<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

カリフォルニアのミニ餅毛糸で、早速靴下を編む。
靴下は10足め。9足めはここ
まずは、色119番、Lake Trail。
こういう毛糸。
a0161826_492349.jpg


これを編むと、こういう靴下になる。
名前の通り、まさに湖沿いの道っていうかんじの色。
a0161826_495380.jpg


毛糸が細いので、目の数がいつもより多く、従って、いつもよりちょっと面倒。
2ミリのかぎ針で編んだ。
作り目は鎖編み15目して、両端増し目しながら3段作り目の周りを編んだあと、まっすぐ14段編み、そのあと、かかとの穴。かかとの穴のあと、9段長編み。つまり、全部で長編み27段。最後に縁編みを一段。

はくとこんな感じ。
糸が細いので、いつもより薄地に仕上がる。靴もはける。
a0161826_410186.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
ミニ餅毛糸が到着。
a0161826_6173133.jpg

米国カリフォルニアのインディーズ系毛糸ブランドCrystal Palace のソックヤーン(靴下編み用毛糸)、マルチカラー毛糸。
フランスのネット毛糸店のLaine et Tricotから購入。数日で着く。
108番 Neptune Rainbow (海王星の虹)。
a0161826_620211.jpg

119番 Lake Trail (湖の小道)。 
a0161826_620428.jpg

107番 Autumn Rainbow (秋の虹)。
a0161826_62118.jpg

日光力の弱いパリにいると、「カリフォルニア」と聞いただけで、目が遠くなってしまうが、その地域的偏見をまさに増長するような、鮮やかシックな色。
まさに「カリフォルニア」!
いいところだろうなあ、カリフォルニアって。。。

ソックヤーンだから、もちろん靴下編みの予定。
どうなるのかな、わくわく。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-25 06:23 | お店
かぎ針編みでリサイクル製品をつくっている米国女性を発見。
米国メリーランド州のテレサ・エヴェリーさん
ビデオテープやカセットテープ(ありますよねえ、20世紀の遺物。。。)や、スーパーでもらうポリ袋をひも状にしたものを利用して、バッグや帽子、編みぐるみを編んでしまう、という発想。
その名も、Recycle Crochet/ 再利用かぎ針編み
サイトアドレスは、http://recycledcrochet.webs.com/

ポリ袋から編んだトートバッグ各種はここ

素材使いの可能性に目を見開かれる。
糸・紐状のものは、何でも編めちゃうんですよね。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
先日、食べ友かつ編み友のオランダ人女性と外食。
10区のレストランで、若いシェフの方がやっていらした。
ひたすら靴下を棒針編みで編んでいる友人、その日も自前靴下。

a0161826_5225419.jpg


靴下用の毛糸(ソックヤーン)って、やはり細いなあ。
その細さ以上に、多色の色合いの変化に目が行く。マルチカラーの毛糸にハマッている現在、これは大関心の的。
アムステルダムの店で見つけた毛糸だそうだが、なんと日本語の名前で、「Mini Mochi (ミニ餅)」という名前の毛糸だそう。
調べてみたら、米国はカリフォルニアの毛糸屋さんCrystal Palace が作っている。
みるからに、もちもちしている。

様々なミクスチャーの色の種類。
なんだか素敵ではないですか。面白そうではないですか。
編んだらどうなるんだろう、やってみたい。
未知の領域って、一度「未知」と知ってしまうと、抵抗できない魅力・引力がある。
その「未知」の存在を知らなければ、それを知りたいという欲望も出ないのですがね。
で、フランスのネット販売を探索。
毛糸ネット販売の大御所Laine et Tricot で扱っていることを発見!
このお店は、値段は安くないけど、送料無料なのが大の強み。
送料無料だから、とりあえず、3種類を少しづつ注文。

到着をわくわくと待つ現在。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-20 05:26 | お店
今日のパリ編み編み会で、昨日右手を編んだミトンの左手ができる。
Creative Poems aran 9番の色。
きれいです。
a0161826_7533690.jpg


前回のLLLサイズの経験から、左手の親指部分の穴をつくる際、立ち上りの3目のあと、長編みを一目してから、鎖編み3目した。
その方が左手の親指部分がうまく行くことを今回確認。

で、親指の穴をつくる際の編み図を改訂する。
a0161826_754354.jpg

その他の部分の編み図はこちらをご覧下さい。

今回は作り目の鎖編み10目、両端増し目3段のあと、各段32目でまっすぐ8段、9段目に親指の穴をつくり、そのあとまた8段。全部で長編み20段編んだ。

これも日本に行く予定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-19 07:58 | 雑貨
先日ドイツで購入したハンドクラフトメーカーRico Design の毛糸Creative Poems aran が面白いので、他の色も買ってみる。

フランスでのネット販売を探して、Les Pelotes de Lolotte から購入した。
ここ数年はじまった、個人経営のお店らしく、価格的に、他に比べて安い。
対応はきちんとしていて、注文してから5日で到着(速達で)。
5番と9番を注文。
左が9番、右が5番。
a0161826_817914.jpg

それぞれ4玉づつ購入したのであるが、5番が3玉、9番が5玉到着。
ちょっと調べてみたところ、もともと5番は3玉しかなかったようである。

予定外に一玉多く入手した9番で、ミトン右手編む。
a0161826_8172942.jpg


きれいな色合い。
ネットを調べているうちに知ったのは、このCreative Poems aran って、日本が世界に誇るNoro毛糸の安価代替品とも考えられているらしい、ということ。
Noroみたいな複雑さはないが、代替品との評判も納得がいく、微妙でかつはっきりとした、素敵な色の変化。

左手は、明日、パリ編み編み会なので、そこで仕上げる予定。

5番が3玉っていうのは半端な数なので、また他で5番を注文するか、と思っているところ。
でも、この毛糸、もうつくっていないらしく、売りきれが多くて、探すのがちょっと大変。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-18 08:22 | お店
LLLサイズミトンを無用の長物、たんすのこやしにしてはならぬ、と、意を決し、左手の親指部分を編み直すことにする。
つまり、がんがんほどくことになる。。。

左手穴の部分、立ち上りの鎖目のあと、長編みを一目し、続いて宙に鎖編み4目した。
そうしたら、こうなった。
a0161826_8272031.jpg

昨日との違いは殆ど分かりませんね。
気にしているのは本人だけ、っていう典型的パターンか、という感じもしてくる。
しかし、どう見ても、未だ若干、右手に比べると、ちょっとぎこちない。
どういうことでしょうね。。。

でも、昨日の状態よりはましなので、他人様に差し上げるのは気後れするとは言え、とりあえず、提出してみようか、と思っているところ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-16 08:31 | 雑貨
とかなんとか言ったあと、ミトン一組だけでは被災者の方々支援にはあまりにも情けない、と思い、ドイツのマルチカラー毛糸でミトンをもう一組編む。

前回マルチカラーの良さがあまり出なかったのは、使用毛糸の量が少なかったからではないか、もっと多く使えば、その良さが出るかもしれない、ということで、超大サイズ、LLLのミトンを編むことにする。
a0161826_885975.jpg

作り目の鎖編み11目、両端増し目4段した。
親指のところの穴は、鎖目4目。
思った通り、多色の変化がよく分かるようになる。

さらに、左手の方の親指のところの見かけの欠陥が明らかになる。
左手の穴をつくる際、段の作り目の鎖3目のあと、長編み一目、続いて鎖目の穴にした方がいいかも。
a0161826_8201649.jpg

若干欠陥がある見かけなので、他人様に差し上げるのはお恥ずかしい、と思う一方、LLLサイズミトンを自宅に置いておいても、まさに無用の長物。
困ったことだ。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-15 08:25 | 雑貨
昨日、ドイツのマルチカラー毛糸 Rico Design の Creative Poems aranで編んだ靴下を見ているうちに、これでミトンを編もうと思いつく。

靴下を見ながら思ったのは、この糸で、二つ一組、対になったものを編むと、左右が同じ色合いなのだけど違う、という出来上がりになって、それがちょっとアートな感じ。
で、何かもう一つ対のものを編んでみよう、と考え、そこで、ミトン。
ミトンは、個人的にあまり好きではなく(指が無いと、いろいろと不便ではないですか。。。?)、それで今まで関心が薄く、編まなかった。
しかし、パリ編み編み会のメンバーAyuさんがこの冬活発に参加していらっしゃる「ふんばろう東日本」のハンドメイドプロジェクトで、募集しているものの中にミトンがあることを思い出し、自分で使わなくても、このプロジェクトに
送ればいいんだ!
という訳で、ミトンにとりかかる。

で、できたのはこれ。
基本は靴下と同じように編んだだけ。
全部長編みで、親指のところだけ細編み。
a0161826_3424349.jpg


編み方は。。。

靴下のつま先の要領ではじめる。
作り目の鎖目は、今回9目。
3段両端増し目をしながら、作り目の鎖目の周りをぐるぐる編んでいく。
4段目からは増し目無しで、ただまっすぐ編んで行く。各段30目。
4段目までの編み図はこう。
a0161826_2524521.jpg


10段目まで編んだら、11段目は、親指のところの穴を開ける。
右手の場合は、立ち上りの鎖3目のあと、長編みを26目して、続いて宙に鎖編み3目、立ち上りの鎖目3目めに引き抜き編み。
左手の場合は、立ち上りの鎖3目のあと、宙に鎖編み3目、続いて、また普通に長編み。
左右とも、12段目はまた普通にただ長編みをする。
右手、左手の穴をつくるところの編み図はこんなかんじ。
a0161826_253422.jpg


17段編んだら、適当に縁をつけて(今回はいつもの、宙に鎖目一目、引き抜き編み、を繰り返すもの)、糸を切る。

次、親指をつける。
穴のところに行って、適当に一目拾い、立ち上りの鎖一目、続けて細編みを穴の周りに15目する。
こんなかんじ。
「-」の記号は、長編みの頭を示しているつもり。
a0161826_255758.jpg


そのまま10段細編みをぐるぐるして、11段目から減らし目をしていく。
細編み、細編み、細編み2目一度、細編み、細編み、細編み2目一度、を数段、穴が小さくなるまでして行く。
糸を切って、その残りの糸を、最終段の細編みの頭の鎖の内側の糸に通しながら一周。その糸をひっぱると、穴がしっかり閉まるはず。
a0161826_3431386.jpg


靴下に比べたら面白くない。靴下の方がこの毛糸の色の変化がドラマチックにあわられる。
靴下の場合、かかとのところが、幾何学的な模様になるので、それが大きな違いであろう。
という訳で、ミトンは今回これ以上追求しない予定。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-13 02:59 | 雑貨
また残業の日々が続いている悲哀の労働者、不器用者。
先週末ドイツから帰る列車の中で編み始めた靴下を、今日やっと再び手にとる。

ドイツでは、こんなマルチカラー毛糸を見つける。
a0161826_6225646.jpg

ドイツのハンドクラフト材料メーカーRico Design のもの。これまでも同社製のビーズを時々買っていたので、おおっ、毛糸もつくっているのか、知らなかった、これは発見、ということで、買ってみた毛糸がこれ。Creative Poems aran、ウール100%。一玉50グラムで、3.95ユーロ。

これで靴下を編んだら面白いことになるのではないか、と考え、編んでみたのがこれ。
これで9足目になる靴下。8足目はここ
a0161826_6233328.jpg

微妙な色合いの多色の変化がきれい。
ドイツからの列車は、普段はパリまで一本直通なのであるが、列車のバッテリーがまたもや上がってしまう。で、二回も乗り換え、しかも二両編成の普通列車で独仏間の国境を超える始末。
その列車の中で、「あらまあ、きれい、何かしら」「靴下だと思うわ」とささやきあっているフランス人女性二人組みの声が聴こえ、にんまり、得意な気分。

編み方はいつもと同じで、*mati*さんレシピをただ長編みで編んだもの。
今回は作り目の鎖13目、つま先の増し目は3段で、そのあと各段38目を11段まっすぐ編んだ。

幅がちょっとゆるい。
自己着画。
a0161826_6235746.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]