タグ:モチーフ ( 55 ) タグの人気記事

昼間の仕事が夜の仕事にもなってしまっているので、ブログ更新を怠っている不器用者であるが、先週末は、パリアートフェアを訪れたので、今回はその報告。

このアートフェアは、毎年催されるもので、欧州各地のアートギャラリーが集い、それぞれが扱っている現代アートを紹介・宣伝するイベント。
会場は、グラン・パレ
a0161826_410565.jpg


1900年のパリ万国博のために建てられたもので、雨の日でも光が沢山入る総ガラス張り。端的に言えば巨大な温室で、従って中は暑いのであるが、明るくて広い、息のできる空間。暗くてごみごみしたパリの正反対、貴重な空間。
という訳で、私はこの建物がとても好き。

会場に入ってすぐ、かぎ針編みモチーフに全身を覆われた女性を発見!
a0161826_415375.jpg

クローズアップ。
a0161826_4155872.jpg


このギャラリーには、他にも編みアートが。
a0161826_4164116.jpg

クローズアップ。
a0161826_4165830.jpg


続いて、別のところでは、こんなアートを発見。マチ針が使われている。
a0161826_4172536.jpg

クローズアップ。
a0161826_4174134.jpg


これはまた別のギャラリーで。
a0161826_4175757.jpg

近づいてみると、全部ビーズ!
a0161826_418138.jpg


この大きな像は。。。
a0161826_4185619.jpg

ニットでアート。
a0161826_4191183.jpg


上記以外にも、様々な素材の使い方、アイデアを学び、大変勉強になった。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
毎日、毎日雨のパリ。
雨に濡れたパリ公共自転車velibさんに、昨夜編んだサドルカバーを着ていただきます。
a0161826_4554536.jpg

a0161826_456744.jpg

これは楕円から編むサドルカバーの二つめ。
かぎ針編みアーティストのピエール・ベルナルド氏に刺激を受けて、曲線を使おうという思いで編んだものだが、やってみたら、同じ型のものを異なる編み方で編む、という喜びを発見。音楽では、ヴァリエーション(変奏曲)っていうやつですね。
などと、単なる長編みの自転車サドルカバーを、大仰に表現してみる編み物初心者の不器用者。
一方は往復編み、もう一方は楕円編み、というだけの話だが、初心者にとっては、何でもおおっの大発見。

でも、楕円編みの方が、万能性が高いというか、他の自転車にも使えそう。いわゆるママちゃりはだいたいこの編み方でフィットするのではないかと思う。スポーツタイプの本格自転車は、サドルが細身なので、これとは違う編み方をした方がいいでしょう。

という訳で、ママちゃり一般にも応用できるかもしれない、楕円から編む自転車サドルカバーの編み方を以下に紹介。

まず、楕円を編む。
そう、楕円です。楕円から編むサドルカバー。楕円のモチーフを編むみたいなもの。
a0161826_456387.jpg

楕円の編み図はこう。これは、はじめの3段。
a0161826_4571825.jpg

鎖目の作り目をして、その作り目の回りをぐるぐる編んでいく訳だが、その際、両端を各段6目づつ増しながら編む。
作り目は、サドルの細い先端部分の幅(velibの場合は6センチ)をつくる目数に2目足したくらいの目数、あるいは、一番幅の広いところ、楕円の横幅の長さ(velibでは23センチ)の4分の一強の長さがいいかと思う。

端の増し目の編み図、3段目から6段目。使っている毛糸が細い場合、あるいはサドルの横幅がもっと広い場合は、7段目まで編む必要があることもあるだろう。
a0161826_457437.jpg


6段目の最後の引き抜き編みをしたら、そのまま立ち上りの鎖目をして、先端部分の長編み往復編みにうつるのであるが、この長編み往復編みの最初の段は、両端減らす。先端部分に適当な幅になるように減らす。今回は両端で2目一度がしてある。
a0161826_45872.jpg

長編み往復編みは、全部で8段か9段して、最後の段(9段目か10段目)は細編み、中長編み、長編み、長々編みを使って、先を丸く仕上げる。段数は場合によって調整して下さい。今回は丸い最後の段も含めて全部で10段。
a0161826_4582888.jpg


そのあとは、全部往復編みで編むヴァージョンと同様に、できた形のものの周囲を細編みで一周縁づける。
続けて、長編みで周囲を増減無しで二周。
さらに続けて長編みをもう二周するのであるが、この際、別にしなくてもいいけど、適宜目を減らしていった方が(7目ごとに2目一度とか)、サドルを丸く包み込むように仕上がる。それに、周囲をただ長編みを4段もするのは非常に飽きるので、目数を減らした方が早く終わるという利点もある。
長編み4段のあとは、紐通し。長編み3目(別に2目でも4目でもいいです)、宙に鎖編み2目、前段の長編みの頭を2目とばして長編み3目、宙に鎖編み2目、を繰り返す。
鎖編みの紐を紐通しの段に通す。
こういうふうになる。
a0161826_4584832.jpg


上から見た図。
a0161826_4591544.jpg

これを自転車にかぶせて、紐をぎゅっとひっぱると、こうなる。
a0161826_4594355.jpg


これで、velib自転車サドルカバー、4種類できた!
並べてみると、幾何学模様のカラフルな印象がなかなかいい。
a0161826_5057.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2012-01-25 05:02 | 雑貨
昨日できた赤と青の花モチーフの帽子。
a0161826_7473719.jpg


詳細は。。。
頭のてっぺんから編んでおります。
「わ」の作り目から、長編み14目。
格段増し目をしながら、周囲が、輪にしたモチーフの周囲に合う長さまで編む。
今回は、7段編んだ。

そのあとは、増減無しで、玉編みの模様。母が玉編み好きみたいなので。
「かぎ針編みパターンブック300」(日本ヴォーグ社)の模様055をそのまま使っている。
これを8段した。

次に、ふわふわモヘアのアンゴラ糸で、同色異素材の術を使う。
細編みで2段。
同じ糸で、モチーフの輪をはぐ。
これで、アクセントがつく。

そのあと、細編みでモチーフの縁を拾いながら、ブリムをはじめる。
母がひらひらブリムが好みなので、そのようにしてある。
つまり、ががっと目を増して行きます。頻繁に目を増やします。
モチーフを拾ったあと、次の段は、各11目めに細編みを二目入れ、その次の段は、各10目めに細編みを二目入れた。
増し目の頻度を高くすると、広く開いたブリムになる。増し目の頻度を低くすると、閉じたブリムになる。

続けて松編みで縁をつけ、最後にアンゴラの糸で縁を一周。

着画。
a0161826_752580.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-11-24 07:53 | 帽子
赤と青の花モチーフを使った帽子ができる。
a0161826_837835.jpg


これが、かぶるととても素敵で、ああ、びっくりした。
花模様がかわいい方向に行くかと思いきや、なんと、実にシック。

ビーズもボタンも蛇足になるだろう。
毛糸のデザインが勝利したケースですね、これは。

もう寝るので、着画と詳細はまた明日。


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-11-23 08:41 | 帽子
今週末は久しぶりに土・日お休み。
本当にお休みで、持ち帰り仕事もなし。ほっとするなあ。

で、やっと母の帽子をはじめることにする。
母は花模様が好きなのであるが、立体花の四角モチーフ帽子は、あまりにひらひら、かわいすぎなので、平面の花モチーフにしようと、まず考える。

不器用なので、編み技術だけでは到底対応できない身、いろいろと術を使わないといけない。
立体花ではなくても、平面花でもなんとか立体の術は使えるか、いろいろと試してみるが、うまくいかない。
次に同色異素材の術に出てみるが、これもどうも納得がいかない。

で、新しい術を試してみることに。
その名も、多色多種糸づかいの術。
多色と言っても、三色。今まで、同系色の多色は使ってきたが、全く違う色を三色使ったことはない。
初の試み。
多色づかい、しかも異なる種類の糸を使うことで、何か面白い動きがでるか、やってみようではないか。

で、色々試したあげく、こういう、三色づかいの平面花モチーフにすることにする。
a0161826_3134685.jpg


赤、紺、茶、の三色。
赤は、Debbie Bliss のCashmerino Aran (55%メリノウール、33%マイクロファイバー、12%カシミア)に。。。
a0161826_3141663.jpg

モヘアを二本混ぜている。つまり、全部で三本どり。
赤の糸がマットでストレートな糸なので、モヘアを混ぜることで、風合いを出す、というもくろみ。モヘアを一緒に編むと、光沢が出るし、起毛するので、光の反射具合が複雑になって、面白みがでる。
モヘアは、Rowan Kidsilk Haze (70%スーパーキッドモヘア、30%シルク)、色は595番。
a0161826_3143862.jpg


紺色は、ローワンの、Scottish Tweed。以前セールで買った、もう販売されていないシリーズ。
100% pure new wool (って何?ただのウールと何か違うのであろうか。。。) 
a0161826_3151469.jpg

これを二本どりにして編んでいる。
二本どりにするのは、赤の糸の太さに合わせるため。
これはごわごわしたツイードの糸で、それ自体既に毛羽立っているので、モヘアと一緒にしない方がいい。モヘアと一緒にすると、この糸が持つ動きのある色味と風合いが見えなくなってしまう。

花の周りの枠は、またもや、Anny Blatt のSublime シリーズであるが、今回はTerre (地面)という名前の色。これを帽子本体に使う予定。
a0161826_3153879.jpg


モチーフは、今年のはじめ、黒とグレーの二色の帽子に使ったもの。
このモチーフを8枚つなげて、輪にする。

それだけでも、頭につけると、ヒッピー風なヘッドバンドになる。
a0161826_316946.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
職場から夜遅く帰ってくると、CNNではマイケル・ジャクソンのお医者さんの裁判の話でもちきり。
マイケル・ジャクソンに育てていただいた世代、彼が亡くなった時は大ショックでした。。。
80年代初頭の米国では、Friday Night Videos というテレビ番組があって、当時ひろまっていた「ミュージックヴィデオ」のトップテンを金曜日の夜遅くに流す番組だったが、それを弟たちとともに欠かさず見ていた。
マイケル・ジャクソンの「ミュージックヴィデオ」にいつも目を見張っていましたね。当時の「ミュージックヴィデオ」は劇画的な要素が強くて、どれもストーリー展開があったのだが、彼の「ミュージックヴィデオ」は、凝縮されたミュージカル舞台・映画みたいというか、エンターメント性が際立っていた。

さてはて、立体花の四角モチーフ帽子とおそろいのスカーフができる。
縁をつけたらこうなった。
a0161826_7151861.jpg

ううううむ、かわいい。。。素敵。大傑作だわ。
かわいすぎ、と言える。
こういうものを40過ぎたこの歳で着ると、錯誤状態なかんじがする。。。ま、色が渋いので、「品よくかわいい」とか言い訳が効くかもしれないとも思う。
どちらにしろ、できてしまったし、素敵なことは確かなので、この冬はこれを着る、ということだ。
もうおばさんなので、世間がどう思うかなんて気にしない、という強み。

帽子とスカーフセットの着画。。。
a0161826_7155983.jpg


スカーフの編み図。
まずはじめに、立体花の四角モチーフを三枚編む。立体花の四角モチーフの編み図はここ
で、本体を編み始める。
編みながら、モチーフをはいだり、モチーフから目を拾ったりして、続ける訳です。
で、本体ができたら、本体と同じ糸で縁編みをする。
a0161826_7182910.jpg

メインの糸で本体を編んで縁をつけたあと、さらにモヘア糸で花と縁編みに縁をつける。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨日土曜日はまた出勤日。長い一週間がやっとおわり、今日は日曜日、やっとお休み。
で、立体花四角モチーフの帽子におそろいのスカーフを編むことにする。
長いマフラーを編むのは相変わらず面倒で嫌なので、細くて短いスカーフ。

一日がんばって、ここまでできた。
帽子と同じ、立体花の四角モチーフを使った。モチーフの編み方、編み図は不器用者ブログのこの日の記事をご覧下さい。
本体は帽子と同じ松編みの模様だが、引き上げ編みは使っていない。
そのあと、本体の周囲、これも松編みの縁編みをしてある。
花にモヘアの縁もつけたし、骨董ボタンもつけたし、あとは縁にモヘアを飾るだけ!
a0161826_763930.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨日はフランスは国民の祝日であったのだが、全員出勤であった会社に勤める不器用者。
ま、でも、世の中、祝日も働いている皆様、フランスだって沢山いるからね。
交通機関にお勤めの方とか(エールフランスはストしてたけど、電車は動いているし、タクシーは走っているし)、開いているお店は沢山あるし、レストランもやってるし。

さらにともかく、立体花四角モチーフを使った帽子ができた。
苦労しながら花にモヘアの縁をつけて、さらに花の中心に骨董ボタンもつけた。
今回はボタン一種類。
a0161826_8125621.jpg

ボタンは確か一シート5ユーロとか、とにかく超安価なもの。Vanveの蚤の市で手にいれた。

着画。
a0161826_8132492.jpg



ああ、つかれた。
もう寝る。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-11-03 08:15 | 帽子
昨日編みあがった帽子本体を見ながら思いついた、立体花四角モチーフの花の輪郭に、モヘア糸で縁をつけるアイデアを試してみる。
これがなんと、とても素晴らしいのですよ。

花にモヘア縁をつける前はこう。
a0161826_71461.jpg

つけると、こう。
a0161826_7143197.jpg


思った以上に、輪郭がはっきりした。
さらに、思いもよらず、花の形がふんわりきれいに広がるようになる。

ゴージャスなのであるが、しかし、この縁をつけるのがまた大層面倒。。。
ブリムの縁は二本取りにしたが、今回はモヘア糸一本。
ただでさえほどけないのが面倒なモヘア、さらにこの極細一本を並太糸につけていくのがまた、容易なこととは言いがたい。
まだ、花7つあるうちの3つしか縁つけてないよん。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-11-01 07:16 | 帽子
昨日つなげた立体花の四角モチーフを使った帽子本体ができる。
今回は前回より若干ブリムを広くして仕上げてみた。クロシュと呼べそうなスタイル。
a0161826_8455074.jpg

だがしかし。。。予定より小さくできてしまった。
深さは深いのであるが、頭周りが小さい。
母は私よりも頭周りが大きいので、大きめに編んだつもりなのであるが。。。

という訳で、仕方ないから自分で使うことにする。。。
母にはまた別のものを編まないと。ああ。。。

サイドの模様編みは、松編みで、間に引き上げ編みで縦の線を入れている。引き上げ編みで出る縦腺の立体感が好きなので。
ブリムの縁には、モヘアの糸を二本取りにしてちょっとふわふわの飾り。
アクセントになってなかなかいいかんじ。
花の周りに同じような飾りをつけたら、花の輪郭がはっきりしていいかも、と思いつく。

シルエットはこんなかんじ。
a0161826_8482514.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-10-31 08:49 | 帽子