人気ブログランキング |

タグ:モチーフ ( 55 ) タグの人気記事

日本に来ると、無印良品とユニクロで買いだめをする。
パリには無印良品もユニクロもあるのであるが、いかんせん、日本よりずっと値段が高く、無印良品なんて、Muji というブランドものになってしまっている。
日本での値段を知る身としては、当然買う気にはなれず、従って、日本にいる時に買いだめをすることになる。

ユニクロの正月セールでは、うわさのヒートテックものはもとより、2990円のダウンハーフコートも買う。
ダウンのコートが2990円とは、パリでは絶対にありえない安さ。

そのコートが黒なので、黒の帽子を編むことにする。
今回はどんなものにしようか、と昨日は一日中考える。
最終的に決めたのは、つなげたモチーフがサイドにくる帽子。
昨年の春にコットン糸でそういうものをいくつか編んだ。
例えば「モチーフで帽子をつくる」の項をご覧ください。
冬物のモチーフ帽子は今回初トライ。

モチーフはこれも数日前手に入れた「モチーフと飾り編み ウールとモヘアの手編み90のデザイン集」(主婦と生活社)からで、no.9, 10, 11のモチーフを、黒とグレー二色でやってみた。
花びらの形がとてもきれい。
中心には、オカダヤで手に入れたビーズを四つ入れてみる。
a0161826_18315095.jpg

a0161826_18321198.jpg糸はこれもオカダヤで手に入れた、アルパカ100%のもの。
ふわふわで、手触りが良い。
これは黒。













a0161826_18322694.jpgグレー。

オカダヤでアルパカ糸を買ったあとに見つけたのだが、ユザワヤでは、ベビーアルパカ100%の糸が一玉25グラム10玉入りで2980円で売っている。
これもパリではありえない値段。
オカダヤでアルパカ糸を買ったばかりであったが、ベビーアルパカ100%が50グラム596円(5.50ユーロ)とあっては、とびついて買ってしまった。
日本って、破格に安いのものがあるところがいいですよねえ。
by iknit | 2011-01-05 18:42 | 帽子
師走というのは、師でもないただの不器用者でも忙しくなるのが、不思議。
皆、休みの前に仕事を閉めようとするからであろうか、職場でもなんだかんだと締め切りに追い立てられ、残業の日々。
という訳で、修行をする時間がなかなかとれないし、だいたい家に帰るとぐったり。
そんな日が続いた今週、金曜日の今夜は、もう、本当にぐったり。テレビを見る気にもなれない。

もう寝ようか、と思っていたのだが、頭の中はわさわさ、何だか落ち着かない。

ふと見ると、ここ数日編んでいた父の帽子に使った緑色の糸がころがっている。
そこで、ひょい針と糸を手にとって、葉っぱのモチーフを編みはじめる。
すると、なんと、すうーっと落ち着いて、安らかな気分になってきた。
こういう時に、簡単な小さいものを編んでみると、気持ちが切り替わって、癒されるのかあ、と大発見。

編んだ葉っぱはこういうもの。
双葉みたいになった。
二枚の葉の間にブルーのビーズも入れてみた。しずくがちょっと乗っているかんじ。
a0161826_8164229.jpg


ついでに一枚の葉の編み図も描いてみた。
この「おわり」の目から、そのまま続けて鎖編みをして、もう一枚同様に葉を編めば、双葉になる。
a0161826_817836.jpg

クリスマスの靴下につける飾り、ヒイラギの葉です。

Lesley Stanfield著、100 Flowers to Knit and Crochet に出ていたものを若干変えて編む。

a0161826_828776.jpg鎖編みで作り目9目。
立ち上がりの鎖目を一目し、続けて、細編み、中長編み、長編み、長編みを一目に二目、長々編み、長編みを一目に二目、中長編み、細編み、とする。










a0161826_8282837.jpg続けて、宙に鎖目を三目。
立ち上がりの鎖目を一目。
左隣の目に引き抜き編み一目。
その次の目に細編み一目。
宙に鎖編み一目。










a0161826_8285021.jpg作り目の鎖目に、細編み、中長編み、長編み、長編みを一目に二目、長々編み、長編みを一目に二目、長編み、中長編み、細編み。

これで葉の中央部分ができた。









a0161826_8291373.jpg続けて茎を編む。
鎖目を8目。
立ち上がりの鎖目を一目。続けて左隣の目に引き抜き編みを7目。
宙に鎖目を一目。










a0161826_8303012.jpgここからとげとげを編んでいく。
一段目の細編み目の頭に細編みを一目。
その隣の細編み目の頭にまた細編みを一目。続いて、宙に鎖目を二目。
立ち上がりの鎖目を一目。
左隣の鎖目の頭に引き抜き編み一目。
その左となりの鎖目の頭に細編みを一目。
前段の次の細編み目に細編みを一目。

これでとげが一つできる。




a0161826_8311472.jpg下の編み図に従って、とげとげをあと二つ編む。
最後に引き抜き編みをして、糸を切る。












ここまでの編み図は以下の通り。
a0161826_8323737.jpg


a0161826_8325919.jpgさて、このできたものを、裏に返す。
茎の根元の部分から糸を拾う。
とげとげをまた編んでいく。












a0161826_8332018.jpgできあがり。














a0161826_8333938.jpg表の面はこんなかんじ。
ビーズを数個入れた。














これに赤い実と金の丸いビーズをつける。
さらにモヘアの糸で縁を飾る。
a0161826_834162.jpg


これを昨日できあがったクリスマス用の靴下につける。
豪華なできあがりとなった。
a0161826_8344729.jpg

なんと、この不器用者に初の編み物注文が来た。
それもなんと、5歳の女の子から来た。
ピンクの丸モチーフネックレスをプレゼントした女の子である。
大層気に入ったらしく、一緒に寝ているらしい。。。

a0161826_88293.jpg同僚であるお母さんがおずおずとスーパーの袋から取り出したのは、フリースのジャケット。
写真ではグレーっぽいが、実物は薄いピンクである。
「娘がね、これが大嫌いなの。ママの会社の人にお花とハートを沢山つけてもらったら着るって言うのよ。」

ひええええ。5歳でクチュール注文ですかい。しかもデザイン指定。
パリで育つというのは、こういうことなのであろうか。
脱帽。


脱帽して言葉も出ない私の様子を見て、躊躇しているのかと勘違いしたお母さんはあわてて、「いいのよ、花とハートを一つづつつけるだけで。」
モチーフをつくるのは容易だが、つける面倒を考えると亡然とした気持ちがしてきて、また言葉がでない。
勘違いし続けるお母さんはさらにあわてて、「材料費出すわよ。」

モチーフをこまこまとつけるというのは全く避けたい作業である。
しかし、初の注文である。しかも、5歳の女の子の注文である。
No とは言えないでしょう。。。
「OK,やるよ。」とスーパーの袋を受け取る。

a0161826_88521.jpg帰宅して早速、ピンクの花とハートのモチーフを沢山編む。
ハートは今回はじめて編んだ。「モチーフとふち飾り コットンとリネンの手編み70のデザイン集」(主婦と生活社)40ページの編み図を参考にする。
ハートは特に面白いものではない、というのがとりあえずの感想。

色は夜なので写真ではうまく出ないが、ピンクの丸モチーフネックレスに使用したPlassard Gong の濃いピンクの糸と、つややかコットンの多色のもの。
糸の色はそちらのブログをご覧下さい。

a0161826_89487.jpgさて、案の定、モチーフをつけるのが、もう非常に面倒。
洗濯機でがんがん洗うのであろうから、しっかりつけないといけない。
モチーフとモチーフの間を広くとって怠けたが、それでも途中で嫌になって、「どうせ5歳なんだし」という思いもかすめ、前だけでやめようかと思う。
しかし個人的な趣味としては、後ろ姿をおざなりにする、というのはなかなか受け入れがたい。
我慢して続け、後ろもどうにかつける。




いやあ、疲れた。。。
以前、陶芸家の友人が言っていたのは、アートを仕事にするということの一番大変な部分は、自分のしたいことばかりすると売れないので、他の人が喜ぶもの、欲しいと思うのもをつくらなければいけないということ。そのバランスが難しい、と言っていた。
今回は、その通り、と学んだ。
注文怖い。。。

a0161826_8384357.jpg

またまたマリー・アントワネット風ネックレス
でも色々と続けてよかった。
こげ茶色とベージュのものの紐に銀色のビーズをのせたこげ茶色のリボンを通したら、なんと、思いもかけずとても素敵になった。うれしい!
a0161826_13564.jpg


今日は二重の花モチーフのつくり方を紹介しようかと思うが、うまくできるかどうか。
編み図で説明しにくいので、写真をとってみたが、それでもよく分からないかんじ。。。

a0161826_14245.jpgまず内側の花を編む。
「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖目一目して、「わ」に細編みを5目入れる。
「わ」をひきしめ、立ち上がりの鎖目に引き抜き編みをする。これで一段目終わり。
二段目はまず、立ち上がりの鎖目を一つする。
続いて一段目の細編みの頭に細編みを一つ、続けて鎖編みを一目。
そのあと同じ前段の細編みの頭に長編みを6目入れる。
続けて鎖編み目一目し、長編みを入れたのと同じ前段の細編みの頭に細編みを入れる。
長編みと細編みをぎゅうぎゅうと前段の細編み目の頭に入れることになる。
これで花びらが一枚できた。
同様にして花びらを五枚編む。


a0161826_1191621.jpg内側の花の編み図はこんなかんじ。
相変わらずへたくそでごめんなさい。














a0161826_164224.jpg外側の花にうつる。
糸を変えて、二段目の立ち上がりの鎖目に引き抜き編みをし、立ち上がりの鎖目を一目編む。
次に、前段(二段目)の細編み目の足二本を拾い、そこに引き抜き編みをする。
こま編み目の足はかなりきついが、ぐっと針を入れて下さい。








a0161826_171352.jpg続けて鎖編みを4目する。
次の前段の細編み目の足二本に針を入れ、引き抜き編み。













a0161826_173682.jpg以上を続ける。
すなわち、前段の細編み目の足二本に針を入れて引き抜き編み、鎖編み4目、前段の細編み目の足二本に針を入れて引き抜き編み、を続けていく。
こういう鎖目の紐が5つ、内側の花びらの裏にできる。
最後に、はじめの立ち上がりの鎖目に針を入れ、引き抜く。






a0161826_181096.jpg4段目。立ち上がりの鎖目を一目し、左にある鎖目4目の紐を束に拾い、引き抜き編みをする。
続けて鎖編み二目をする。












a0161826_183243.jpg同じ鎖目4目の紐を束に拾いながら、長編みを8目する。













a0161826_184930.jpg鎖目を二目し、同じ鎖目4目の紐に引き抜き編みを一目する。
これで外側の花びらが一枚できた。












a0161826_19915.jpg上記を続けて2枚目の花びらをつくる。
すなわち、左隣の鎖目4目の紐に引き抜き編み一目、鎖目2目、長編み8目、鎖目2目、引き抜き編み一目。











a0161826_1925100.jpgこのパターンを繰り返して花びらを5枚編むと、こうなる。













a0161826_194084.jpg花の裏はこんなかんじ。














a0161826_110070.jpg中心にビーズをつけて、できあがり。















a0161826_1102668.jpgこの花を、編み紐(ブレード)につける。ブレードの編み図はこの日の不器用者ブログをご覧下さい。
今回は編み紐に同じくこげ茶色のリボンを通してみた。
微妙な素材感の違いが面白い。











a0161826_1111717.jpgリボンには、透明なプラスチック製のものの内部に銀箔がはってあるビーズを通す。
ビーズは近所のデパートLe Bon Marche で購入した。
大匙2.40ユーロ、とお手頃価格のビーズ。










地味な色合いだけれども、リボンの光沢と銀箔の小さい輝きが華やか。
大成功!:)))
a0161826_1114646.jpg


Creative Commons License
Marie Antoinette necklace/ マリー・アントワネット風ネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
日本は台風だったのですね。。。
数年前、転勤でカリブ海の島に何年か住んでいたことがあったが、そこにはハリケーンが頻繁に来たものだった。
ハリケーンは台風と逆回りなだけで、基本的には同じもの。
世界がぐるんぐるんと上も下も無い状態になって、洗濯機の中にいるみたいだった。。。

そのあたりでは、かぎ針編みが盛んであった。
熱帯なので編み物などいかにもしなさそうなのであるが、もともと英国植民地なので、英国の編み物文化が当時もたらされ、根付いたのであろう。
一年中暑いのに、女性たちは熱心にかぎ針編みをしていた。丸く編むのが特に好みのようで、はっきりした色合いの黄色や緑、ピンクのアクリル糸を使いながら、帽子やドイリーなど丸いものを編んでいましたね。

さて、こちらは未だにマリー・アントワネット風ネックレスをつくっている。。。
別のものに進みたい気分なのだが、同時に、別の色の組み合わせをこのデザインで試したいという気持ちもあるのです。

今日は紺色とMauve色。
a0161826_5202548.jpg


a0161826_5204966.jpg後ろはこのデザイン。
私は蝶結びヴァージョンより、この方が好き。













a0161826_5211714.jpg

Creative Commons License
Marie Antoinette necklace/ マリー・アントワネット風ネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
日本は未だに暑いらしいが、パリは8月初頭以来寒くて(涼しいではなく、寒い)、結局そのまま秋になってしまった。秋と言うよりもう冬に入ってきているかんじで、街ではウールのセーターを着ている人さえ見かける。
今週は毎日雨。。。

9月も2週目に入り、昼間の仕事の方が忙しくなってきて、修行がなかなか進まないが、少しづつやっている。
昼間の仕事は非常に「堅い」業務で、ファッションやアートとは全く性格の違うものだが、それはそれで好き。しかし編み物をはじめて9ヶ月目の今思うのは、昼間の仕事と全く違う世界へのアプローチの仕方、感じ方を編み物を通して経験できるというのは、大変ありがたいというか、英語で言うところのprivileged (英和の辞書によると、「特権的」と訳されるらしいが、なんかちょっと違うというかなあ。。。「ありがたい」の方が合っているような感じがする。。。)なことだということ。

以前米国の大型トラック運転手の間で編み物が流行っているという話を紹介した。その記事で、運転手の一人が、「一本の糸から物がつくれるというのはすごいことだよ。色は無限だし。」とコメントしている。
その通りで、無限の色の組み合わせと、無限のtexture (素材の感触)の組み合わせを通して、二次元から三次元のものをつくる、というのは、いやあ、「すごい」としか言いようのない世界形成の手法です。。。
と、イタリア人の建築家に説明したら、それまで「編み物なんて」とバカにしていたのに、突然まじめにうけとってくれるようになった。

編み物をはじめたお陰で自身のあり方がリッチになったし、昼間の仕事もより生産的になったような気がする。
とは言え、ここ数日は、編み物用の感覚があちこちに散乱して、あれも、これもとなってしまっている。
マリー・アントワネット風ネックレスの花を、あの色、この糸、といろいろと組み合わせてみるという作業ばかり。同時に、新しいもののアイデアも浮かんでは消え、作業の邪魔をする。

結局今手元にあるのは、この二重の花モチーフ三種。
a0161826_582532.jpg


a0161826_5425912.jpg右の花はボルドー色を外側の花びらに使用している。
フランスのメーカーPlassard のGongシリーズのもので、エジプト綿100%。












a0161826_59538.jpg左のものは、内側の花にスペインのメーカーLanas StopTiber という糸を使っている。
ベージュ系のスラブ調糸で、81%レーヨン、19%リネン。











a0161826_592340.jpg左の花の外側の花びらには、ドイツのメーカーOnlineLinie 163 Bingo シリーズ。コットン100%のこげ茶色で、クロアチア製。
今日はフランスの新学年初日。
フランス語ではla rentrée (再び入る)という、意味深げな言葉で表現される。
休暇、vacance (空き)の状態から、現実の世界に戻るという感じ。

学校の初日が何故月曜日からでなく、木曜日からかと言うと。。。これには具体的な理由があるらしい。
フランスの新学年の初日は始業式でクラス分けが発表され、次の日に教科書が配られる。
三日目にフルで普通の授業が始まる。
月曜日に始業式だと、フルの授業日初日が水曜日になる。
ところが、フランスの学校では、水曜日は半日と決まっているのである。
半日の日が授業開始日では、どうも「開始」がはっきりしない。
という訳で、授業開始日が月曜日になるように、木曜日に始業式を持ってきているらしい。

La rentrée の直前の月曜日から、パリの街は突然いつもの活気が戻る。
皆休暇から帰って来て、お店がいつも通りに開く。
会社でも学齢期の子供のいる人々が皆仕事に戻ってくる。
丸モチーフネックレスのモデルとなるネックレスの写真を提供してくれた同僚も職場に戻ってきた。
「休暇から帰ってきたら、さぞかし素敵なネックレスができているんでしょうね」と捨て台詞をはいて去って行った同僚である。
いない間に開発した丸モチーフネックレスを昨日いそいそと差し上げる。
「これがね、写真をくれたネックレスをモデルにしてつくったものなの。」
ボルドー色とmauve色のものである。

超大感動してくれ、その場でその時につけていたネックレスと取替えくれる。
これが着けた時の姿。
a0161826_3284522.jpg


つけて一時間以内に、職場で3人の人が「それ、素敵ね」と言って来たそうである。
仕事の後、公園に子供を連れて行く時にそれをつけて行ったら、他のお母さん方に大変な評判だったそうである。
さらに、5歳の娘さんがどうしても欲しいと言って、とられてしまったそう。
でも5歳の子には大きすぎるだろう。
小さい子供ヴァージョンを作らないといけない。。。

Creative Commons License
Round motif necklace/ 丸モチーフネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
実験を重ねている、マリー・アントワネット風ネックレス開発の続き。

昨日の実験結果は、花には満足したが、全体的にはどうも納得が行かない。
色々と考えた末に、こういうものにたどり着く。
a0161826_2251729.jpg

改良点は以下の二点。
1. 後ろ姿にさらに力を入れ、後ろで紐をつける所に、一重の花をつける。これで後ろ紐のごろごろとした切り替えが隠れる。
2. 紐がフラットなのがいけない、と思い、素材を変えて、細い革調の紐を編み紐に通しながらからめる。これは革ではなく、「革調」の何だか分からないが人工素材。近所のデパートLe Bon Marche で買ったLa droguerie製品である。

前より後ろが凝っているネックレスで、その意味では、帯を締めた後姿に凝る和風と言える。
a0161826_2255988.jpg

編み紐に通した別の素材の紐のお陰で、首回りも動きのあるものになった。
細い絵筆でスッと線を入れた感じ。

デザイン的には、今回はこれで満足かと思う。
次は、編み方、作り方を安定させる必要がある。
a0161826_226206.jpg


Creative Commons License
Marie Antoinette necklace/ マリー・アントワネット風ネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
マリー・アントワネット風ネックレスの開発をさらに進める。
実験第一弾の作品は、どうもフラットな仕上がりが気に入らない。

a0161826_333693.jpgマリー・アントワネットの花は、もっと繊細かつダイナミック。
特に、花びらの動きのある形と重なりがすばらしい。
こういう風にしたい、と思う。

日本の編み物レシピ本に出ている花モチーフは、凝っていてきれいなのだが、どれも平らな印象。
二重、三重になっていて、「立体」と名づけられていても、単に平らなものが重なっている、という風。
これは日本の洋服について私がいつも受けるのと同じ印象。着た時に、なんというか、平らで、紙を切ってはりつけたかのごとく、ぺたっとしている。着せ替え人形の服みたいとも言える。



そこで、米国から仕入れた本「100 Flowers to Knit and Crochet」(棒編みとかぎ針編みでつくる花100種)を研究する。
この本は以前のこの不器用者ブログで紹介してある。とても学ぶところの多い本。日本でもアマゾンから手に入る。
この本に出てくる花はどれも全く平らなものが重なっている、という風ではなく、有機的な丸みと動きがある。

この本を研究した結果、花びらを若干立体的につくることに成功する。
すなわち、長編みを沢山すれば良いのです。
編み図をシェアしたいところであるが、実際の仕事よりも描く方がものすごく大変なことになりそうなので、ご勘弁願います。

さらに、「波」の紐も少し違うヴァージョンにして、格子模様の入った「波」にしてみた。
こうすると、着けた時にぺたっとした印象にならないような気がしたので。
この編み図は簡単なので、次回、あるいはそのうち紹介します。

木の丸ビーズを花の中心につけてみた。
これは近所のデパートLe Bon Marcheで手に入れたもの。
a0161826_343040.jpg


a0161826_345965.jpgさらに今回力を入れたのは、後ろ姿。
後ろにも同様の花をつける。













a0161826_352250.jpgさらに、後ろは花の向きが裏になりやすいので、両面どちらが表になっても見るに耐えられるようにする。
すなわち、外郭の花の両面に内郭の花をつける。










花は満足だが、何か、全体的に、もう少し何か違うというか、何かする必要があるかんじ。
何だろう。。。
a0161826_35485.jpg

Creative Commons License
Marie Antoinette necklace/ マリー・アントワネット風ネックレス by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.