幼児室内履き、滑り止めつき

金曜日に仕上げた幼児室内履き。編みながら、底に滑り止めをつけないと危ないなあ、と思っていたのだが、Panさんのコメントに押されて、何か適当なものはないか、探してみる。

今週末は甥のいるハイデルブルグにいるので、ドイツにどこにでもあるデパートGaleria Kaufhof のハイデルブルグ店の手芸コーナーに行ってみる。
ありました、ありました。

a0161826_5334674.jpg簡単にすぐできる便利もの。
弱いアイロンで上から8秒押し、そのあと20秒冷ましたあと、プラスチックをはがすだけ。
クマさんの足跡みたいな模様がかわいい。
赤と黄の他に、黒、緑、青があった。









a0161826_5343865.jpgこれがつけたところ。














着画である。
長さが1センチほど大きい。しかし大きめにつくったので、当然のこと。
毛糸が伸びるので、次回は14センチでいいな、と思う。
a0161826_5352095.jpg


ところで、クリスマスの靴下であるが、驚いたことに、甥はとても喜んでくれた。
巨大な靴下をぎゅっと抱きしめ、「ありがとう」の動作までしてくれた。
感動しました。
[PR]