タグ:パリ ( 108 ) タグの人気記事

パリでは今日1月11日(水)から街中全セールの季節が到来。
正気を失う手芸店のある近所のデパート、ル・ボンマルシェでは、昨年暮れにセールがあって、毛糸を沢山買ったばかりであるが、しかし、兎に角セールには行かないといけないだろう、ということで、仕事帰りに寄る。

わくわくと胸を高鳴らせて行ったのだが、そこで衝撃の発見をする。
ル・ボンマルシェの手芸店は、なんとリストラにあったのである。
詳細は、パリ編み編みコミュニティ日記の報告をご覧下さい。

わくわくの、正気を失う、夢のような、あの手芸店が、縮小されてしまったのである。
不器用者はあまりのことに、悲しみにくれていて、もう寝ようと思っているところ。

最大の衝撃は、この手芸店にはRowan とPlassard の二ブランドの毛糸しかなくなってしまったこと。
これからは、その他様々なブランドの毛糸を見るのに、パリに散在する様々な小売店を巡らないといけないということ。
そんな時間は私にはないよおおおん。
ということは、毛糸買いが減る、それもいいかも。

さて、セールの方であるが、毛糸のセールの状態も変わってしまって、セール会場で。その様子の報告も、パリ編み編みコミュニティ日記にしたので、そちらをご覧下さい。
昨年暮れに、リストラを前にしてであろう、Anny BlattとBouton d'Or の在庫一掃処分っぽいセールがあったので、その際に良い毛糸はおそらく売りつくしてしまったのか、今となってはあまり興味深いものはでていない。

しかし、その時にセールをしていなくて、なおかつ今回リストラされたDebbie Blissのこういう毛糸をみつけ、購入。Donegal Luxury Tweed Aran のこげ茶。色番は14。85%ウール、15%アンゴラ。
a0161826_647087.jpg

他のものと一緒のセール会場でのセールなのに、手芸店の方が出向いて下さって、丁寧に応対して下さって、「これは美しい毛糸ですね」と言いながら、一つ一つロットもチェックして、同じものをわざわざ揃えて下さった。
感じ入るものがある。

セール会場のレジは混んでいたのであるが、手芸店から出向いてきた店員さんが、こちらでどうぞ、と手芸店のレジに連れて行ってくださって、そこですぐに会計ができた。
その際に、レジの人に、「他の毛糸ブランドはなくなってしまったんですか」と聞いてみた。
「削られました。」と一言返事が返ってきた。
「どうしてでしょう」と聞くと、「上が決めたことですから。」とまた一言返ってきた。
「とても残念ですね」と言うと、「上が決めたことですから。」とまた同じ一言。
これもまた、感じ入るものがある。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-01-12 06:53 | お店
今日はクリスマス。
クリスマスにパリにいるのは久しぶり。
で、街はどんな様子か見ようと、近所に散歩に出ることにする。
クリスマスはお店は皆閉まっているだろうが、教会は開いているだろう、教会のそばのカフェなんかも開いているだろう、と、教会方面に向かう。
いやあ、車が少なくて、空気がきれい、静か、なんて気持ちいい。今年の冬は今のところ、昨年等に比べてあまり寒くないし、散歩に絶好の日和。

まずサン・スルピスの教会へ。
a0161826_7392073.jpg

殆ど開いているのを見たことがないが、おおっ、開いている。
a0161826_7393727.jpg

拝ませていただきます。
a0161826_7395275.jpg


次、サン・ジェルマン教会。
周りでは恒例のクリスマス・マーケットもやっている。
a0161826_7401632.jpg

中に入ると、おおっ、オルガンのコンサートをやっている。
a0161826_7404382.jpg


ありがたいオルガン演奏を聴いているうちに、なんと、突然、変わり長編みの記号を思いついた。
先日ドイツからの列車内で学んだ、ポコポコ編みに使う編み目で、とりあえず変わり長編みと呼ぶことにしたもの。以来、どなたからも正式の名前についてのコメントをいただくことなく数日が過ぎ、従って、おそらく名前は無いと見た。ということは、記号もないだろう。

で、今日、この編み目を、正式に「変わり長編み」と名づけることにする。
この編み目の編み方は、この不器用者ブログこの日の記事をご覧下さい。
そして、オルガン演奏を聴きながら思いついた記号は、これ。
a0161826_7411351.jpg


ループが一つ多いので、それをちょっと頭につけてみた。
弱点は、変わり中長編みの場合、郵便番号の記号みたいになってしまうところであるが、まあいいや。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
やはりまた行ってしまったル・ボンマルシェのセール。
そして、昨日その前に続き、またまたまた毛糸を買ってしまう。

何しろ、今日はまた、昨日見なかったものが出ているのですよ。
困ったもんだ。

今日は緑色シリーズ。

Bonton d'OrSteppe というシリーズで、ウール58%、らくだ23%、リネン19%。昨日に続いてまたらくだ。色は1182。棚には二玉しかなかったのであるが、お店の人にもっとあるか聞いたら、裏から沢山出して来た。
a0161826_756467.jpg


それから昨日グレーを買ったAnny Blatt Vogue シリーズ。モヘアが主だが、これもらくだが入っている。昨日のグレーはまだ沢山あるけど、この緑1182番はもう二玉残るのみ。
a0161826_757673.jpg


沢山買ったけど、今回はあまり罪悪感無し。
いいのがいろいろと手に入ったし、クリスマスだしね。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-12-24 08:01 | お店
パリ編み編み会のブログで紹介したが、おととい、鬼門手芸店のある近所のデパート、ル・ボンマルシェでセールを発見。で、Bouton d'Or の毛糸淡いブルーグレー系を三種類も買ってしまった。。。

かいつまんで言うと、ル・ボンマルシェでは、新年1月9日の手芸店二階に引越しを前に、フランスの毛糸メーカーAnny BlattBouton d'Orの棚、全30%引きをしているのである。

もう、倉庫一掃、みたいな状況。
で、困ったことに、どうもうずうずして、今日また行ってしまったのである。。。
で、また買ってしまったあ。。。

今季は毛糸、ドイツのアルパカ糸以外は、全然買わなかったしい、前の冬のセールで買った毛糸は靴下編みでどんどん使っているしい、と言い訳。。。
実際、パリでは、毛糸が大変美しく、しかし大変値段が高いので、セールの時は、すわ、今こそ、となる訳です。セールの時に気に入った毛糸をまとめて買って、後々それを楽しみに使って行くっていうのが、これまでに不器用者が編み出した毛糸バカ高のパリ編み編みサバイバル術。

今日行ったら、棚が空状態だった前回と違って、棚に沢山毛糸が補充してあった。
これは、次から次へと倉庫から出てくる、という訳ですね。

という訳で、前回は目にしなかった毛糸が沢山出ている。
さらに、Phildarの棚も30%引きなことを発見。

今回は普段やすやすとは買えない高級糸に集中した。

昨日の淡いブルーグレーの感覚の続きで、Anny Blatt のVogue シリーズ、73%モヘア、13%らくだ(なんと。。。!らくだは初めて)、13%メリノウール。色番1067の若干青みがかったグレー。
a0161826_4162775.jpg


同じくAnny Blatt のアンゴラ100%、Angora Prestige
アンゴラは、前のセールで買って、もうやみつき、柔らかくて素晴らしい。
前回買ったこげ茶より若干明るいこげ茶で、色番1180。
a0161826_4164949.jpg


次々倉庫から出てくるのかなあ。
また明日行っちゃうのかなあ。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-12-23 04:26 | お店
これまた久しぶりに、骨董・蚤の市報告。
先日、7区はrue Cler (クレー通り)の毛糸店を紹介したが、またこの界隈に用事があって出かける。
エッフェル塔の東側のこの界隈は、Gros Caillou と呼ばれる。
食べ物で有名な界隈で、おいしいレストランや食料品小売店が沢山ある。
例えば、この界隈をrue Cler に交差して東西に走る、rue Saint Dominiqueは、「おいしいレストラン」の代名詞。食いしん坊の不器用者は通りの名前を聞いただけで、おいしいものを口にするその瞬間を考えて、気が遠くなる。

さて、用事はそのrue Saint Dominiqueにあったのであるが、界隈に行ってみると、なんと今週末は骨董市が催されていることを発見。
で、いにしえの骨董ボタン探し狂いに火がつく。

骨董市は、商店街rue Cler と、
a0161826_502057.jpg

それに交差する大通りavenue de la Motte Piquet の地下鉄駅Ecole Militaire とLa Tour Maubourg (両者とも8号線)の間で催されている。
a0161826_505265.jpg

プロのアンティークディーラーの骨董市。

じろじろと見ながらボタンを探す。
rue Cler沿いにはボタンはないです。
Avenue de la Motte Piquet 沿いでは、なんとボタンを4箇所で発見!

Ecole Militaire駅に近いところから紹介。
このお店は骨董手芸用品を、引き出しに整理して置いてある。
骨董裁縫パターンや、骨董裁ちばさみや、骨董縫い針、その他骨董なんだか分からない道具、骨董刺繍糸、骨董レース、骨董ビーズ、等等、そしてもちろん骨董ボタンも。
a0161826_512739.jpg

骨董ボタンは、材質別になっている。貝殻ボタン、ガラスボタン、木ボタン、等。
貝殻ボタンは、そのモノにかかわらず、全て一つ5ユーロ。
あまり質もよくない。
おじさんに、一つ5ユーロなのね、と聞いたら、そう、とだけ返事が来て、ネゴのよしなし、と見た。で、ただちにその場を去る。

次、地べたにこんなダンボール箱が座っているのを発見!
a0161826_514520.jpg

これがまた、玉石混淆の箱で、殆どはボタンがシートから落ちて、ダンボール箱の底にごちゃごちゃとたまっている状態。
この箱をあさり、なんと、Mode de Paris (いにしえの大ボタンブランド)、全そろいの小粒貝殻ボタンのシートを見つける。
これをお姉さんに見せると、一言、「5ユーロ。」 一シート丸ごと、たった5ユーロ。
信じられない超お買い得。これは無料に等しいですよ。
a0161826_521734.jpg


次、こういう箱が並んでいた。
左には骨董糸、右にはボタン。
a0161826_524395.jpg

糸は、レース編みによさそうなコットン糸で、しかも、色が今はちょっと見かけない素晴らしい風合いのもの。
ボタンは、色別に袋入りになっている。
じろじろ全部見て、大したものはなかったので買わない。

次、小さいお店で袋入りのボタンを発見。
このお店、テーマがちょっと分からない。古い新聞と、ボタンとレース。
a0161826_53628.jpg

さらに骨董お人形。
a0161826_532476.jpg

しかし、ここで、赤く塗られた貝殻ボタンを発見。
赤い貝殻ボタン、はじめて見た。
一袋に10個入っていて、6ユーロ。
a0161826_535299.jpg


大収穫、今日の骨董市。
ところで、こんな昔の白鶴広告があった。
a0161826_54318.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-12-11 05:06 | お店
久しぶりにパリ情報。
しかめっつらしい7区で、毛糸店を見つける。
しかめっつらしいのは、何しろ、政府系の建物が多いから。
でも、7区にはおいしくて有名なレストランが沢山ある。
7区にはパリのシンボル、エッフェル塔もある。

そのしかめっつらの7区、エッフェル塔からちょっと東に行ったところに、突然生き生きと賑わう一角があって、その中心が、rue Cler (クレー通り)。通りの南半分は、車の通らない、しかも広い、気持ちのいい石畳みの道で、両サイドに八百屋さんや花屋さん、カジュアルなカフェが並ぶ。

昼休みに用があって、その通りを歩いていたところ、通りの歩行者天国ではない部分で、突然毛糸屋さんを見つける。
しかも、手芸店ではなく、毛糸屋さん。何しろ、のれんに「Laines (毛糸)」と表示してある。
パリではなんて珍しい。

a0161826_717421.jpg


中に入ってみる。
暗くて小さい、町の小売店であるが、本当に、毛糸主体。
Anny Blatt Bouton d'Orの毛糸が沢山置いてある。双方ともフランスの毛糸メーカー。
今はコットン糸が3割り引き。

バラのボタンを集めたガラス瓶が二つあって、その中のボタンは一つ10サンチーム。
ボタン一杯の姿があまりに美しく、瓶ごと売ってくれないかな、思ってしまう。

住所:14 rue Cler 75007 Paris
最寄駅:Ecole Militaire (8号線)

さて、この7区、rue Cler のちょっと西、エッフェル塔がある公園シャンドマルス(Champ de Mars)で、今週日曜日、あしなが育英会主催の東日本震災遺児支援の募金活動イベントがあります。午後一時から二時まで。パリ編み編み会ブログのここ、あるいは、あしなが育英会のここをご覧下さい。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-12-08 07:39 | お店
パリはもちろん、そこら中クリスマスのイルミネーションの季節。
が。。。
編み編み人には鬼門のデパート、ボン・マルシェ前は、なんと、昨年と全く同じイルミネーション。
世の中、景気が悪いってことですかね。
a0161826_5384988.jpg


さてはて、*mati*さん靴下に感動していた先週。
今回は、*mati*さん靴下のつま先の技巧を使って、帽子を編む。
と言っても、つま先の長いのみたいに編み始めて、ぐるぐる編んでいくだけの話。
つまり、こういうこと。
a0161826_5393965.jpg


甥にこう、角が立った、赤ちゃん悪魔みたいな帽子をつくりたいと思っていたのだが、ただ長方形を編んで折ってはぐ、では、かぎ針編みの意味がないではないか。
で、靴下のつま先を編んで、はたと思ったのは、そっかあ、こうやって編み始めれば、「はぎ」一切無しで、悪魔帽子になる!

両端の隅からは、安価骨董ボタン、飴玉のようにぶら下げている。
a0161826_540176.jpg


ボタンは、飾り目的だけではなくて、重しにして、角がちょっと下がる感じになるかと思って。
a0161826_5404463.jpg


これは初めての型の帽子なので、かぶった時に一体どうなるか皆目分からない。
思っていたのと全然違うかも。
だいたい、かぶれないかも。
実験の際には、自分のものでまず編むべし、と学びましたね。

模様は、全く異なる模様を重ねる、異模様の術、とでも言いましょうか。
これは、2011春夏パリファッションウィークのセリーヌのショーから学んだ術。

ところで、昨日はパリ編み編み会
編み編み会で、これ編みはじめたのであるが、その間、3度ほどいてやり直し、しかし、使おうと思っていたアラン模様風の模様があまり子供にはかわいい感じではなかったので、結局そのあと、また全部ほどいてやり直した。。。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
ドイツはハイデルブルグのWoolworthでレース編み糸を購入したあと、一体ドイツのWoolworthはアメリカの大チェーンスーパーWoolworth'sと関係あるのかちょっと調べたところ、もともとは関係あるのであるが、アメリカのWoolworth'sは1997年に看板をおろしたということ。
ああ、びっくり。80年代にはそこら中にあったのに。
各社との競合に勝てなかったらしい。
さらにそれを2011年まで知らなかった不器用者。。。

Wikipediaの記事を読んでいて、あら面白い、と思ったのは、昔のWoolworth'sの何が新しかったか、ということ。
Woolworth'sは1879年に安売り雑貨屋(百均みたいな。ドイツのWoolworth は今も99セントの商品の山が一階の正面に次々と並んでいる)として始まったのであるが、当時、何が新しかったって、今のスーパーみたいだったということ。すなわち、商品がいろいろと置いてあって、顧客は直接それを見ながら選ぶ訳です。
当時、雑貨屋さんに行くと、顧客は「これとこれ下さい」と要るものをはっきり提示して、お店の人がそれを出してくる、ということになっていたらしい。
商品を直接見て選ぶことができなかったのですよ。

で、思ったのは、今もパリの手芸店、そういうかんじですよ。
ドラグリーとか、順番に並んで、買いたいものをはっきり、これをいくら、これをいくら、とお店の人に言うことになっているではないですか。
個人手芸店では、毛糸に触ることは言うまでもなく、じっと見ることもはばかられる雰囲気。ちょっとでも足を止めて商品を見ていると、すぐ、「何をお探しですか?」と言ってくる。で、「見てるだけです」とはっきり言わないといけない。はっきり言えば放っておいてくれるけど、万が一、こんなものを探しているのですが、などと言ったものなら、奥からいろいろと出してきて、大変なことになる(奥には、表には置いていないいろいろなものがあるのである。。。)。
私が何で値段の高いLe Bon Marche の手芸店で買い物をするか、と言ったら、最寄りということが一番であるが、それと同時に、買い物が気楽だ、ということ。毛糸が沢山棚に並んでいて、直接目の当たりに見て、万が一触っても、何だかんだ聞かれない。質問があったら、お店の人に聞く、というかんじ。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
今日は革命記念日。
革命記念日の午前中にはシャンゼリゼで軍の行進があり、夜にはエッフェル塔で花火がある。
で、極小ビーズを糸に通していると、夜11時頃、花火の音が聞こえてきた。
日本の花火とは比べものにならないちゃちな花火であるのだが、ため息をつきながら極小ビーズを入れていたところだったので、見に行くか、と外に出る。

最寄りで一番良く見えるのは、エッフェル塔に直面しているavenue de Saxe だろう、と思ってそちらに向かう。
歩く道すがら、猛スピードでエッフェル塔方面に向かう車が何台も。ちょっと怖い。
通りにつくと、付近住民風の方々(私もそうだったが、つっかけサンダルで、てぶらで出てきたかんじ)がplace de Breteuil に集まっているので、そこで適当に見ることにする。
広場の中央にある像には、人が沢山上っている。
a0161826_9472023.jpg

玉は小さいは、高さはないは、バラエティが少ないし、盛り上がりに欠けている。
日本の花火だと、「おおっ、これはすごい!」というものがいくつかあるものだが、一つも無かった。
ま、でも、良い息抜き。
極小ビーズとの戦いに戻る。

さて、苦労して極小ビーズを沢山入れてつくったのは、これ。
a0161826_9481348.jpg


らせん状ねじり紐を編んで、そこに極小ビーズを通した糸を通す。
ビーズ紐には骨董貝殻ボタンを通した。
a0161826_9491793.jpg


極小ビーズをただ糸に沢山通して、それを紐として使う、というのは、サン・マリノで学んだ手法。

使用糸は、毛糸Zakkaストアーズのラミーガーデンの色31番。
a0161826_950138.jpg


ま、着けられないことはないが、大したことはない。
超失敗作のあと、いろいろ考え、試し、ああしたりこうしたり、ほどいたり、ボタン入れたりはずしたり、そして苦労して極小ビーズを入れたのだが、ビーズがただの普通のチェーンにも見え、感動のないものになってしまった。。。
ふうっ。。。
a0161826_9505475.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨日は編み編み会最中にiPhoneを盗られる
スタバの中で、二人の子供が突然わらわらと駆け込んできて、走り去り、その一瞬の間に盗られる。
典型的なパターンであるが、お見事。
その瞬間、テーブルの上にはいろいろなものが沢山置かれていた。で、こちらは皆でそれらを守ろうと努力したのであるが、子供たちは何か手書きで言葉が書かれたA4サイズの紙を数枚ひらひらさせながら押し寄せてきて、それをテーブルの上でひらひらさせたものだから、その下にあったiPhoneが視野に入らなかったのである。

電話なので、すぐ対処しないといけない。
幸い土曜日の午後まだ比較的早い時間。様々なサービスやお店が閉まる前に今日なるべく全部対処しないと、明日日曜日は何もできないし、月曜日からは日中は仕事だし。

まず、電話会社に連絡して、その番号のネットワークへの接続を停止する。
次に警察に盗難届けを出さないといけない。電話には保険がかけてあったのだが、警察の盗難届けが無いと保険金が出ない。
で、警察署に行って、暗い待合室で順番待ちをしたあと、これこれこういうことがあった、と報告して、それを書類にする。

で、それを電話を購入したDarty という全国チェーンの電化製品のお店に持って行く。
ここで大変面倒なことが発覚。
報告書を読んだ店員さんが、これはこの保険ではカヴァーされない、と言うのである。
え?どうして?
無理強いとられたのではないし、スリではないから。
店員さんは、保険の契約の、カヴァーされる盗難の種類についての項目部分を示す。
読んでみると、なるほど、保険が出るのは、aggression がある場合か、スリの場合。
スリの定義は、身体につけている衣服かバッグから引き抜かれること。

テーブルに置いてあったものを盗られたら、駄目らしいです。

がああん、と思っていると、さらにもっと驚愕の展開が。。。
店員さん、別の警察署に行って、別の盗難報告を作ってからまた来い、歩いていたら子供がぶつかってきた、という報告にすればよい、と言うのです!

ひええええ。
そんな二重報告をして保険金とったことがバレたら、犯罪者じゃないねえ。

皆さん、動揺している時にこういうことを言われると、ふらふらとその通りにする気分になるかもしれませんが、絶対、こういう訳の分からないアドヴァイスは聞かないで下さいね。

で、私は警察に嘘はつけません、とはっきり言ったら、「ご本人の良心によりますけどね、私はあなたのためを思って言っているんですよ。iPhone は高いですから。」だと。

で、私はそれを聞き流して、ところで、私は新しいiPhoneを買って同じ番号を使いたいのですが、それにはどのような手があるのでしょうか、と聞いてみる。
同じ番号の新しいシムカードは、ご自宅に郵送することになっている。一週間くらいで着く。
一週間。。。

iPhone 再購入は?
これが、大変複雑。
まず、Darty では、iPhone はネットワーク契約と一緒にしか買えない。
で、以前iPhoneを買った際、私が契約したネットワーク契約(最低2年間の契約が必要だった)を、また2年間延長することはできるのか聞いたら、できないと言われる。この現存の契約を途中で切ることができない。

つまり、Darty でiPhone をまた購入するには、また別の2年間契約をして、これから先、毎月二重に料金を払うという以外にない。

そんな何もかにも面倒なハズがあるだろうか。

契約にはcheque annuleというものが必要なので、チェックを取りに家に帰る、と言って、その場を去る。
この時点で6時半近く。

自宅で一息ついている際にふと思いついて、近所にある、契約しているネットワーク会社SFRの店に行く。
そうしたら、すぐその場で、一分で同じ番号の新しいシムカードを出してくれた。しかも無料。
ほっとして、そのお店の人に、iPhoneを新しく買えるか聞いてみる。
今は売れない、という返事。契約してから18ヶ月たたないと、新規契約ができないことになっていて、まだ契約から10ヶ月しかたっていないから、という説明。

アップルストアに行ってiPhone を買えばいい、と助言下さるので、契約をダブルでもう一つする(Darty で言われた手)、というのはどうでしょう、と聞いてみると、なんでそんな無駄なことをするんだ、一月49ユーロ捨てているみたいなもの、2年で1176ユーロ、と計算機をたたいて見せて下さる。

アップルストアは オペラにあります、と教えて下さる。

で、オペラのアップルストアに行きましたよ。
この時点で既に7時5分前。いつ閉まるのか知らないけど、7時半としたら、閉まる前に着くかどうか。
小走りに行きました。
はじめて行ったのですが、3フロアからなる大きい店で、大人の遊園地。
超混んでいましたよ。老若男女、並ぶ様々なアップル製品にかぶりついていた。

混んでいたけど、すぐ買えた。
お店の人に、「いやあ、今日iPhone 盗まれちゃって。。。子供二人。クラシックなパターンだった。カフェの中にいたのだけどね。」と言うと、うんうん、と彼はうなずいて、この店の中にもしょっちゅう入ってきて、製品をとろうとする、と言っていました。

アップルストアを出たのは午後8時近く。

自宅コンピューターのiTunes にシンクさせると、6時間前に持っていたiPhone と同じような状態になる。
大枚はたいたけど、まるで何ごともなかったよう。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-07-10 18:59