボタン。
バラで買ったものを、今こそ、というかんじで使う。

着画。またまた暗くてごめんなさい。
ちょっとボタンが一つ、しっかりついていないが、やり直すのも面倒だからこのままにする。
a0161826_744740.jpg

この立体花の四角モチーフ、超気に入った。
素敵だからお揃いのバッグ編もうかな、とか、思うが、また2ヶ月かかるのかと思うと、大それた野望のようにも思える。
今から2ヶ月では、クリスマスになってしまう。
そろそろプレゼントものを編み始めないと間に合わない、ということですよね。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-10-24 07:07 | 帽子
いやあ、長い日々をかけて編んだ帽子の本体ができあがる。
立体花の四角モチーフ開発からはじめて、なんと。。。どのくらいかかったのか数える気もしない。

こういうことになりましたよ。
a0161826_55942100.jpg

垂れている糸は、モチーフの中心から出ているもので、これはモチーフの花の中心に骨董ボタンをつけるのに使うために、残してある。

シルエットをお見せするために、着画。暗くてごめん。
ブリムは小さくする予定、と昨日書いたが、それはこういう大正モダンガールみたいなシルエットが一番の好みなので。ブリムとは名ばかり、全然日よけにならない。
a0161826_60867.jpg

時間かけただけあって、とは言っても、編むことになかなか集中できなかった、と言った方が正確であるが、素晴らしいわ!立体花の四角モチーフ、さらにサイドに引き上げ編みのついた扇形の模様をしてよかった。単色だからこそ、動きと立体性が映える仕上がり。
これに骨董ボタンをつけるのは、蛇足であろうか。
やってみてから、また様子を見る。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-10-19 06:03 | 帽子
今週末はまたまたハイデルブルグで子供の遊び相手。
合間に、久しぶりに新しい毛糸を購入。
旧市街地の歩行者天国メインストリートHauptstrasseにあるデパートKaufhof の手芸用品コーナーでみつけたアルパカ100%糸。
その名もAlpaka。

色に目が行って、手にとってみると、なんとアルパカ100%、ペルー製。
明るい青に緑が混ざっている。
a0161826_5423587.jpg

一玉5ユーロ75セント。この値段でアルパカ100%は、パリではちょっと見つけるのが難しい。
他にも色があるのか探してみる。
このデパートでは、ブランド別ではなくて、色別に毛糸が置いてあるので、探さないといけない。
例えばこの赤とピンクの棚。
a0161826_543232.jpg

ここをよくよく探してみると、ほら、ここに同じSMCのAlpakaが。
a0161826_5432470.jpg

ベージュ系も。
a0161826_5434339.jpg

明るいグレーもあった。写真がぶれてしまったので、残念ながらお見せできない。

青と緑のものがアルパカ100%毛糸としては、明るくて変わった色合いだなあ、と思って、これだけ購入する。

さて、未だに編んでいるこげ茶色の帽子であるが。。。
トップとモチーフ、つなげましたよ。
今回はつながった。
そのあと、細編みを一段して、ブリムに入ったところ。
ブリムはごく小さくする予定。
ということは、もうすぐ完成?!

a0161826_5441218.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-10-18 05:46 | お店
いやあ、久しぶりの編み編み報告であるが、編み直しの報告。
こんな記事書くにも値しない、と思っていたのだが、ふと考えていると、何を失敗したのか記録するのがそもそものブログの趣旨であった、と思い出し、報告。

こげ茶色のプレジデントラミーで編んでおりまする。
モチーフを一ヶ月前につなげましたでする。
前回の編み編み会で、帽子トップを編み始めましたでする。

で、そのあとは、サイドを「かぎ針編みパターンブック300」(日本ヴォーグ社)の模様175番でやった訳である。
で、モチーフつなぎを合わせるところに至った、その時に、両者の円の周囲の長さがあまりに、格段に、合致しないことが発覚する。

以前なら、大ショック、頭が大混乱、大変な状況になっていたのであるが、ありがたくも修行を重ねた今となっては、瞬時に、しかも沈着に、糸をほどいた。

こういうのを、成長って、言うのですかね。
現実に直面することを学んだ、ということですかね。
それとも、いさぎよくあきらめることを学んだのですかね。

で、やり直し。
今はまだここまで。

a0161826_6435978.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-10-14 06:45 | 帽子
ドイツはハイデルブルグのWoolworthでレース編み糸を購入したあと、一体ドイツのWoolworthはアメリカの大チェーンスーパーWoolworth'sと関係あるのかちょっと調べたところ、もともとは関係あるのであるが、アメリカのWoolworth'sは1997年に看板をおろしたということ。
ああ、びっくり。80年代にはそこら中にあったのに。
各社との競合に勝てなかったらしい。
さらにそれを2011年まで知らなかった不器用者。。。

Wikipediaの記事を読んでいて、あら面白い、と思ったのは、昔のWoolworth'sの何が新しかったか、ということ。
Woolworth'sは1879年に安売り雑貨屋(百均みたいな。ドイツのWoolworth は今も99セントの商品の山が一階の正面に次々と並んでいる)として始まったのであるが、当時、何が新しかったって、今のスーパーみたいだったということ。すなわち、商品がいろいろと置いてあって、顧客は直接それを見ながら選ぶ訳です。
当時、雑貨屋さんに行くと、顧客は「これとこれ下さい」と要るものをはっきり提示して、お店の人がそれを出してくる、ということになっていたらしい。
商品を直接見て選ぶことができなかったのですよ。

で、思ったのは、今もパリの手芸店、そういうかんじですよ。
ドラグリーとか、順番に並んで、買いたいものをはっきり、これをいくら、これをいくら、とお店の人に言うことになっているではないですか。
個人手芸店では、毛糸に触ることは言うまでもなく、じっと見ることもはばかられる雰囲気。ちょっとでも足を止めて商品を見ていると、すぐ、「何をお探しですか?」と言ってくる。で、「見てるだけです」とはっきり言わないといけない。はっきり言えば放っておいてくれるけど、万が一、こんなものを探しているのですが、などと言ったものなら、奥からいろいろと出してきて、大変なことになる(奥には、表には置いていないいろいろなものがあるのである。。。)。
私が何で値段の高いLe Bon Marche の手芸店で買い物をするか、と言ったら、最寄りということが一番であるが、それと同時に、買い物が気楽だ、ということ。毛糸が沢山棚に並んでいて、直接目の当たりに見て、万が一触っても、何だかんだ聞かれない。質問があったら、お店の人に聞く、というかんじ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
今夜ドイツから帰って来たのであるが。。。
帰って来たとたん、ドアのベルが鳴る。
宅配等、訪問者は全て門番さん(コンシエルジュ)にまかせてあるので、ベルが鳴るといつも無視。
でも。。。
先週、門番さんの息子さんが亡くなったのです。
ちょっと緩んだお母さんの代わりにてきぱき物事を処理していた息子さん。。。
ゴミもいつも全部出してくださって。
ここしばらく見ないな、と思っていたら、突然、亡くなったという貼り紙が。
30代風の若い人であったので、詳しいことは聞くのはあまりにはばかれて、聞けない。
若い人が亡くなるというのは、これほど理不尽なことはないです。

と言う訳で、当然門番さんも数日お休み。
門番さんがお休みするの、ここに住み始めてからはじめて。
で、ドアのベルに対応することにする。

なんでしょう?
「近所なんですけど。インターネットのことでご相談申し上げたく。」
と若い女性の声。
ドアの穴からみると、黒髪の若い小柄な女性がいるようである。
で、ドアをちょっと開ける。

開けてみると、黒髪の小柄な大人しそうな、うるうるした大きな黒い目の若い女性の横に、ひょろひょろの小柄な大人しそうな男性が、ちょっと離れて立っている。

若い女性は、「インターネットがあったら、お借りしたいのですが。」
と黒目をうるうるして言う。
ウチのアパートには、数件、短期貸しをしている家主さんがいるようで、人がよく、数週間単位で入れ替わる物件がある。だいたいは英語圏の老若男女なかんじで、フランス人の若いカップルもよくいる。
そういうアパートに数週間入った人かな、と思う。
あらま、若いカップルだわ、かわいそうだわ、何か緊急だったら、メール一本、スカイプちょっとするくらいOK、と思う。

「インターネットありますけど、具体的にはどのようなことが必要なのでしょうか。」
若い女性は、「例えばパスワードを教えて下さるとか。」

そんなことする訳ないだろう。
にっこりして、「ごめんなさい、それはできません。」
で、すぐバイバイ。

インターネットが無くてはならないものであることは、重々分かる。
でも、それが無くてはならない重要なものだと理解しているなら、そもそもこんな高い家賃の地域にネット無しで借りないで、もっと安いところを借りてネットに金を払えや。

私が彼らの年齢だったら、と言うか、今でも、明らかにそうしたな。
狭くても、不便でも、ネットを優先したな。

それをしないというのは、怪しいな。

話は変わって。。。
ドイツはハイデルブルグの安売りスーパーWoolworth (アメリカの大Woolworth's と関連があるのか、いつも謎。。。)で、巨大レース編み糸が売られていた。(今調べたら、米国Woolworth'sは1997年に終わったそうだ。。。なんて浦島太郎。。。ドイツのWoolworth はもともとは関係があったらしいが、今は関係ないそうだ。)
一玉100グラム、580メートル。
3ユーロ65セントとか、そんなかんじ。
Woolworth はBismarckplatz のデパートKaufhof に向かって右手の道沿いにある。
2階にある手芸用品コーナーがフランスのスーパーとは比較にならないリッチさで、毛糸も種類は少ないとは言え、安価で大サイズの玉がいくつかある。

a0161826_54936.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]