タグ:パリ ( 108 ) タグの人気記事

ストックホルムというのはパリからかなり遠く、片道飛行機で2時間半かかる。おかげさまで、先週末のストックホルム行き帰りで編み編みが進み、さらに今日の日曜日は雨で寒く、家にこもっているのが一番。
という訳で、一ヶ月前にはじめた、ショート丈カーディガンにおそろいのネット編みコットンバッグが、やっと出来上がる。
a0161826_333324.jpg


本体の模様がもう少しはっきり見える写真は、不器用者のこの記事をご覧下さい。

結局Plassard Gong(一玉50グラム、約130メートル)を4玉つかった。

かぎ針は3ミリのものを使用。

この持ち手二本は、細編みをくるくると筒に編んでいるだけなのであるが、これが苦行。パリーストックホルム間を往復し、雨の日曜日を待たないと仕上がらないほどの苦行。
それほどの苦行にもかかわらず、どういう訳か二本、違う太さのものが出来上がってしまう。
同じに編んだつもりなのであるが、明らかに違う太さ。
行きの飛行機で、私の席のライトが壊れていたから、編み目がよく見えなかったからかもしれない、などと理由づけしてみるが、おそらく単に私の技術が未熟だからであろう。

これが今回のパリ編み編み修行最後を飾る作品だし、編み直そうかな、と一瞬思う。
細編みの紐を編むのはしかし、あまりに苦行だし、単に自分で使うものだし、ということで、編み直しはしないことにする。

暑い国へ行く時の飛行機の中では、ストックホルムの毛糸屋さんで買ったチョコレート色のリネン糸で、はおり物系を何か編もうと思っている。

ということで、これで不器用者のパリ編み物修行は終わりです。
編み編みをはじめてから2年と10ヶ月、多くの皆様からのコメントとクリックに支えられて、右往左往しながらも、ここまで続けてこられました。どうもありがとうございます。心よりお礼を申し上げます。
また別の地で、何かの形でブログをはじめるかもしれませんが、その時はまたどうぞよろしくお願いします。



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨夜は、こんがらがっていたにもかかわらず、長い間放っておかれていた糸さんたちを、ほどいて玉にする、という作業を一晩中する。
こんがらがった糸というのは、真に無用の長物。
引越し先に持って行ったって、こんがらがった糸は使えないし、こんがらがったまま寄付したって、寄付された方は困る。
日頃から怠けて、こんがらがった糸を放っておいたから、こういう時になって、追い詰められ状態で夜中に必死にほどくことになってしまう訳だ。
将来は、糸が混乱したら、すぐほどくぞ、とココロに誓う。

さて、引越しに向けて、膨大に所有する編み糸の整理をしたのであるが、暑い国では毛糸は無用と重々分かっていたも、それだけの理由で別れるのはあまりに名残惜しく、「要らないもの」に分類された糸は殆どない。

それでも、いくつかとはサヨナラすることを決意。
記念に写真を撮る。
今回は、コットン糸さんたち。

まずは、イタリアの糸、Filtoppa。フィレンツェのVia Faenzaにある手芸店で手に入れたもの。
その時の記事はここ
赤と青。コットン100%。一玉50グラム、約250メートル。棒針サイズ2-4ミリという表示。
a0161826_8415766.jpg

コットン100%だが、起毛している。
起毛しているから、コットン100%でも、暑い国ではちょっと。。。ということで、サヨナラ。

ブルーが6玉。
a0161826_8421981.jpg

赤も6玉。
a0161826_8423222.jpg


次、スペインのメーカーKatia のDuna。15区のrue Lecourbe にある手芸店で買った。これもコットン100%なんだけど、どいう訳か、和紙が入っているかのような手触りがする。
きし麺みたいに平べったい、太い糸で、一玉50グラム、約55メートル。
もう生産されてない糸のようである。これが4玉。
a0161826_843233.jpg


三つ目、フランスのメーカーPlassardCoton bio。フランス語では、「bio」とついていたら、有機、ということなのであるが、ラベルには有機コットン100%とは表示されていないな。単にコットン100%と表示してある。
一玉50グラム、180メートル。棒針サイズ3-3.5ミリと表示してある。
これは縮小される前のル・ボンマルシェで買ったな。縮小後もPlassard の糸は置いてあるけど。
このにんじん色5玉とサヨナラ。
a0161826_8524560.jpg


今回は、糸を売りに出す余裕もないので、パリ編み編み会に受け取って下さる親切なお方がいらっしゃれば、次回の編み編み会に持って行きます。
編み編み会には行けないけど欲しい、というパリ近辺ご在住の方には、手渡しますので、コメント欄の方にメールアドレスと共にご連絡下さい。(コメントは非公開にするので、ご安心を。)
郵送料を払ってでも欲しい、という方がいらっしゃれば、メールアドレスと共に、コメントの方にご連絡下さい。(これもコメント非公開ですので、ご安心を。)

誰も受け取って下さる方がいなければ、教会に寄付の袋行きになる予定。
ところで、いらない服、靴、その他はrue du Bac のSecours catholiqueが近いので、そこに持って行っている。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
ごそごそと引越しの準備をはじめる。
引越し自体はまだまだ先なのであるが、少しづつやっていかないと、あとでたああああいへんなことになってしまうことが目に見えているので、とりあえず、はじめることにする。

引越しの準備とは何ぞや。
基本的には、整理である、というか、捨てることである。
所有しているもの全て、一つ一つを、要るものと要らないものに分ける。これが基本。
さらに、要るもの、要らないものには、それぞれサブ分類があるのであるが、それはここでは省略。

そういう分類を毎日毎日、仕事から帰って来たあと、夜中にごそごそやる。まず、クローゼットの服の整理をして、同時に台所の乾物・保存食品の棚をアタック(海外にいると日本のものを後生大事にため込んでしまうのですよ、賞味期限3年過ぎてるものとか出てきた。。。)、次に編み糸にかかり、今はやっと編み糸が終わったところ。
いやあ、私、すごい量の編み糸を所有していますよ。。。もう、驚愕。
その積み上がる箱の数々を写真に撮ろうかとも思ったが、特に美しい眺めでもないので、さっさとクローゼットの中とベッドの下に隠す。

で、整理しながら気がついたのは、ヨーロッパのメーカーのコットン糸やリネン糸が何色か、半端な玉数しかないこと。暑い国からヨーロッパの糸を買うと、また送料やら税金やら面倒なことがあるだろうから、せっかくのコットンやリネンであっても、半端な玉数では使いにくいのではなかろうか。

ということで、もうこんなに糸があるにもかかわらず、さらにいくつか糸を買い足すことしたのだが、その際に、人生はじめて、ドイツのネット毛糸ショップを利用することになる。

idee. der creativmarkt
ハンドメイド系の材料や道具が沢山のお店。
総ドイツ語で、私はドイツ語は全く分からず、見当もつかないのであるが、ブラウザーの翻訳機能に全依存したら、注文できた。
ペイパルで支払いができる。フランスへの送料も、標準的なEU内の郵送料で、8.99ユーロ。
フランスのネット毛糸店の送料は7ユーロ近くすることもよくある、ということを考えれば、そう高い送料でもない。

次、フランスのネット毛糸ショップで今回初めて使ったお店。

Universe tricot
Bouton d'Or, Fonty, Bergere de France(無料編みパタンのページはここ。作品の隣の矢印をクリックして、続くページの左下にあるPDFの印をクリックすると、フランス語の編み方説明が出てくる。), Anny Blatt といったフランスの大手メーカーの糸の他に、スペインの大手Katia (無料編みパタンはこのページの下の段。写真をクリックして、続くページの左の写真の下の"download this model FREE in PDF"をクリックする。チュートリアルの動画がついているのものも沢山。Katiaは変わった糸がいろいろとあるので、そういう糸の編み方と編み上がりを見てみるのも楽しい。)とドイツの大手Schachenmayr SMC(無料編みパタンのページはここ)の糸がある。
80ユーロ以上買うとフランス国内は送料無料、というところが利点。(日本だとそういうサービス当然だけど、フランスだとなかなか。。。)

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-09-04 08:10 | お店
閉会式を見ているのだが、何だかとても楽しそうな大パーティーではないか。
懐かしい80年代のポップ音楽も出てくるし(ペットショップボーイズなんて、今の日本の選手で知ってる人いるのだろうか。。。マッドネス の Our House のサビが歌える人、いるのかなあ。。。。)、そこに実際いることができたらなあ、という思いさえわいてくる。
おおっ、今度はジョージ・マイケルのフリーダムだ。
世界中の人が知っている自国産の歌がいくつもあるっていうのは、英国ってすごいなあ。

パリは夏休みの盛りで閑散としていて素晴らしいのであるが、人がいない間にお店のウィンドウは冬物になっている。
皆さん、今年の秋冬のジーンズは、スキニーブーツカットですよ。
もう先の細くなったスキニーは駄目ですよ。
ここ数年、先が細くなったスキニーパンツばかりになってしまって、ブーツカットが好きな不器用者は困っていたのだが、またブーツカットが戻ってきてうれしい。

なんて思いながら歩いていたのであるが、6区のrue de Renne の Etam lingerie で、編み靴下を発見!
底がついているから、室内履きと呼ぶべきか。
a0161826_629559.jpg

クローズアップ。
a0161826_6292038.jpg


自分で編んだ方がいいのができそう、なんて思ってしまった。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
おおっ、競泳400メートルメドレーリレー男子、日本が2着、銀メダルですよお!
フランスのテレビでもフェルプス、フェルプスであるが、私はおおっ、日本が2番!
途中、オーストラリアに抜かれるか、という瞬間、思わずテレビにむかって「がんばれ!」とか言っちゃいましたよ。。。年だな。

今回の競泳、金はなくても日本勢が各種目大活躍して、とてもうれしい。その刺激を受けて、昼休みに行っている市民プールでも、一かき一かき力を入れてまじめに泳ぐようになったふがいない一市民の不器用者である。

さて今日は、近所のヴィンテージ服屋で、かぎ針編みのボレロを発見。

このヴィンテージ服屋、近所にあるので時々入ってみるのであるが、いつ行ってもあまり私好みのものはない。サングラスのコレクションはおもしろいかな(すごく高いけど)。
しかし今日通り過ぎた際に、ウィンドウのマネキンがこれを着ていたのである。
a0161826_5414130.jpg

あれ、かぎ針編み?近づいてよく見ると、長編みで編まれた、真にかぎ針編みのもの。
a0161826_542269.jpg

たった15ユーロの掘り出しもの。
真似して同じようなボレロが編めるかも??

お店はデパートのボン・マルシェの向かいから出ているSt Placide通り、ボン・マルシェから見て右側にある。
a0161826_5432643.jpg


今ネットで調べたら、この店だけでなく、ネット販売を展開している大きい店みたい。
http://www.tilt-vintage.com/

Tilt Vintage
16 rue Saint Placide
75006 Paris
最寄駅:Sevres Babylone (10号線、12号線)あるいは St Placide (4号線)

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-08-05 05:46 | お店
今夜は、グランパレでやっているヘルムート・ニュートン展へ行った。
ヴォーグ等ファッション雑誌の写真で有名な写真家、ヘルムート・ニュートンの作品の回顧展で、もともと60年代のファッションが好きな不器用者、ずいぶん前からやっているのに気がついていて気になっていたのであるが、なんだか大層人気があって、いつ前を通っても行列している。展示の期間が延長されたのであるが、それでもいつも行列。
そうこうしているうちに、今日、最終日になってしまい、あわてて行った訳である。
最終日の夜8時近くに行ったのであるが、まだまだ沢山並んでいた。チケットを前もって予約して買ってから行ったのであるが、前売りチケットを持っている人の列でさえも並んでいた。。。
しかも、フランス人が殆ど。この夏休みの季節、街中はパリ人がぐっと減り、観光客ばかりになっているので、あら、まだこんなに沢山フランス人がいるのね、とびっくり。

展示は大騒ぎの割に、小さかった。60年代から最近までのニュートンの作品が少しづつ並んでいるので、ざっと、超特急で彼の仕事の軌跡がたどれる、くらいなものか。

この展覧会についてAFPの記事の日本語訳と写真がここで見られる。
ファッション写真界の巨匠、ヘルムート・ニュートン回顧展

話は変わって、さて、パフスリーブ風ショールであるが、できたよん。
この週末はドイツの甥のところに行っていたのであるが、その帰りの列車の中でせっせと編み、さらにいつものように列車が途中で故障してとまっていたので、時間がたっぷり。パリに着くちょっと前に編みあがる。
a0161826_637133.jpg


ラミーガーデン、色17番を2.5ミリかぎ針で編んだ。
前回悩んでいた段数の点については、結局本より4段多く編んだ。
それでも使用した糸はたった一玉半。
本ではタッセルを編み紐の先につけているが、面倒なのでそれは省略。

自己着画。軽くてとてもいい。
スタイルもただのショールとちょっと違って変化があって面白い。
a0161826_6374928.jpg


なんだかとても気に入ったし、簡単にできるし、こういうものはいくつあっても重宝するだろう、ということで、別の糸で同じものを編んでみようと思いつく。
別の種類の糸で編むと、また違う感じになるのではないか。どんな感じになるのか。

という訳で、次は全く違う、コットン100パーセントのしっかりした糸で編んでみることにする。
ローワンのCotton glace (アイスコットン?)で、ラミーガーデンが一玉40グラムで200メートルもあったのに対し、このローワンの糸は一玉50グラムで115メートル。
a0161826_6381050.jpg


かぎ針3.5ミリで編んでいるのであるが、6段編んだら一玉終わってしまった!
a0161826_6383660.jpg


前回に続きまたもや確認する、ラミーガーデンの対費用効果の良さ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昼間の仕事が夜の仕事にもなってしまっているので、ブログ更新を怠っている不器用者であるが、先週末は、パリアートフェアを訪れたので、今回はその報告。

このアートフェアは、毎年催されるもので、欧州各地のアートギャラリーが集い、それぞれが扱っている現代アートを紹介・宣伝するイベント。
会場は、グラン・パレ
a0161826_410565.jpg


1900年のパリ万国博のために建てられたもので、雨の日でも光が沢山入る総ガラス張り。端的に言えば巨大な温室で、従って中は暑いのであるが、明るくて広い、息のできる空間。暗くてごみごみしたパリの正反対、貴重な空間。
という訳で、私はこの建物がとても好き。

会場に入ってすぐ、かぎ針編みモチーフに全身を覆われた女性を発見!
a0161826_415375.jpg

クローズアップ。
a0161826_4155872.jpg


このギャラリーには、他にも編みアートが。
a0161826_4164116.jpg

クローズアップ。
a0161826_4165830.jpg


続いて、別のところでは、こんなアートを発見。マチ針が使われている。
a0161826_4172536.jpg

クローズアップ。
a0161826_4174134.jpg


これはまた別のギャラリーで。
a0161826_4175757.jpg

近づいてみると、全部ビーズ!
a0161826_418138.jpg


この大きな像は。。。
a0161826_4185619.jpg

ニットでアート。
a0161826_4191183.jpg


上記以外にも、様々な素材の使い方、アイデアを学び、大変勉強になった。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
今日はパリ編み編み会。
おかげさまで、なんと3週間手にとらなかったかぎ針と毛糸を手にとる機会を得る。

カリフォルニアのミニ餅毛糸、ネプチューンの虹で3週間前に靴下の片方を編んだのであるが、以来、仕事がまた忙しくなり、そのまま。
今日、もう片方がやっとできあがる。
a0161826_6501345.jpg

ミニ餅毛糸108番、ネプチューンの虹は、こんな毛糸。2ミリのかぎ針で編んだ。
a0161826_6535481.jpg

着画。
a0161826_651285.jpg


3週間も編み針を手にとらなかったのは、もしかしたら、編み物をはじめて以来初の経験かも。。。
久しぶりにかぎ針を手にとってみたら、手の動きがとてもぎこちなくなっていることに驚愕。
手を使うものは、日々の修行がかかせないことを改めて学ぶ。

ところで。。。
今日は雨だったので、編み編み会には大嫌いな地下鉄で行くことにする。
そうしたら、運の良いことに、編み編み会の会場近くの地下鉄駅構内で、地下鉄弦楽団Classique metropolitain の演奏会に遭遇!
猛スピード演奏のモーツアルトのアイネ・クライネ・ナハトムジーク。
改めて思ったけど、通路を行き交う人々の着ているものの色が暗い!典型的パリの装い。。。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
ミニ餅毛糸が到着。
a0161826_6173133.jpg

米国カリフォルニアのインディーズ系毛糸ブランドCrystal Palace のソックヤーン(靴下編み用毛糸)、マルチカラー毛糸。
フランスのネット毛糸店のLaine et Tricotから購入。数日で着く。
108番 Neptune Rainbow (海王星の虹)。
a0161826_620211.jpg

119番 Lake Trail (湖の小道)。 
a0161826_620428.jpg

107番 Autumn Rainbow (秋の虹)。
a0161826_62118.jpg

日光力の弱いパリにいると、「カリフォルニア」と聞いただけで、目が遠くなってしまうが、その地域的偏見をまさに増長するような、鮮やかシックな色。
まさに「カリフォルニア」!
いいところだろうなあ、カリフォルニアって。。。

ソックヤーンだから、もちろん靴下編みの予定。
どうなるのかな、わくわく。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-25 06:23 | お店
先日、食べ友かつ編み友のオランダ人女性と外食。
10区のレストランで、若いシェフの方がやっていらした。
ひたすら靴下を棒針編みで編んでいる友人、その日も自前靴下。

a0161826_5225419.jpg


靴下用の毛糸(ソックヤーン)って、やはり細いなあ。
その細さ以上に、多色の色合いの変化に目が行く。マルチカラーの毛糸にハマッている現在、これは大関心の的。
アムステルダムの店で見つけた毛糸だそうだが、なんと日本語の名前で、「Mini Mochi (ミニ餅)」という名前の毛糸だそう。
調べてみたら、米国はカリフォルニアの毛糸屋さんCrystal Palace が作っている。
みるからに、もちもちしている。

様々なミクスチャーの色の種類。
なんだか素敵ではないですか。面白そうではないですか。
編んだらどうなるんだろう、やってみたい。
未知の領域って、一度「未知」と知ってしまうと、抵抗できない魅力・引力がある。
その「未知」の存在を知らなければ、それを知りたいという欲望も出ないのですがね。
で、フランスのネット販売を探索。
毛糸ネット販売の大御所Laine et Tricot で扱っていることを発見!
このお店は、値段は安くないけど、送料無料なのが大の強み。
送料無料だから、とりあえず、3種類を少しづつ注文。

到着をわくわくと待つ現在。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-02-20 05:26 | お店