帽子本体ができる!そのシルエット

いやあ、長い日々をかけて編んだ帽子の本体ができあがる。
立体花の四角モチーフ開発からはじめて、なんと。。。どのくらいかかったのか数える気もしない。

こういうことになりましたよ。
a0161826_55942100.jpg

垂れている糸は、モチーフの中心から出ているもので、これはモチーフの花の中心に骨董ボタンをつけるのに使うために、残してある。

シルエットをお見せするために、着画。暗くてごめん。
ブリムは小さくする予定、と昨日書いたが、それはこういう大正モダンガールみたいなシルエットが一番の好みなので。ブリムとは名ばかり、全然日よけにならない。
a0161826_60867.jpg

時間かけただけあって、とは言っても、編むことになかなか集中できなかった、と言った方が正確であるが、素晴らしいわ!立体花の四角モチーフ、さらにサイドに引き上げ編みのついた扇形の模様をしてよかった。単色だからこそ、動きと立体性が映える仕上がり。
これに骨董ボタンをつけるのは、蛇足であろうか。
やってみてから、また様子を見る。

クリックお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by iknit | 2011-10-19 06:03 | 帽子