タグ:編み図・編み方 ( 94 ) タグの人気記事

昨日編んだ立体花の四角モチーフの編み方を記録する。

一段目。「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖一目して、細編み8目を「わ」のまわりに入れる。
「わ」をひきしめて、立ち上がりの鎖目に引き抜き編みをする。
これで一段目終わり。
a0161826_4342479.jpg


二段目。立ち上がりの鎖目を一目して、前段の最初の細編み目の頭に細編みを一目。
続けて、宙に鎖目を三目して、前段隣の細編みに細編みを一目入れる。
鎖目3目、細編み、を続ける。
最後だけ、鎖目3目の代わりに、鎖目一目、長編みを最初の細編みの頭に入れる。
鎖目3目の半円が8つできるはず。
a0161826_434589.jpg


三段目。前段の半円に花びらをつけていく。
鎖目を4目して、前段の鎖目3目の半円を束に拾い、長編み4目の変わり玉編みをする。続けて鎖編み4目して、引き抜き編みを前段の鎖目3目に束に拾ってする。
続いて、宙に鎖目一目。
続けて、前段次の鎖目3目の半円を束に拾って引き抜き編み一目。続いて鎖目4目、長編み4目の変わり玉編み、鎖編み4目、引き抜き編み、宙に鎖目一目と続ける。
最後は、宙に鎖目一目のあと、最初の鎖目に引き抜き編み。
花びらが8枚できるはず。
a0161826_4352161.jpg


四段目。花びらの裏に枠をつくっていく。
鎖目を6目。
前段の花びらと花びらの間の鎖目を束に拾って、長編み、宙に鎖編みを一つ、前段の同じところに長編み。
続いて、鎖目三目。これは花びらの裏を通ることになる。
続いて、前段の次の花びらと花びらの間の鎖目を束に拾って、長編み、宙に鎖編み、長編み。
鎖目三目。
これを繰り返す。
最後は、鎖目三目のあと、最初の鎖目6目の3目めに引き抜き編み。
a0161826_4355049.jpg


五段目。四角をつくっていく。
鎖目を4目し、前段の鎖編み三目を束に拾って長編み一目。鎖目一目。
{前段の次の鎖編み三目を束に拾って長編み一目、宙に鎖編み一目、前段の同じ鎖編み三目に長編み一目。宙に鎖編み三目。前段の同じ鎖編み三目に長編み一目、宙に鎖編み一目、前段の同じ鎖編み三目に長編み一目、宙に鎖目一目。
前段の次の鎖目三目に長編み一目、宙に鎖目一目、前段の同じ鎖目三目に長編み一目、宙に鎖目一目。}
{}の中をあと2回繰り返す。
さらにもう一度、「前段の次の鎖編み三目を束に拾って長編み一目、宙に鎖編み一目、前段の同じ鎖編み三目に長編み一目。宙に鎖編み三目。前段の同じ鎖編み三目に長編み一目、宙に鎖編み一目、前段の同じ鎖編み三目に長編み一目、宙に鎖目一目」をして、はじめの鎖目4目の三つめの目に引き抜き編み。
できあがり。7センチ角。
a0161826_4361911.jpg


へたくそな編み図です。
a0161826_4364149.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
立体花四角モチーフ、以来さらに二枚編んだだけ。。。
a0161826_249180.jpg

数日間をあけると、どうやって編んだのか忘れてしまう。
そこで、編み図を描いた。
こんなかんじ。
a0161826_2492924.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
立体花四角モチーフ、以来さらに二枚編んだだけ。。。
a0161826_249180.jpg

数日間をあけると、どうやって編んだのか忘れてしまう。
そこで、編み図を描いた。
こんなかんじ。
a0161826_2492924.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨夜できた大輪二重花の骨董ボタンつきネックレス、昼間の光で写真を撮る。
a0161826_21205264.jpg


糸はリッチモアの絹和紙。
a0161826_21264321.jpg


大きい花をアップ。
中心にビーズを入れてある。
a0161826_2127103.jpg

小さい花と紐の部分をアップ。
格子模様の紐にこげ茶色のリボンを通してある。
a0161826_2127451.jpg


大きい花は、文化出版局の「モチーフとエジング」31番。

小さい花は、まず、内側はこんなかんじ。
「わ」の作り目から、中長編みを23本入れて編んでいった。
花びらは、細編み、中長編み、中長編み、長編み6本、中長編み、中長編み、細編み。
a0161826_21281374.jpg


内側の花ができたら、糸を切る。
外側の花を、内側の鎖目の青くぬった目に針を入れてはじめる。
外側の花びらは、細編み三目、中長編み二本、長編み6本、中長編み二本、細編み三目。
花の最後に引き抜き編みをしたら、そのまま続けて鎖目48目して、紐をつける。
a0161826_21284032.jpg


紐にリボンを通し、花に骨董ボタンをつけると、シンプルだけど存在感のあるネックレスのできあがり。
a0161826_21293115.jpg



クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

Creative Commons License
Three big flower necklace/ 立体花三連ネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://iknit.exblog.jp.
[PR]
相変わらず忙しいしくて編み編みに時間がとれないし、家のネットのつながりは悪いし。。。

さて、先週末は子供の遊び相手のためにドイツはハイデルブルグへおもむく。で、いつも長距離電車の中で編むものを持っていくのであるが、なんと今回は、糸を忘れた。
さて編もうと思ったら、かぎ針とはさみととじ針は持っていたのだが、糸がなかった。

モチーフを使って帽子かバッグを編もうを思っていたのですがね。

しかし、子供と遊んでいる際には、いろいろと時間をもてあます。例えば昼寝の時とか。
で、ハイデルブルグと言えば、ジャッカードのアクリル毛糸。
一時大変盛り上がった掃除用具である。
今回は未だ使ったことのない、ピンク系の糸を買って、モップを試してみることにする。
ある意味では新開発で、手モップと指モップの間のもの。
指が親指以外4本が入る。
非常に使い易い。
a0161826_6444691.jpg

糸はBravo Jacquard Color で、色は02082番。
a0161826_6432991.jpg


編み図はこんなかんじ。
a0161826_6451175.jpg

「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖目一目のあと、細編みを「わ」に8目入れる。
そのあと、2段目から4段目増し目をして、5段目は増し目なしで細編みのリング編み。
6段目は細編み。
7段目は細編みのリング編み。
ずっと増減無しでリング編みと細編みを交互にする。
手の指の根元まで来る長さになったら、細編みを二段して、終わり。

2歳半の甥の手にはすっぽり全部入る。
一つめは、レストランにいるときにできあがり、甥は掃除の手伝いが好きなので、「これでお掃除するのよ」と言ったら、すぐさまレストラン周囲の壁のへりの掃除をはじめてしまった。。。
あわてて、「おうちに帰ってからお掃除しようね」と言うが、納得のいかない様子。

ハイデルブルグでこれを一つ編んで、帰りの電車でもう一つ編んだ。
でも糸はまだ残っている。一玉で手モップ3つできるということだな。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-08-17 06:52 | 雑貨
昨日の列車の中で編んだ甥の帽子におそろいのポシェット本体
まだ紐をつける必要有り。

で、紐をかぎ針で編み始めたのだが、いや、かぎ針でなくて、リリアンで編もうと思いつく。
なにしろ、ハイデルブルグでは、こんなリリアン編み器を買ったのですよ。
a0161826_751664.jpg

リリアンさんというより、トムさんというかんじ。
パリ編み編み会でも紹介した、ハイデルブルグのデパートKaufhof の手芸用品売り場でみつけた。
たった4ユーロ20セント。

頭の先にはこんな編み棒が入っている。
a0161826_76162.jpg

ドイツ語ではリリアン編み器のことStrickpuppchenって呼ぶみたいですね。
ところで、英語ではリリアンのこと、French knitting(フランス編み)っていいますね。
フランスではなんと呼ぶのだろう。

さて、大昔やって懐かしいリリアンであるが、もうやり方はとんと忘れた。
で、ネットで編み方動画を探す。
クロバーの「フレンチリリアンの編み方」というものがでてくる。
2ループ編みというものらしい。
フランスにいることだし、やはりフレンチリリアンかしら、と訳の分からない理屈を思いついて、これを参考にする。

で、始めてみたのだが、これが思ったより難しい。
リリアンってこんなに難しかったっけ?
編み器のくぎのカーヴの仕方が編みにくくできてる、と道具のせいにして、失敗多数しながらもそのまま続ける。

ところで、ついてきた編み棒ではなくて、かぎ針2.5ミリを使ってやっている。

やっとここまでできた。
トムさんのお尻からにょろにょろ出てきて、なんだかおかしい。
a0161826_763729.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
おおっ、勝ちましたねえ。
超盛り上がったみたいですねえ。
偶然ハイデルブルグにいたことだし、ホントはフランクフルトに見に行きたいと思ったのだが、木曜日の時点では全くチケット無し。
ダフ屋のチケットは高いし、家族一緒観戦の連番席はとても難しいし。

それはもとより、なんと、この歴史的瞬間を中継でも見られなかった。
試合中ずっと列車に乗っていて、さらに駅からのタクシー待ちの列も長くて。。。
パリについて列車が止まった瞬間にiPhoneで調べたところ、延長に入ったということ。
タクシー待ちの列に並んだときは、米国が一点入れたあと。
もう負けた、と思って、超暗い気持ちでタクシーに乗る。

で、家に着いたら、勝っていた!

列車の中ではもちろん、気もそぞろ。
こういう時は、編み編みをするのです。
気が落ち着かないときに、じっと時を過ごすのに、最適。
で、昨日編んだ甥の帽子におそろいのポシェットを編んだ。
超集中して、がんがん編んだので、パリについたときには、本体できてしまった。
あとは、紐をつけるだけ。

さて、帽子の方の詳細であるが。。。
a0161826_9181098.jpg

クローズアップするとこんなかんじ。
a0161826_91832100.jpg

本を参考にはじめたのだが、子供用なのでサイズを小さくしないといけないし、糸の素材が全く違うので、結局いろいろと変えることになる。
編んでいるうちに、模様がダイヤモンド型六角形になることが発覚したので、ダイヤモンド型模様一列、色を変えてある。
陽だまりシルクを二本どりにして編みはじめ、途中、陽だまりシルク一本と、Mille Fili コットン100%糸紺色の二本どりにして、霜降り模様にする。

色の変化はこんな具合。
a0161826_9191671.jpg

「わ」の作り目から立ち上がりの鎖3目、続けて長編みを12目した。
2段目から模様をしながら増し目。
模様編みの間にある長編みを一本からはじめて、長編みを多くしたり、減らしたりすることで、目の増減ができる。
周囲が45センチくらいになったら、増し目をやめ、増減無しでサイドを編む。
サイドの最後、帽子がぴったりするように、若干減らし目をした。

そのあとブリム。

着画。ぶれてるけど。
子供はせわしなく動くから、写真が難しい。。。
a0161826_9213237.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
昨日やっとのことで編みあがった、帽子飾り転じてネックレス兼ベルトであるが、なんとことはない、花が連なったブレード。ブレード(編み紐)は、ああしたり、こうしたりして、何にでも使えるので、とても便利なもの。

で、今回は、この花連続のブレードの編み方の紹介。
適当な長さを鎖編みをして(これは結ぶ部分になる)、適当な位置で、鎖目8目を輪にする。これが花のはじまり。
a0161826_813885.jpg

花びら一枚目を編む。鎖目を4目し、続いて輪の作り目に針を入れながら長々編み三目玉編み。
この時、長々編み三目の真ん中の目にビーズを入れながら、玉編み。
a0161826_822023.jpg

鎖編みを4目して、輪の作り目に針を入れ、細編み一目する。
a0161826_824116.jpg

鎖目4目、長々編み三目玉編み、鎖目4目、細編み、を続けて、花びらを5枚つくる。
a0161826_831653.jpg

続いて鎖編みを続ける。ここでは14目してあるが、これは適宜に判断して下さい。
その途中、9目めに骨董くるみボタンを編みいれている。これも、お好みの位置でどうぞ。
a0161826_834341.jpg

次の花をはじめる。また鎖目8目を輪にした作り目。
a0161826_84844.jpg

続いて、花びら一枚目。鎖目4目、長々編み三目玉編み、なのであるが、長々編み三目玉編みのあと、続けて前の花の最後の花びらの三目玉編みの頭に、編みつなげる。
a0161826_85151.jpg

それから、鎖目4目、細編み一目。
続けてまた花びらを4枚編むと、こんなふうになる。
a0161826_844070.jpg


編み図も相変わらず下手だけど、描いてみた。
a0161826_853716.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
さち様とAyatori様からの昨日おとといの不器用者ブログコメント欄でのご助言から、超極小穴のビーズに糸を通す新しい方法に開眼する。

お二方とも、とても細い針金を使っていらっしゃるということ。
しかもさち様によると、日本にはビーズに糸を通す専用の針金まで売られているらしい。
さすが手芸大国日本。

不器用者も、極細の針金が使えるだろうと以前思って、金物屋にまで行って探したのであるが、極細針金は見つからず。
しかし、お二人のご助言から突然はたと思ったのは、アクセサリーづくり用の紐に、針金ではないが、硬めで極細のものがあるということ。
近所のデパートボンマルシェの手芸店で見た覚えがある。

ブログって続けるものだなあ、とつくづく感動。
対話には、自分の想像力の限界を超えるきっかけがあるのですよね。
さち様、Ayatori様、コメントありがとうございます。
お蔭様で、それまで思いつかなかったことを思いつきました。
大感謝です。

で、早速買いに行く。
こういうもの。ボンマルシェの手芸店にあるラ・ドログリーの出店でみつけたもの。
すごく細いので、写真で撮ると殆ど見えない。
a0161826_4462443.jpg

これを適当な長さに切って、二つ折りにする。
a0161826_4472997.jpg

二つ折りの間にラミーの編み糸を入れて、二つ折りの頭からビーズを入れる。
a0161826_447501.jpg

二つ折り紐の端を持って、ビーズを糸方向に引く。
なんと、簡単にビーズが通るのです!
a0161826_4491821.jpg

おととい2時間かかった作業が30分でできた。
いやはや。
a0161826_4495149.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
骨董ボタン蒐集にはまって以来、ボタン使い編みネックレスをこれまでいくつか実験してきたが、なかなかこれはいい!というものができなかった。
しかし今日、はじめて納得のいくものができあがる。
a0161826_335048.jpg


昨日太い毛糸を通したべっこう飴みたいな骨董ボタンが主役だが、ビーズを通したリング編みの飾りが重要な脇役。
まず、こういう紐を編む。鎖編みの作り目200目のあと、一段目、引き抜き編みをして、ところどころ細編みリング編みを連続3目した。
a0161826_342782.jpg

編みながらボタンとビーズを編み込む。
細編みリング編みの編み方動画は、あみこもびよりの「細編みリング編み目」をご覧下さい。

本体の紐とは別に、丸を編み、中心にボタンをつける。
a0161826_3448100.jpg


編み図を描くほどの話ではないが、本体紐と丸の編み図はこんなかんじ。
a0161826_351369.jpg


さて、ここで気がついたのは、ボタン使いのデザイン的特徴で、ボタンを使うと、ボタンの中心に糸の線が立体的に入るのですよね、当然だけど。なんということは無い、瑣末とも言えることだが、丸の中心に立体感のある線が入るという、これがデザイン的に効いてくる。
ボタンに通す糸の色、質、太さで、感じが変わるということ。
太い糸を使った今回気がついたことで、これはビーズには無い特徴。
今回使用の毛糸は、Debbie BlissCashmerino Aran 色番300030で、レンガ色っぽい赤。
メリノウール55%、マイクロファイバー33%、カシミヤ12%。
a0161826_355119.jpg


さて、このボタンがついた二重丸のものを本体の紐につける。
これでできあがり。ボタン飾りの位置は、ちょっと横にずらしてアシメトリーになるようにした。
シンプルだけど、丸とリングの立体幾何学模様が、なかなかモダンな印象のものになった。
丸と丸の間の距離をもう少し短くした方がいいかも。
a0161826_3614100.jpg


クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村

Creative Commons License
Circle and loop necklace/ 丸とリングのネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://amies-bijoux.blogspot.com/.
[PR]